FotoJet (105)

ちょ~っと予定していた記事が間に合いませんでしたので、
月曜日ですがレシピコーナーでございまして、
先週レンジで簡単に作るコチラ
レンジで簡単!干し椎茸と人参と生姜のあんかけ丼、白炒りゴマ入りごはんで
をご紹介させていただいたのですが、その後、すぐ中華味にも挑戦してみたら、
これがレンチンのわりにかなり美味しく出来ましたのでご紹介です。
ということで、早速調理&お味ポイントのご説明ですが、
生姜のあんかけ丼の方は、干し椎茸も人参も細切りにしたのですが、
こちらは切り方を変え豚ひき肉に合せ粗みじんにしてそぼろあん仕立て
&ニンニク豆板醤オイスターソースも加えてごはんがかなりすすむお味。
でもくどさのないあっさりめ中華なので
これも結構どなたにも喜んでいただけそうかな、と。
あ、でもお子さんや辛いのが苦手な方がいらっしゃる場合は豆板醤抜いてください。
なしでも十分美味しく召し上がっていただけるかと思います。
それから、辛いのが好きな人も混じってるわ、な場合は、
あと入れで豆板醤やラー油などで辛味をつけていただいてもよいですね。
そしてそして、久しぶりにパクチーちゃんも登場です~。
お好きでしたらぜひたっぷりめにのせてください。合います!
私は結構てんこ盛りにしちゃって男子のようにワシワシ食べちゃいました♪
でも、パクチー無理~、な方はこれももちろんなしでもぜんぜんOK。
それから具材ですが今回歯応えのいいキクラゲも足しましたが、
タケノコてもいいと思いますし、ニラも美味しそうですね。
あ、でもニラを入れる場合はパクチーと喧嘩しちゃいそうですかねぇ。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)
★干し椎茸20gを水300mlで戻し軸を切りとり粗みじんにしたもの(戻し汁も全部使う) ★皮をむいて粗みじんにした人参50g ★キクラゲ3~4gを水で戻して千切りにしたもの ★ニンニク1片&生姜10gのすりおろし ★酒大3 ★醤油大1と1/2 ★オイスターソース大1と1/2~大2 ★豆板醤小1と1/2くらい(辛いのがお好きな方はさらに赤唐辛子の輪切りを足していただいても) ★きび砂糖または砂糖小2/3 ★中華だし又は鶏だし小1/2 
 ・豚ひき肉100g ・ネギの白いところのみじん切り50g ・片栗粉大2を水大2をといたもの ・ゴマ油大2 ・塩と粗びき黒胡椒 ・温かいごはん2人分 ・お好みでパクチーの粗みじん切りまたは青ネギの輪切り適量 ・あればお好みでゆで卵

作り方
干し椎茸、キクラゲを戻しておき、材料を切るなど、準備をしておく。
耐熱容器に干し椎茸の戻し汁全部と★を全部入れ、
ふわっとラップして、レンジで5分加熱する。
取り出して(熱いので十分注意してうださい)、
豚ひき肉を入れ、スプーンでつぶすようにしてほぐし、
またラップをして、レンジで2分以上加熱する。
取り出し、ネギを加え、水でといた片栗粉を少しずつ混ぜ、
お好みのとろみ加減にする。※全部使わなくてもOKです。
最後に味を見ながら塩と粗びき黒胡椒で調味し、ゴマ油を混ぜる。
器に温かいごはんを盛り、②のピリ辛中華あんをたっぷりかけ、
お好みでパクチーまたは青ネギをのせ、
あればゆで卵を添えて出来上がりです。
※加熱時間はそれぞれのレンジで調節してください。
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (100)
昨日はちょっと暗いめんを見せてしまいましたが、
今朝は秋晴れでとっても気持ちのよいはじまり。心晴れやかでございます!
しか~し、いよいよ、いよいよ、寒くなってきたパリでして、
暖房を例年だと10月くらいから点けるのですが、
すでに今、夜は必須な感じ。
やはり今年は秋がかなり早くやってきております。
これからがまたパリの秋冬は長くて暖房費かかるんですよ~。
さて週末ごはんのご紹介でございます。
まずは前菜でシャルキョトリー(加工肉類)の盛り合わせでして、上から時計回りに、
スパイス風味のローズハム、
イベリコ豚の生ハム、
粒グリーンペッパー入りのテリーヌのカナッペとなっております。
特にやはりイベリコ豚の生ハムが美味しかった~。
でも超~薄いのが4枚だか5枚だかしか入っておりませんで、
あっちゅうまに食べちまいますね。
FotoJet (101)
お次はちょっと奮発モッツアレラチーズ&自家製ドライトマトのピュレソース添えで、
カルフールにて奮発して買ったわりにはすっかり忘れてまして、
冷蔵庫の奥の方にあるのを見つけ、期限を見たら9月20日まで。
まあまあセーフでした~。
でも、ま、3、4日過ぎていてもにおいをかいでみて大丈夫なら
わが家はぜんぜん食べちゃいます。
淡泊ミルキーでトロッと柔らかな美味しいモッツアレラに
ちょっとリッチな濃厚ドライトマトソースがよく合います♪
FotoJet (102)
そして、ジャ~ン!
出てまいりましたのは蓋付きココット鍋でして、開けますと、
FotoJet (103)
ムール貝でございます!
(ちょっとフォトがぼけました。残念)
まとめ買い日の金曜日にカルフールでふと見て、
つい先日ベルギーの星シェフさんのムールを使った美しい1皿を料理番組で見たばかりなこともあり、ちょっと小粒ではありますが久しぶりに食べたくなりお買い上げ。
でもシェフさんのはちょっと手がこんでいたのでやめておいて、
いつもの我が家のエシャロットたっぷりクリーム風味のルマンディー風に。
これがと~っても美味しいんです!
FotoJet (104)
あ~んど。
ムール貝には定番フリットです!
フリットもベルギーのその星シェフさんがスペシャルな作り方をなさっていて、
フリットだけはお試ししてみたのですが、なんかちょっと失敗しまして、
うまく出来なかったので、急遽普通に切って揚げるだけタイプとなりました。
でもやはりもう一度シェフさんの、挑戦してみたいな、と思っております。
ということで今日はこれからチャリンコでブロカントとマルシェ。
秋のブロカントシーズンが始まっておりまして、
あちこちで開催中なんですよ。
なんか安くていいもの見つかるといいのですが…

