R1132794
昨日土曜日のごはんのご紹介でございます。
じゃ、とっととまいらせてくださませ。
まずは前菜で、左の一口スプーンの方が瓶詰のスペインのムール貝のマリネで、
右がオランダのレストランの再現レシピでコチラとなっております。
Cpicon オランダ風海老のサラダ by milketmoi
フォトだとわかり辛いのですがムール貝はプリプリで瓶詰のわりに美味しくて、
海老ちゃんの方はたっぷりめのケッパーがいいお仕事。
ここにマグロのたたき風でも入っていたらさらに幸せなんですけどね。
ゴマ油でさっと表面だけ焼いて生姜とシブレットをのせて醤油をつけていただく
ジェイミー・オリヴァーレシピが大好きなんですよ。でもありましぇん。
R1132797
お次はパスタでして買ってきた市販のイタリアの生パスタ
「Egg Maccheroncini」っていうのに(調べたけど読み方がわかりません)、
やはり市販のイタリアのスモークパンチェッタとチーズのソースを合わせました。
市販&市販のセットでしたが、美味しかった!
パスタはもちもちで、またこのソースもまろやかでねぇ。
まだちょっと残っているのであとでまた味見して再現出来そうか考えてみたい思います。
R1132800
メインは久しぶりに我が家お気に入りレシピをチョイスさせていただいてコチラ。
Cpicon 我が家のステーキ⁑香草焼き by melmarilyn
でも実はレシピでは仔牛なのですが仔牛がなくて、
でもそのかわりラベル・ルージュ(フランス政府公認の品質のよいもの)の骨付き豚肉があったのでそれでお試ししてみたら、火の通り具合もめちゃめちゃいい感じに入って、とっても美味しかったんです♪
これ豚でもぜんぜんOKですねぇ。うんうん。
それと付け合わせは冷凍のカリフラワーグラタンとなっておりまして、
こちらはカリフラワーにもうちょっと歯応えが残っていた方がいいかな、と思いました。
でも、ま、ラクチンで助かります~。
昨日ごはんはこんな感じとなっております。
……………………………………………………………………
あ~んど。
R1132788 - Copie
距離がだいぶ縮まってきたタムタム坊や&レオンティンヌ娘の一枚を。
大人しいレオンティンヌですが、決して小心ちゃんではないようで、
タムがそばに来ても動じることがほとんどありませんで、かなりマイペース。
芯のある娘のようだとだんだんわかってまいりました。
甘えっ子度でいうとタムのがめっちゃ甘えっ子。
ごはん時間もママちゃんがそばにいるとごはんよりまずママに撫で撫で攻撃で、
撫でられてると超安らぎの表情で、それがもうかわい過ぎる…。
やっぱり男の子は甘えっ子が多いのかなぁ、なんて思います。
しかしオンティンヌはまずごはんが一番。いつも落ち着いておるんです。
また言っちゃうけど、性格がぜんぜん違っててほんと面白いんです~。
なんかうさちゃんのかわいさも知ってしまい、
わたくし今愛おしさの充実度が結構ハンパないんです。
でも、もっといてもいいんですけどね。カモン、ベイべ♡みたいなみたいな。
じゃ、マルシェに行ってまいりま~す。

