RIMG39468 - Copie
今度はラ・ヴィレットのパリプラージュを後にして、Jaurèsの駅に向かい、その駅沿いに見えて来たもう一方の、パリプラージュから歩いて5分もかからない岸の方へ。
 
RIMG39470 - Copie  
ちょっと怪しげな雰囲気も一瞬感じるかもですが大丈夫。アートな雰囲気と捉えてください。
で、ここを抜けて、

RIMG39474 - Copie
見えてきたのがこのお店。
POINT EPHEMERE(ポワン・エフェメール) ~パリ 10区~
ラ・ヴィレット側は19区になりますが、こっちは10区になります。
 
RIMG39482 - Copie
やっぱりここも8月のヴァカンス真っ最中のせいか、賑わってはいますがすぐ入れる状態。でも入店チェックありでした。ま、夜だしその方が安心して店内で遊べますね。そして料理はタイ料理メニューになっていました。この時期限定かな?

RIMG39478 - Copie
ここは地元っ子とそしてパリに住む外国人も多いように私は何度か来てみて感じます。そして、ちょうど写っていますが待ち合わせの女の子も、この時夜の11時過ぎでしたが1人で危ない感じがなく待てるような雰囲気。後からお友達と合流しておりました。
イベントやライブ、年末はカウントダウンパーチィーもあるので興味のある方はお店のHPをチェックしてみてくださいね。
HP→POINT EPHEMERE
ちなみに意味は、束の間の地点、場所、って感じでしょうか。

RIMG39483 - Copie
さて私たちはこの日は入店せず私のこのフォトだけのための立ち寄りです。
旦那にそう言ったら、ほっ。 しておりました。ふふ。
そんなわけでパリの夏の夜遊びのための私的おすすめコースのご紹介でした。


住所・・・200 QUAI DE VALMY 10区
メトロ…「Jaurès」(2、5、7bis番線)

TEL・・・01 40 34 04 06



ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ
 

RIMG39359 - Copie

ビュット・ショーモン公園のRosa Bonheur(ロザ・ボヌール)を後にしてやって来たのは、公園からも道を知っていれば歩いても来れないことはない(ただしRosa Bonheur側出入口とは反対の出入り口から出て)距離にある、同じ19区にあるここヴィレット貯水池のパリ・プラージュ。
以前も書いたけど自分的にはここのパリプラージュが庶民的でやっぱり地元密着型な感じでいいなぁ、と思っております。
で、着いたのはちょうど素敵な夕暮れ時だったのですが、お店もたくさんあるけれど、食べ物と飲み物を持って来てピクニックしてる方々もたくさん。ビストロやレストランに負けないくらい楽しそうだぞ~。いや、もしかしたらある意味こっちの方が気分はリッチかもかも。なので私たちも何か持ってくればよかったねぇ、と話したのでした。

RIMG39358

そんなことを思っていたら旦那の知り合いさんに遭遇。女性グループでめっちゃ楽しそうにワイワイ。
一杯飲んでいけば、って言ってくださったのだけど、夕暮れがあまりにも綺麗だったので私はもう少し歩きたくてお言葉に感謝しつつ珍しくお断りしました。夕暮れじゃなきゃ絶対いただいていたのですが…。

RIMG39367 - Copie

今年のパリの夏は素晴らしい晴天に恵まれているけど、この夕暮れはまた特に気持ちがよかったのです。
夕日に染まった水辺を挟んだ両岸からは音楽や賑わいが風と一緒に心地よく吹き抜けて。

RIMG39370 - Copie

1人楽しい気分で(旦那は若干置いてけぼり?)歩いていたら、写真撮って、ってこのお2人に頼まれました。あ、ムッシューのキャメラでね。で、パチリした後、私も撮らせてください♪ってお願いしてまたまたパチリ。仲のよいカップルを眺めるのは微笑ましくてこちらも楽しい気分になります。ま、喧嘩してるのもちょっと目が行っちまうけど。見てると女の人の方がプリプリしてることが多いかな?ふふ。

RIMG39408 - Copie

貯水池の終わりの噴水の奥に建つこのドーム付きの円形の建物は、フランス革命直前の18世紀末に建てられたロトンド・ド・ラ・ヴィレット(Rotonde de la villette)。入市税の関所で1784年から1788年まで使われたそうです。
設計したのはクロード・二コラ・ルドゥーさん(1736ー1806)という方で、そのピラミッド型や円形などの幾何学的形態の設計案は革命建築と言われ20世紀の近代建築の先駆け的存在の1人として、建築に詳しい方の中ではよく知られた方のよう。
今はレストランやガーデン、ミニクラブ、ギャラリーなどがあって、明かりが灯った姿がとても美しかったのです。近々ゆっくり来てみたいなぁと思っております。
→「LA ROTONDE

RIMG39375 - Copie

どちらかと言うと年配の方がやっているイメージが私にはあるペタンク=pétanque(南フランスが発祥だと言われる金属製のボールを投げ合って相手より近づけることで得点を競うゲーム)ですが、ここでは若い人もたくさん混じって楽しんでいました。
パリプラージュだとかに関係なく普段からここでこうしてやっている、そんな感じでした。