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

FotoJet (83)
パリに来た頃はいろいろ慣れなかったけれど、
毎日ほぼすべてのことがほんと~に新鮮で楽しくて、
今もずっと思っているけど夢だった海外に出てみて、
本当によかったと思っている。後悔したことはただの一度もない。
そうやって長年の夢がチワワ坊やも一緒で叶って。
フランスに来てずっと思っていたのは、
坊やを最後まで見守れたら、
あとはもう死んでもかまわない、だった。本当にそう思っていた。
その気持ちは、わんこや猫ちゃんと暮らして、その愛らしさに心が動かされた、
もしかしたらそれで人生観まで変わった人間が感じることで、
もしかしたらいろいろと難しい人間よりはるかに愛らしくて、
こんなにかわいい命に会ったこともないと知ってしまった人間で…
私はそんな人間の1人です。
自分は流されないところがありますが図太くはないので、
この人間社会が結構ずっときつかったです。
学生時代まではまだ楽しかったけど、
会社で働き出したらびっくりするくらいずるい人がいてほんとびっくりしました。
お母さんがガンで闘病になって介護の時は、家族と激しい悲しい諍いがあって、
家族でも分かり合えないことがたくさんあると思いました。
前の旦那と離婚の時は、何年間か家族だったのが豹変して他人以上の他人になって、
一緒に暮らした時間は何だったんだろう、と、ただただ虚しかったです。
フランスに来てからは、
ブログを始めてからで、つい最近もレシピについて書きましたが→  
文章をほぼそのまま使われたり、マナーのない情報の使われ方をしたり、
それについて、やめてください的なことを訴えると、ひどいいやがらせをされたり、
会ったこともないこっちは何もしてない人にも、
相当悲しい意地の悪いことをさんざん書かれたりで、心折れて泣きました。
そんなんで、結構人間社会に諦めのようなものがあるのは否めません。
よくブログにお邪魔させていただいているビー玉さんがこの時の記事で
おっちょこ主婦の家計救出ブログ
自分は天真爛漫じゃないし、少し人間不信気味だったり、本当の自分は見せない、
と書いていらっしゃるけど私もそんな人間であります。
実は今だって、悲しい思いを過去のものに出来ず、
思い出してはまた悲しくなることがあります。
FotoJet (84)
そんな自分ですが、私に負けないくらい動物好きの今の旦那に出会い
一緒に暮らすようになって、
チワワ坊やと2人(ぴき)ぽっちで生きてきたけれど、
わんこもうさちゃんも増えて家族が増えて。
こんな穏やかな幸せが私に来るとは思ってもみませんでした。
生きることに決して貪欲な方じゃないけど、でも、
坊やだけ見守れれば死んでもかまわない、という気持ちは変わりました。
この子たちがたまらないくらい愛おしく、ずっと一緒にいたい最後まで見守りたい。
そして、大黒柱で頼りになる旦那に私を最後見守ってもらえたら…
FotoJet (86)
日本でチワワ坊やを迎えるかどうしようか迷っていた時、
わんこと暮らしている同僚が私に言いました。
最期の時の悲しみはほんと~に辛く悲しい…
それでも自分は、
一緒にいるかけがえのない幸せを選んでいる、と。
私も今本当にその気持ちです。
FotoJet (85)
そんなことをふと思った夕暮れ。
FotoJet (87)
暗くなってもまだいろいろ思い起こしていたら、
旦那が毛布とグラスの白ワインを持ってきてくれたので、
気が利く~、って喜んじゃいました♪
私は今のこの小さな自分の世界にとても満足しております。
ジャポンは3連休ということでルンルンかもなのに、
ちょっとネガティヴチック記事でごめんなさい

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