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG9338 - Copie
少しあいてしまいましたがコチラの続きで、
→「6月の日曜日、モネの庭
今回は「モネの家」のご紹介で最終回となりま~す。
RIMG9437 - Copie
花々が美しく咲く広大な庭の中に建っているこの家は
ピンクと緑の鮮やかな配色が印象的。
モネは写真にも興味を持っていたので彼が残した写真がこの家や、
庭の再現にも大いに役にたっているそうです。
で、ここは入り口ですが、
RIMG9384 - Copie
同じ場所で撮られた写真も残っています。
でもどれがモネかな。ちょ~っとわかんない。真ん中の方かしら…
RIMG9435 - Copie
こんな色合いはいつも明るく感じられてよいなと思います。
以前住んでいたパリ19区のアパートの部屋の壁は明るい黄色だったのですが、
お天気が悪くても部屋がいつも明るい雰囲気で、
小さな小さなお部屋だったけどチワワっ子坊やと2人(ぴき)で楽しい日々でした。
(話脱線しちゃった)
RIMG9350 - Copie
さて、一歩入るとまず青の間という小部屋がありまして、
日本画が部屋中飾られております。
モネがどれだけ日本に憧れていたのかがわかりますね。
日本人としては…嬉しい!!
そしてこの奥には、
RIMG9359 - Copie
大きな窓が印象的なアトリエ兼サロンです。
これらの調度品は80%が当時のままのものだそう。
もちろん扇風機は違ってて
この日あちかったのですよね。でも冷房はありません。
RIMG9376 - Copie
これは当時のこのサロンでのモネの一枚。ここに、
RIMG9362 - Copie
2017年の6月のある日曜日は人がい~っぱい。
RIMG9414 - Copie
今度は食堂へとまいりましょう。
ここは壁も家具などもほとんどがレモンイエロー。
これは当時としてはとてもモダンだったそうですが、う~ん、かわいい♡
RIMG9417 - Copie
そしてこちらは当時のこの食堂でのモネ。
優秀な女性コックさんがいて、庭に菜園もあり、
しょっちゅう友人たち(セザンヌ、ルノワール、カイユボットなどなど)を呼んで
テーブルを囲み食事を楽しんだそう。
きっと食いしん坊だったのね…
RIMG9425 - Copie
ここにも日本画がいっぱい。
RIMG9426 - Copie
これは「HIROSHIGE」の作品。
RIMG9412 - Copie
窓からは「クロ・ノルマン」、花の庭の風景。
明るい黄色に窓の向こうの緑が映えます。
RIMG9429 - Copie
今度はガラッと変わって台所です。
RIMG9430 - Copie
ここは壁一面に青のタイルが貼り付けられ、青で統一されています。
RIMG9431 - Copie
うちの台所は狭いので広くて羨ますぃ。
なんて、モネさん家の台所と比べるなんてずずしいですね。
RIMG9387 - Copie
そして上の階に上がると、
モネ、次女のブランシュ・オシュデ=モネ、妻のアリスの
それぞれの寝室となっております。
ブランシュは、アリスの亡くなった旦那さんでモネのパトロンでもあった
エルネスト・オシュデとの間に生まれた子供で、
後に、病気で亡くなったモネの前の奥さんカミーユとの間に生まれた
長男、ジャンと結婚しています。
RIMG9398 - Copie
パリからそう遠くない場所だけど、
ここでの暮らしを家族で楽しみ、愛したのでしょう。
RIMG9447 - Copie
RIMG9448 - Copie
1840年にパリで生まれ、
1883年からの43年間、1926年に86歳で亡くなるまで、
ここで暮らし続けたモネ。
RIMG9438 - Copie
そして91年後の窓辺では少年たちが何やらアンニュイ気味におしゃべり中。
まだそれほど興味をうんと持てる年頃じゃないかな?
でももっと大きくなると、
このモネの暮らした場所の空気感と時間の流れとそこにいれることの不思議な素敵さが
ふ~っと感じられるんですよね。と、moiちゃんは思うな♡

