FotoJet (936)
ギャラリーラファイエットのグルメ館は地上階と地下一階で、
ここは地上階から見下ろした地下一階。
ちょうど野菜売り場の「マルシェ(Marché)」が写っておりますが、
その向こうにはイートイン併設のお魚屋さんもあるのです。
FotoJet (911)
それがここ「フィッシュ・ポワン」。
ショーケースには新鮮なお魚と、そして生牡蠣など貝類も並んでいて、
イートインがあるのでその場で海の幸の1皿がいただけます。
で、生牡蠣ときたら最近初めて食べて気に入った、
大西洋にある島「イル・ドレロン(Ile d’Oléron)」の緑の牡蠣、
「マレンヌ・オレロン(Marennes oléron)」が
あるか気になりましてメニューを見てみたら、ありましたよ~。
フランスの生牡蠣は大きさがナンバーで分類されていますが、
2種の大きさがあって6個で13ユーロ、12個で25ユーロと、
6個で18ユーロ、12個で35ユーロがありました。
これ、生牡蠣好きでパリに来る際にフランスの生牡蠣を
出来る限り安心してお試しになりたい方にはよいのではないでしょうか。
もちろんワインやシャンパンも注文出来ます。
ちなみにわたくしが家でいただいた
「マレンヌ・オレロン」の緑の生牡蠣さんはコチラ↓
FotoJet (837)
緑色のわけは海藻類を混ぜた泥の塩田で牡蠣を育てるからだそうで、
この牡蠣の呼び名もあって「フィン・ド・クレール・ヴェルト(Fin de claire verte)」。
緑のかき養殖場仕上げ、という意味で、そのまんまです~。
プリプリでほんと美味だったので私もまた食べたい♡
お店ではあるかどうか確認しただけでしたので…。でへ。
FotoJet (934)
そしてお魚屋さんのお隣は以前のお肉屋さんコーナーがだいぶ変わっておりまして、
何とリッチな住宅街16区のヴィクトル・ユゴーにある有名熟成肉屋さんの、
「イヴ=マリ・ル=ブルドネック」のイートインが出来ていたのです!
しかも去年の12月にオープンしたばかり!
オーナーのイヴさんはお肉を熟成させることにこだわっていて、
そのお肉をその場でいただけるのはパリの中でもこのお店だけ。
メニューを見てみたら180gのステーキが19ユーロ、
ハンバーガーは16ユーロと、これだけの有名お肉店にしては高過ぎはしない。
外食の高いパリではたいした美味しくないハンバーガーでも
おしゃれ店なんかだと16ユーロって結構あるんですよね。
ということでここは超気になったので近いうちのお試しを決めました。
その際はご報告させていただきますね!
で、こうしてデパート探検してみたらちょっと面白かったので、
プランタン&ボン・マルシェも順に探検しようかなと思っております。
あ、でもこの後はギャラリーラファイエット本館のご紹介もありますので、
まだ終わりません。宜しくです♡
HP→「ギャラリーラファイエット

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (912)
パリのデパートと言えば
右岸のギャラリーラファイエットとすぐお隣に建つプランタン、
そして左岸のセレブご用達のボン・マルシェが有名ですが、
この間の雨パリの時に雨宿りのついでに右岸ギャラリーラファイエットを
久しぶりにちょっと探検しましたのでさっとご紹介です。
ということでこちらはギャラリーラファイエットのメゾン・グルメ館。
本館もですがオスマン様式の重厚な建物となっております。
ボン・マルシェもですが世界中の逸品が集まっているので特に人気が高いよう。
以前はグルメ部門は別館の紳士館に入っていたのですが、
3年くらい前にこのメゾン館の方にすべて移りました。
FotoJet (933)
ということでグルメ館は建物に入ってすぐの地上階と地下一階。
入口近くにはグルメ館に入っているお店の職人たちのフォトが11枚並んでおります。
パリの、世界のスター職人さんたちです。
左から2番目はサダハル・アオキさん。日本でもよく知られていますね。
FotoJet (938)
イートインコーナーを併設しているお店も多く、
こちら地上階のキャビアとスモークサーモンの高級店「ペトロシアン」も店内で、
いただくことが出来ます。
FotoJet (939)
特別な日には、えいっ!っと買って、
家やホテルの部屋でシャンパンと一緒にいただくのも素敵です♡
でもその、えいっ!の時はいつなのかって話ですけどね。FotoJet (932)
そして、こちらも地上階でカウンダー式のイートインがあるのは、
我が家のお気に入りの「トリュフ塩」も買える「メゾン・ドュ・ラ・トリュフ」。
カウンダーの中に小さなキッチンもあって
料理人さんが小さなコンロでお料理を作っております。
FotoJet (935)
結構なお値段なのですが満席で、待っている人もいらっしゃいました。
ちなみにメニューはトリュフ入りのチーズの盛り合わせやトリュフ風味のオムレツ、タリアテッレなので、1皿がほとんど20ユーロ前後から。
お客さまは旅行で来られてる方がほとんどのように見えましたが、
中にはビシッとしたスーツのビジネスマンの姿も。
あ、で、1ついいな、と思ったのが、
皆さん、料理を待ちながらワインを飲みながら、
バゲッドをトリュフオイルにつけて召し上がっていらっしゃいました。
これは我が家でもマネしようと思います!

