今フランスのラジオでしょっちゅうかかってるのは、
なにげSUSHI TOKYOフレーズもナイスなこの曲。
ヴィデオクリップもまたかわいい。


ということで久しぶりですが今日は白クマくんと一緒にマルヌへGO♪


RIMG0768 - Copie - Copie
去年カヌー初乗りの時は超ビビってライフベストのボタンを上から下まできっちり留めた妻だったが。
moi「あ!ライフベスト着るの忘れた!どうしよう~」
旦那「大丈夫だよ」
moi「え?そお?そうね」
慣れとは恐ろしいものである。
こんな時がやばいのよ~ん。
RIMG0770 - Copie - Copie
moi「まだまだ緑だねぇ。ああよかった~。あれが茶色になるとねぇ…ねぇ?」
旦那「うん」
moi「いやでしょ?茶色になるのいやでしょ?」
旦那「うん」
moi「冬やでしょ?パリの暗~い冬やでしょ?」
旦那「うん」
moi「だよねぇ」
と、毎年必ず(ほんとに必ず)フランス男に同じ質問をし同じ答えを確認する妻であった?なぜに?
それは冬パリみんな嫌いさ、を確認するためである。
RIMG0771 - Copie - Copie
あ、でも前々回のこのブログで、
夕暮れや夜パリのキラキラリュミエールをフォトするのが楽しみ♪ 的な調子のいいこと書いちまったんであった。
ああ、パリはわたくしを惑わせます~。なんちって。
RIMG0758 - Copie - Copie
白い鴨ちゃん、すなわちアヒルちゃん親子も寛いでおられます。
かわいいわぁちっこいわぁ♡
RIMG0754 - Copie - Copie
カラフルカヤックさんたち「ボンジュール!」
旦那・moi「ボンジュール!」
こんな時はだいたいどっちが先にとかはなく気持ちよくボンジュールです~。
RIMG0756 - Copie - Copie
お仲間たちで楽しそう。
旦那も今度ご近所のカヌー仲間(マルヌ近くなので持ってる人少しいるのです)
とニジマス釣りに行くと言っております。
ニジマス大好きイェイ!塩焼きにアーモンドソースがけに…
その際は張り切ってお弁当作ってあげよう。ニジマスのために。あ、ちゃう、旦那のために。
日本風のハムとキュウリと卵のサンドイッチに唐揚げ卵焼きウィンナーにポテサラなんかいいかな…
RIMG0790 - Copie - Copie
すると旦那が古いかわいいカヌーがつながれたほとりに留まってガサゴソやって、
冷えた白ワインのグラスをパドル(カヌーを漕ぐやつ)の上にのせてそ~っと(炉端焼きみたいに)
こちらに差し出してくれました。
RIMG0791 - Copie - Copie
妻は漕ぎもせずただただ乗船して、飲んで、キャメラパチパチして。
真に呑気な午後でございます。
でも旦那が、漕がなくていいよ、っていうものだから。
ほんとにカヌーが(あと釣り)大好きみたいなんです。
RIMG0777 - Copie - Copie
マダム&わんちゃん「ボンジュール!」
旦那・moi「ボンジュール!」
moi「いやん、あの子いっちょ前にライフベスト着てる~超かわい過ぎ~!」
旦那「うちの子たちもいつか乗せようぜ」
moi「それはダメ。あの子たちめちゃくちゃだし恐がるから無理はさせたくありません」
こんな時は絶対びしっと言う妻。鼻をふがっとさせながら。
RIMG0751 - Copie - Copie
お若いファミリー「ボンジュール!」
旦那・moi「ボンジュール!」
しあわせそう。いいねぇ。素直にほんとそう思います。
RIMG0802 - Copie - Copie
渋いムッシューご家族「ボンジュール!」
※奥様も娘ちゃんも笑顔で言ってくださいました。このフォトはその雰囲気がありませんが。
旦那・moi「ボンジュール!」
渋いムッシュー「このへんは雰囲気が素晴らしいねぇ」
旦那「ほんとそうだねぇ」
渋いムッシュー「このへんに家が欲しいねぇ。やっぱ宝くじかな?」
旦那「それしかないね。ははは」
RIMG0810 - Copie - Copie
そして見えてまいりました、私たちの小さなヴァカンス、ノスタルジックな太陽さんが。
RIMG0811 - Copie - Copie
「Chez Gégène(シェ・ジェジェンヌ)」に上陸で~す。
RIMG0812 - Copie - Copie
平日の午後4時にチャリで通った時はすっかり静かでしたが、
青空土曜日はまだまだお客さまたくさん。
RIMG0820 - Copie - Copie
こんなかわいらしい坊やのお客さまも。
RIMG0823 - Copie - Copie
いつもと変わらない時間が流れております。
どうぞず~っとここがあってくれますように、と願わずにはいられません。
RIMG0830 - Copie - Copie
以前ご説明させていただきましたが、
お客さまが食べ残しをあげたりするのでこのへんにはお魚さんがたくさんいるのです。
でもこの時は姿が見えませんでした。
オイラたちを釣ろうとしてる奴らがいるぜ、と仲間内で話して警戒しているのでしょう。
RIMG0842 - Copie - Copie
さてさて、でも店内はこのようにガンゲットなムッシュー&マダムのお姿がほとんどありませんでした。
やはり今年の「Chez Gégène」もそろそろ終わりに近づいているようです。

