FotoJet (826)
先週末のマルシェは雨降りデー。
傘をさしてお散歩がてらとことこ向かいました。
パリの紅葉は金色中心。
地面が一面金色の濃淡に埋め尽くされてる時は、
はっとするほど美しいんです。
FotoJet (827)
この日は雨だったけど、今年のパリの11月はお天気に結構恵まれているので、
まだ当分秋晴れを満喫できそう。これ、珍しいんですよ。嬉しい。
FotoJet (830)
さて、マルシェのポルトガルバーに到着。
いつものテラス席には雨よけのビニールテントが。

FotoJet (828)
主にタバコを吸うお客さん中心となっております。
フランスでは今年タバコは1箱7ユーロから8ユーロに引き上げられ、
さらに2020年には何と10ユーロまで引き上げられる法案が出ております。
日本円で1300円!びっくり!
喫煙者を減らすためだそうですが確かに1300円出して購入はきついだろうな…。
旦那も昔は喫煙者だったそうですがどんどん高くなるので止めたそう。
一度目は挫折したけど二度目はすぐ止めれたんだそう。
ジベルニーのモネの家の写真ではモネの手によくタバコがあったのが印象的で、
でもモネは86歳まで生きたので、
ああ、この時代は環境も違うし化学物質が今ほどあふれていないし、
このゆったりとしたジベルニーの暮らしだったので、
タバコは楽しめるものだったんだな、と思ったものです。
今は地球の変化も含め環境と化学物質と心とストレスと…。
なんだか悪化の一途をたどっているように感じます。
FotoJet (829)
ということで私たちは店内へ。
FotoJet (831)
シュワシュワ一杯2ユーロです。
10ユーロだと気軽じゃないけど2ユーロだとついつい飲んじゃいます~。
で、はぁ~、美味しい♡とくつろいでいると、
このマルシェバーでいつも会うムッシューが。
FotoJet (832)
バーで働いているスタッフのパパさんなんですよ。
ムッシューは口のお鬚の上下の色が違いますね。
実はこれと関係することについてずっと聞いてみたいことがあったので、
この日はじめて質問してみました。
それは髪の色は以前何色だったのかということ。
そしたら、ストロベリーブロンド=苺色がかった金髪だったんだそう。
なるほど。口の上の髭とあと眉毛と同じ色だったんですねぇ。
ちなみにフランス語では「ブロン・ヴェ二シアン(blond vénitien)」
と言ってフランスでも稀なスペシャル金髪なんです。
苺金髪も今は髪と眉毛とお鬚の色が違うのも、あと瞳が綺麗なブルーなのも、
アジア人の私には不思議な世界で魅力的。
旦那は茶褐色の髪&明るいマロン色の瞳ですしね。
ちなみに質問した時、めっちゃウケてぷっとワイン吹き出しそうになっておりました。
FotoJet (833)
毛の色の謎が解けてすっきりとした後はお買い物。
が、気がつけばマルシェの終了時間になっていたのです~。
FotoJet (834)
ここまで片付けられていると、もう何も買うことはできません。
FotoJet (835)
人気フランス惣菜屋さんもすっかり片付け終了。お疲れ様です!
FotoJet (836)
イタリアンムッシューの八百屋さんも終わりになっていて。
次回は早めにバーを引き上げ、お買い物しなくちゃで~す。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!