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (892)
タルティフレットのレシピ、行っちゃいま~す!
ということで、おとついのごはんご紹介の時に
このお料理にかかせないサヴォワ地方のルブロションチーズは使わなかったと
書きましたが、もう料理タイトルになっておりますが使ったのはブルーチーズです。
そこにルブロションの時には我が家では使わない生クリームも使用。
と言いますのもルブロションって火が通るとめちゃくちゃとろけて
ソースのようになってじゃがいもによく絡むし、
生クリームを使わないことで風味が引き立つっていうのがあるのです。
でも他のチーズだと生クリームなしでそのとろけ感と風味を
バランスよく出すっていうのがなかなか難しい。
実は何度か試してみたことあるのですがいまいちだったのです。
なので今回はあえて生クリームを使ってみたら、かなり美味しく出来まして。
こだわらずとっとと生クリーム使っておけばよかったんですね。うんうん。
さて調理ポイントですが、超簡単で特にないんです~。
主な材料もじゃがいも、玉ねぎ、ベーコン、そしてブルーチーズと少なめ。
あ、でもじゃがいもの切り方は角切り大事かな。
お惣菜屋さんや冬のクリスマス市なんかでも気軽に買えるタルティフレットですが、
結構輪切りが多いんです。でも、角切りの方が美味しいと私は思うんです。
コロコロっとしたのがなんかいい♡
それからチーズですが同じ青カビ系のロックフォールやゴルゴンゾーラにしていただいても大丈夫だと思いますが、ブルーチーズってクリーミィーなので、
ロックフォールやゴルゴンよりじゃがいもに絡みやすいだろうな、と。
なので出来ればブルーチーズをチョイスしていただくのがベストかと思います。
今、ジャポンではじゃがいもさんも高めらしいですが、
かなり美味しいので使っていただいても損感はないと思います。たぶんですが。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・皮をむいたじゃがいもの1、5㎝くらいの角切り300g ・玉ねぎのみじん切り60g 
・べ―コンの細切り100g ・バター20g ・薄切りにしたブルーチーズ150g ・生クリーム200ml ・塩胡椒適量

作り方
材料を切るなど準備する。オーブンを180度で予熱開始。
フライパンを中火にかけバターを入れ溶けたら玉ねぎを入れ、
しんなりするまで炒める。
ベーコンを加えさっと炒めたら、
じゃがいもを入れ炒め5分通りくらいに火を通す。
軽く塩胡椒をし、グラタン用の器に入れる。
この上にブルーチーズを均等にのせ、生クリームをかけ、
180度のオーブンで25~30分くらい焼き、
焼き色が十分じゃなければ最後に温度を上げて焼き、
いい色に焼き色がついたら出来上がりです。

FotoJet (891)
シンプル材料ですが、なので、じゃがいもの美味しさが引き立ってます。
じゃがいもを使ったフランス定番で大好評いただいてるこのレシピにも負けてませんよ♪
Cpicon 【家ビストロごはん】グラタン・ドフィノワ by milketmoi

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