日本語のHPです→「クロード・モネ財団
これならわかりやすいです。

            おわり

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

R1132766 - Copie
今日金曜日もまたレシピをご紹介させてください。
と言いますのも、試作を何度かやっていたものがや~っと、
これでいいだろう完成しまして、
そして日本がすんごく暑いということで食欲が落ちてる方も結構いらっしゃるかな、
じゃ、さっぱりあっさりめのこのツルツルを早めご紹介だ!と、
ま、こう思ったのでございます~。
で、もう言っちゃいますが、結構かなり美味しいと思います!
同じものを続けて食べるのは好きじゃない旦那も、
試作を何度も食べさせられ?ても飽きずにツルツルしておりました。
あ、以前は音を立ててツルツルっと麺を食べる妻に注意していたのですが、
本場のジャポンではラーメンとそばとうどんは音を出して食べるんだ、
と主張する妻の意見を取り入れ、今じゃ自分も音を出して食べております。
(あ、でもこれはパスタのカッペリーニ…ま、いっか)
さて、調理ポイントですが、特に大きいのはないのですが、
トマト味噌味にパクチ―を入れること&野菜にカレー醤油風味をつけること、
でしょうか。
トマト&味噌は大好きな組み合わせでときどきやっていて
このつゆもいけるからレシピにしようかな思い、一応ネットで検索してみたら、
トマト味噌組み合わせのつゆがいくつか出て来たので同じようなの出してもなと思い、
冷蔵庫にたっぷりあったパクチーが目に入ったので入れてみたら、いける!と。
なのでトマト&味噌&パクチ―組み合わせは他にはないと思います。
でもでもパクチー苦手だよ~ん、って方は
青ネギとか紫蘇とかにしていただいてもぜんぜんOKでございます。
R1132767 - Copie
そしてお野菜(&麺)の方ですが、
はじめは茹で野菜にしてみたのですが物足らなかった。
今度は塩胡椒味の焼き野菜にしてみたけどこれも何か物足りなかった。
で、カレー醤油にしてみたら、これならいいな、と。
カッペリーニをつゆにつけていただき、交互に野菜はそのまま食べていただくと、
なかなか悪くない組み合わせいただき方かなと思います。
あともう1つ、小さポイントが。忘れてた。
それはつゆにもカレー粉を隠し味的にちょっとだけ入れてること。
いただいていくうちに奥の方でちょ~っとだけカレーの香りがするような、
そんな程よい感じな感じでございます。
麺はですね、素麺でも食べてみたのですが、それも美味しいんですが、
やはりカッペリーニが一番合うかなと思います。
トマトの入ったつゆだからでしょうかねぇ。
これで書き忘れたことはないっぽいかしら。
(長いね長いねごめんなさい)
それでは材料と作り方です。わりかしお手軽材料で簡単です♪
……………………………………………………………………
材料(2人分)
・にんにくと生姜のみじん切り1かけずつ ・玉ねぎのみじん切り60g ・オリーブオイル大2+1((出来ればEXVオリーブオイル) ・水250ml ・トマトピュレ200ml ・青唐辛子の輪切り1本分~、または赤唐辛子1/2本分~(お好み量に加減してください) ・パクチーの粗みじん切り20g~(もっと入れても!) ★味噌大2強くらい ★ナンプラー大1/2強 ★醤油大1/2 ★カレー粉小1/2 ★和風だし小1/2 ★中華だし小1/2 ★きび砂糖または砂糖3~4つまみ ★粗びき黒胡椒適量 ・カッペリーニ180g 
・野菜(ナス、ズッキーニ、ピーマン、オクラ、ヤングコーンなど合いそうなお好みのもの)適量 ・野菜ソテー用オリーブオイル適量 ・カレー粉&醤油適量

作り方
材料を切るなどの準備をしておく。
小鍋にオリーブオイル大2、にんにく、生姜を入れ、中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れ、炒め、しんなりしたら、水とトマトピュレを入れ、火を少し強めて、味を見ながら★をすべて入れ、ひと煮立ちさせたら火からおろし、そのまま冷ます。冷めたら青唐辛子とパクチーとオリーブオイル大1を混ぜ、容器を移し替え、冷蔵庫で冷やす。
野菜を食べやすく切り、オリーブオイルをしいたフライパンで焼き、
最後に醤油とカレー粉をしっかりめにふって味をなじませ、皿にとっておく。
カッペリーニをアルデンテに茹で、ザルにあげ水でしめ、
よく水気を切ってオリーブオイル少々を混ぜておく。
お皿にカッペリーニと野菜を盛り、別の器にトマト味噌パクチーつゆを入れ、
カッペリーニのお皿に添えて出来上がりです。

そしてこのつゆですが、
R1132777 - Copie
少し水で薄めて和風のガスパチョ仕立てにしてもなかなか悪くないです。
旦那がこのままでも飲みたがるんですよねぇ。

あ~んど。
今の時期にいいあっさりめアジアンヌードルと
旬のナスを使った甘辛丼も併せてご紹介させておいていただきますね。
全部結構おすすめです♪
Cpicon 手軽で簡単に*アジア風汁なし麺 by milketmoi
Cpicon 牛肉とビーフンのアジアンスープヌードル by milketmoi
Cpicon 揚げナスと豚ひき肉のスイチリソテー丼 by milketmoi

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


↑このページのトップヘ