…………………………………………………………………

でもね、ヴィデオクリップの白クマくんのことなんですが、
最後まで脱がない方がよかったんじゃないかな、って私はちょっと思ったのです。
昔観たイラン映画の秀作「少女の髪どめ」の中でとうとう最後までそれなかったか、
というのが何ともいえない余韻だったのがあったけど。
脱がない方が観てる方の想像力がほんのりわいてそして最後までほのぼのだったかなぁ、なんて。
ま、勝手に私がそう思っただけなのですが。
皆さまはどうお感じになられますでしょうか。

…………………………………………………………………………


とても長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG0555 - Copie
メトロ「Saint-Poul」の駅からすぐのここ「RUE DE FOURCY」に入って。
RIMG0556 - Copie
30秒もかからず右側に見えてくるのが、
RIMG0557 - Copie
「ヨーロッパ写真美術館(MAISON EUROPEENNE DE LA PHOTOGRAPHIE)」。
ここはパリ市内に住んでいた頃、しょっちゅう来ていたところ。
というのも毎週水曜日の17時から20時まで無料で展示が見れるのです。
なのでほんと新しい展示がはじまるたびに来ていたくらいなのですが。
RIMG0559 - Copie
パリ郊外に移ってからは一度か二度くらいしか来ていなかったので、
久しぶりにこの日、水曜日だったので来てみたのです。
ここではいつも何人かの写真家の展示が行われていて短いフィルムなども観れたり、
窓からのマレの眺めも素敵だし、カフェもあるのでしばし時間を忘れて作品を観ながらゆったり過ごすのにいいところ。
パリにやって来た一年目にガイドブックに紹介されている美術館は結構行ってみたのですが、
私的には雰囲気も規模もこじんまりで作品と共にその場所の空気感も楽しめる、
そんなところが好きで、ここもそんな1つ。
そう言えば今思い出しましたが、日本にいた時どなたかの写真展で行った、実業家、原邦造という方の邸宅が美術館になっている品川の原美術館も素敵だなと思いました。
その時の展示も素敵だったのですが、でもどなただったかはすっかり忘れてしまった…。
HP→「原美術館
RIMG0562 - Copie
ということで久しぶりでちょっと嬉しく思いながら館内へまいります。
RIMG0563 - Copie
が、が、あれ?入っていった皆さん、順番にお金を払ってチケットを購入しているぞ。
なんだろう、特別展示かなんかだろうか、思って入り口のチェックの方に聞いてみたら、
なんと水曜日の夜の無料は10か月前くらいで終わってしまったんですって。
が~ん!
10か月前くらいということは去年までで終わったのかもしれませんねぇ。
というわけで、それなら展示をじっくり調べてお金を払っても観たいかどうか考えて、
そして来るなら昼間にゆっくり来た方がいい、思い、迷うことなく入館をやめたのでした。
でもでも無料は終了してしまっても素敵な美術館なので私的には結構おすすめでございます♪
HP→MAISON EUROPEENNE DE LA PHOTOGRAPHIE

で、この後はまたとっととお好み散歩を再開したのでした~。                      


                         来週につづく

…………………………………………………………………………


ちゃんちゃん。な夕方だったのですが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!




