RIMG44379 - Copie
フランスに来て、旦那の嫁になってはじめて知ったお野菜であるパネ(panais)。只今、このパネやルタバガ(rutabaga)、トピナンブール(topinambour・菊芋)たち、
→「レギュム・アンシアン(lègume ancien=古くからある野菜)たちとレシピ
の美味しいいただき方にはまり中でして、自分でレシピを考えてみるのはもちろん、チラシに載っているレシピも見るようにしていたりと、いろいろささやか研究中でございます。で、これは旦那の持ち帰った雑誌に紹介されていたいただき方のパネ・フリッで、素揚げしたパネにパルメザンチーズと塩と胡椒をまぶしたもの。これが簡単ではありますがほんのり甘いパネにパルメザンの風味がほどよくきいておつまみによいよい。
ちなみにフリッ(frit)とは油で揚げたという意味で、超おなじみ言葉としてはフライド・ポテトがポム(じゃがいも)・フリッ(pomme frit)。パリに来たての頃、家にネットがつながってなくて、よくマクドナルドに行って、ダブル・ラテとそのポム・フリッを注文してネットをしたものです。マックも店舗によって短い時間しかネットが出来ないようになっているところと、充電も出来て好きなだけ出来るところとあって。どうしてもネットが必要な時はマック2店舗3店舗行くこともありましたっけ。あの頃はいろいろ不便だらけの日々でございました。
ということで、揚げてまぶすだけなので特にレシピを書く必要もないのですが、作り方のポイントとしては、パネを揚げている時は火加減に気をつけつつあまり触らずカリッとなるまでじっくり揚げること。はじめはカリッとなっていなくても必ずカリっとなってくるので大丈夫。再現レシピのこれも、
Cpicon パリの中華総菜屋さん再現ガーリックポテト by milketmoi
焦らずじっくり揚げがポイントです。これも超お手軽材料でできますが美味しいですよ~。

……………………………………………………………………………………………………

さて、クレーム・シャンティ用生クリームについて同じフランス在住Collinsさんが、今使っているものがすぐだれてくる、とコメくださったので、うんうんそれ私も困ったことがある~、思って、今回は私がいつも使っているものをちょこっとご紹介です。
RIMG44403
うちは我が家の定番スーパーマーケット「LIDL」で売っているこのEnviaのFleurette Crème Enttière30%の生クリームを使っています。フランスは、さすがとも思うのですが生クリームの種類が日本に比べ多くて、ちょっとバターのようなペースト状のものからサワークリームっぽく酸味のあるもの、低脂肪のものなど豊富なので、私もホイップしてもホイップクリームにならない~を何度か経験して、今はこれに落ち着いた、という生クリーム。去年のノエルで作ったクレーム・シャンティーたっぷりの苺のショートケーキもこの生クリームを使って作って、残ったものは冷蔵庫に入れて翌日もそのままちゃんとショートケーキしてたので大丈夫かな、と。もしここフランスでホイップするのにいい生クリームをお探しでしたら一度お試ししてみてくださいませ。でももし他にもっといいものがあればぜひ教えていただきたいです~。

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。 
 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ほんブログ村


レシピブログに参加中♪






RIMG44114 - Copie
でも夕暮れはとても急ぎ足で空をセーヌを染めていって。
RIMG44113 - Copie
夏は夜の9時10時まで明るいけれど、今は夕方5時前には日が暮れ始めます。そして朝は8時でもまだまだ暗いのです。
昔旅で日本からヨーロッパに来ていた時は、朝8時なのにまだ暗いのが不思議だったな。
ポルトガルのある小さな町では、暗い中、朝が動き出していて、パンを買いに行く人、そんなパン(ポルトガルの素朴な大きめのパン)を持って家へ戻る人、仕事に向かう人、学校に行く子供たちの姿なんかを、町の大きくない繁華街の小さなホテルの二階の窓から眺めて。あれは何とも言えない新鮮な光景でした。夜と同じに暗いけど、一日のはじまりの新しさがやっぱり漂っていて空気とか町のにほいとかが夜とはやっぱりぜんぜん違っていて。けれどきっと何十年も変わらないこの町の冬の朝の光景なんだろうな、と。そしてそんな光景を日本から遥か離れたヨーロッパの西の端の小さな町で眺めているのも自分だけのささやかな物語のようでもあって。は~、また行きたいな、冬のポルトガル。ってかやっぱり一度住んでみたいなぁ。よし。ちょっと旦那に掛け合ってみよう!なんちってなんちって。
RIMG44118 - Copie
ところで今日べべ散歩の時、昨日の大泣きしていた女の子、ってか女の人のことを同じ通りで思い出して(どうしたって思い出しちゃう)、何となく、まさか今日はいないよな、なんてことも過りながら走り過ぎたのでした。いなかったです。でも、今日はきっともう泣いてないかな。どうかなぁ。
RIMG44122 - Copie
RIMG44121 - Copie
さてここはエッフェル塔の向こう側。前回記事はシャン・ド・マルス公園側でこっちはシャイヨ宮殿側です。
RIMG44128 - Copie
毎日シャン・ド・マルス側のアパルトマンからこっちのシャイヨ宮側へと歩いて学校へ通っていたので慣れた道のりです。
RIMG44125 - Copie
もし旅でパリに来てエッフェル塔を背景に思い出フォトをしたかったら、シャン・ド・マルス側はエッフェル塔がまじかで撮れるので元気な雰囲気っぽくなりやすいのかな。そしてシャイヨ宮側は少し引いた感じのエッフェル塔なので大人っぽく写る。そんな風に私は感じます。
RIMG44130 - Copie
そしてシャイヨ宮側のすぐそばの高級住宅街16区らしい雰囲気のトロカデロ広場にも、夕暮れが降りてまいりました。この夕暮れと夜の間もまた、パリがさりげなくきらびやかで美しい時間なのです。