RIMG39385 - Copie
RIMG39399 - Copie
RIMG39388 - Copie

大型映画館や少し先に行くとホテルもあって、宿泊客が気軽に夕涼みに出ていました。
この時期に旅行で来て、この近辺に泊まるのもなかなかいいのでは、と思いました。
この辺りは下町な雰囲気ではあるけど危険はあまりないようにも思いますし。
それでもここはパリなのでいつもある程度は注意していなくては、ですが。

RIMG39390 - Copie
RIMG39374 - Copie

このあたりで、旦那がどこか入って一杯飲もう、と言ったのですが、まだもう少し待って、って、普段は歩くのが早いと旦那に文句を言ってる私ですが(プリプリ?)自然と先へ先へと1人進んでしまって、後から旦那に、めっちゃ歩くの早かった、と文句言われちゃいました~。はは。

RIMG39411 - Copie
RIMG39415 - Copie
そして、
RIMG39423 - Copie
いよいよ夕日も沈んで夜へ。
RIMG39427 - Copie
と言ってもすでに夜9時半とか10時近く。
ヨーロッパの夏は日が長いのです。
RIMG39437 - Copie
手作り感いっぱいの屋外ダンス会場は夜と眩いカラフルライトの中でさらに熱気ムンムン。
RIMG39430 - Copie
老いも若きも皆一緒にダンスダンスダンス♪
RIMG39431 - Copie
私も自分の中のダンス魂がうずうずしてきちゃいました~。うそうそ。
RIMG39459 - Copie

ここでや~っと私たちも乾杯です。
旦那、ふぅ~、って。

RIMG39400 - Copie
でもまだ終わらないわ。もう1つちょっと寄りたいとこあるわ。って言ったら旦那が、
え~~っ!って。
ってことであともう一か所ご紹介させていただきますね~。


住所…ヴィレット貯水池(Bassin de la villette)の両岸 19区
 メトロ…「Jaurès」(2、5、7bis番線)
、バス…54番、48番
※ヴィレット貯水池のパリ・プラージュは8月23日まで
 



ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ
 

RIMG39339

以前住んでいて、以来とても気に入っている夏に気持ちのよいココ、
Buttes Chaumont(ビュット・ショーモン)とRosa Bonheur(ロザ・ボヌール) ~パリのカフェ 19区~
に土曜日の夕暮れ、久し振りに旦那と行ってまいりました~。
いつも人が並んでるイメージなのですが、ヴァカンス真っ最中のせいか、めっちゃ賑わってはいるけどす~ぐ入れました。

RIMG39343 - Copie

パリっ子たちは8月はパリを離れる人も多いけど、
ジモティやお仕事帰りと思われる人がたくさんいて。
交代ですでに7月にヴァカンスをとったという人もたくさんいるのできっとそんな方々もいらっしゃるのでしょうね。
とにかく、短いパリの夏を満喫しようと皆さんラフに楽しんでいます。
しかもここは緑豊かなビュット・ショーモン公園。

RIMG39344 - Copie

リュクサンブール公園とは対照的な雰囲気でございます。
あちらは庭園公園で、こちらは採石場だった場所を活かした起伏のあるワイルド公園。
岩山があちこちにあって結構坂道激しかったりするけど、何気に可愛らしいギニョールのテアトルもあったりして。
ここは観光客はほんとほとんど見かけません。

RIMG39346

で、私たちも店内のバーでビールを買って(大きなグラスで一杯5、5ユーロ)、

RIMG39348 - Copie

外へ。
テーブル席は満杯なので皆さんに混じって立ち飲みです。

RIMG39350

自分がここの暮らしが好きだったのは、
ガイドブックに出てくるような華やかなイメージのパリではなく、
ガイドブックに出てこないパリの庶民たちの暮らしの中にいる1人に自分もなれたから。

RIMG39349 - Copie

住んでみたからその居心地のよさを知りました。

RIMG39338

そんな地元密着型のここビュット・ショーモン公園&近辺ですが、
ある時昔の番組の特集TVを何となく観ていたら、画面下にテロップで「Buttes Chaumont」って出ていて、何だろうと思って旦那に聞いたら、昔このすぐそばのRue des Alouettesに「 SFP(Societe Française de Production)」のTVスタジオがあって、そこでたくさんの番組が撮られていたんだそう。でもそのスタジオが1993年に閉められ、その後SFP自体もなくなり、今は跡形もなく、きっとそれを知ってる人も少なくなり、もちろん私もそんなこのカルティエの歴史をなんも知らなかったけれど、後でたまたまTVを見て知った、というわけなのです。
どの場所にも時と共に歴史と、そして物語がひっそりと、けれどもしっかりとあるものなのだなぁ、と。そして大好きなこのカルティエのこと、1つ知ることが出来て嬉しく思ったのです。

RIMG39352

さて気軽に一杯飲んだらこの元地元公園を後にしましてまたまた別のお気に入り場所へ向かったのであります♪
住所…Parc des Buttes Chaumont - 2, allée de la Cascade  19区



ブログランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけるととても嬉しくありがたいです!!

人気ブログランキングへ
 

↑このページのトップヘ