RIMG0565 - Copie
先週から引き続いての「秋のはじまりパリ散歩」の続きでございます。
(来週につづく、って入れるの忘れてしまっていました。)
さてさてメトロ①番に乗って「Saint-Paul」駅で降り立ちマレにやってまいりました。
我が家のお気に入り紅茶のコチラ
ほっと一息。週末ごはんの合間にDAMMANN FRERE(ダマン・フレール)でちょっとテー・タイム
を買いにときどき寄るカルティエですがこの日は別目的。
なので夕暮れまでプチプチマレ散歩です。
RIMG0505 - Copie
するとお散歩はじめにすぐバス停でギャスパー・ウリエルさま(のポスター)に遭遇。
とは言っても実はお名前を存じ上げたのはつい一昨年くらい。
それまではお顔を見るたびに思っていたんです。

はじめは2010年にこのシャネルのCFを見た時。
(ちなみにこのCFの監督はあのマーティン・スコセッシ!)
あれ、どこかで見たことあるような気がするなぁ、
でもちょっと特徴のあるこのお顔、忘れないと思うんだけどなぁ、
ってホントいつも(だいたい5年間くらい)思っていたのですが。
ある時、昔日本にまだいた時に観た映画に出ていたということを知ったのです。
それは2003年のアンドレ・テシネ作品でエマニュエル・べアール主演の「かげろう」。
戦争で夫を亡くした女性が17歳の少年と出会い、自分の子供たちと一緒に空き家で生活をはじめる、
という内容で、ま、女性と少年は男女の関係にもなるのですが。
cap060[1]
その少年を演じていたのがギャスパー・ウリエルさまだったと、ま、こういうわけなんです。
そのフォトがコチラなのですが、まだ少年でおまけに坊主頭だったのでわからなかったんですよねぇ。
映画も物語自体がとて~も暗く、ラストも何とも悲しいもので、よかったというのもなんか微妙な。
ま、そんなとこがまたフランス映画って感じではあったのですが。
で、あの少年がギャスパーさまだったか、と、なんかちょっと感慨深い、とまではいかなくても、
でもなんかすっきりだし、素敵になっているのも嬉しかったんです。
だってほら、若い時はよかったんだけど、大人になるにつれ、あれ?あれれれれ~?
って結構ありますもんね。同級生とか初恋の彼とか彼女なんかでもねぇ。
ああ、木村くんどんなオッサンになってるかしら。いや、最初の最初は生徒会長の杉くんかなぁ…
RIMG0520 - Copie
ということで、日差しいっぱいの活気あるマレもまた気持ちいいのです♪
RIMG0535 - Copie
何気なくいつも通っている場所でも、
時間によって光の当たり方で風景がまったく違って新鮮。
RIMG0540 - Copie
特にこうしてフォトを撮ってみるとそれを改めて感じます。
それがフォト散歩の楽しさ。
RIMG0550 - Copie
RIMG0551 - Copie
夏は日が暮れるのが遅いので太陽と長く過ごせるのが素敵ですが、
秋冬は日が暮れるのが早くてちょっと寂しいのは否めない。
けど、夕暮れやキラキラ夜パリのリュミエールが早くに見れるのは素敵なところ。
RIMG0555 - Copie
これからはそんなフォトタイムも始まります♪
ま、でもなるたけ自分ペースで。
ということでそろそろちょうどいい時間。
目的の場所へ向かいましょう。

                つづく

…………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!



↑このページのトップヘ