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村


RIMG44074 - Copie
ちょっとだけ久しぶりに来たのは7区のエコール・ミリテール。
フランスに来て最初に住んだカルティエのお馴染みメトロ駅です。
RIMG44081 - Copie
ところでちょっと話は変わるのだけど、
今日べべ散歩していたら、前を歩いていた女の子、って言うか女の人が歩きながら泣いていたのです。しかも子供のように、エ~ンエ~ンて涙をティッシュでふきながらとにかくものすごく。で、ど、ど、どしたのかしら、とびっくりして、大丈夫ですか?ってそ~っと声をかけたら、泣くのを止め、怒ったように口をつむんだから、こりゃそっとしておいた方がいいんだな、思って、わんこたちと小走りで通り過ぎたのだけど、そしたらまた後ろで、エ~ンエ~ンて泣き出して。振り返ると、女の人、口をとがらせてまた泣き止んだ。だからもうとにかく去った方がよいのだ、思い、走り始めたら、また後ろでエ~ンエ~ンって。どうしたんでしょうかねぇ。でもありますよね。そういう時は思いっきり泣くだけ泣いた方が気分的にいいのです。あ、そっか。だからエ~ンエ~ンって声をあげて泣いてたのか。あたし余計だったな。今気が付きました。
RIMG44082 - Copie
さてさてこの駅を降りて向かうのは、
RIMG44085 - Copie
エッフェル塔で~す。
バスで通り過ぎたりちょこっと歩き通り過ぎはしていたけれどゆっくりお散歩するのはこの時ぶりです。
→「パリ観光。夏エッフェル編

RIMG44084 - Copie
季節はすっかり冬。
でも今年も今のところなんだか暖冬~。
嬉しいのは否めないが地球には悪い。
RIMG44090 - Copie
さて麓。
RIMG44092 - Copie
いつだって行列のエッフェル塔入場券窓口だけど行列がいつもよりはだいぶ少ないです。
テロの影響で観光客がやっぱりかなり少ないのですねぇ。
RIMG44094 - Copie
私がパリへやって来た7年前の冬は寒くてプルプルしながらフォトしていたメリーゴーランドも今はプルプルまではしません。
RIMG44096 - Copie
あの冬は外にいたら凍っちまいそうなくらい寒かったんですけどねぇ。
RIMG44110 - Copie
フォトしてもいいですか、と聞いたら快くOKしてくださったのでカシャカシャしていたら、絵描きさんと~っても照れていて。この横顔は実はかなり照れを隠しています。ふふ。
RIMG44103 - Copie
パリの観光名所にたくさんいる観光人力車ですが、この人たちはたぶんロマ人。乗ってしまったらかなりぼったくられる可能性高し。と思いました。このエッフェル塔近辺だけじゃなく他の場所でもロマ人人力車が以前よりずっと増えたと感じました。慣れれば顔だちですぐわかるけど、観光で来る方は区別がつかないかもなので、この観光人力車、乗らない方がいいかなぁ、と私は思いました。
RIMG44106 - Copie
そんなこんなで少しずつ夕暮れてきたセーヌを渡ってエッフェル塔の向こう側へ。



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村



↑このページのトップヘ