RIMG47576 - Copie
前回書きました「TOP CHEF」のことで1つとても印象的だったことを書き忘れてしまったのでちょっと書かせてくださいませ。
審査員である女性シェフのエレン・ダローズ(Hélène Darroze)さんが、デザートの時に言っていたことなのですが、デザートははじめはスペクタクルを感じさせること。そして食べたあとは繊細さが残ること。っておしゃってて、それがなるほどなぁ、ってめっちゃ感心してしまったのです。自分は甘いものは嫌いじゃないけれどなくても大丈夫な方なのですが、でも、デザートは別腹っていうくらい甘いものも好きな人には大事で楽しみなことはわかっているつもりです。だから楽しい食事の一番最後にふさわしく、見て、甘く美しくわくわくさせる高揚があり、そして楽しみながらいただいた高揚の後、繊細さが残る、と言う感じなのかな、と。だからデザートと言うのもまたすご~く大事なんだと改めて思ったのです。甘いものをあんまり食べないせいでよく考えたことがなかったけど、ちょっと目からウロコ的でしたねぇ。私ももう少しデザート頑張らなくちゃ、って思いました。
ということで、今回の「豚肉とクレソンの春雨ヌードルスープ」のご紹介です。クレソンは基本的には生でいただくのが好きなのですが、たまには火を通したものを、と思い、ふとクレソンのしゃぶしゃぶが思い浮び作ったのがこのレシピさん。そうしたらクレソンのしゃきしゃき歯ごたえと豚肉のやわらかい味わいがよい1品が出来ました。味のポイントは鶏ガラスープだし+和風だし+豚から出るだしの3種の合わせだし+ナンプラーのほんのりなうまみ。 これがあっさりなんだけどうまみのあるスープになるのです。ノンオイルだけどかなり満腹感もあるのでダイエット中の方にもおすすめです。しかも超~~簡単。10分くらいで出来ちゃうかと思います。お野菜はクレソンがなければシャキシャキ感のある水菜やセリにしていただいてもよいかと思います。まだまだ気温差があって寒い日もあるのでこんな温かい1杯いかがでしょうか。

…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・食べやすく切った豚薄切り肉180g ・ざく切りにしたクレソン100g ・春雨100g ・レモンの半月切り2切れ ★水1000ml ★鶏がらスープの素小1/2 ★和風だしの素小1/2 ★ナンプラー大2と1/2 ★醤油大1/2 ★赤唐辛子1/2本~ ★塩胡椒少々 

作り方

RIMG47564
①鍋に★をすべて入れ、火にかけ煮立ったら、
RIMG47565
豚肉を入れる。
RIMG47568
白っぽくなって煮えたら、灰汁をしっかりとって、
RIMG47572
クレソンを入れ、10秒くらいさっと煮たら味を見て足らなけれな塩と胡椒をし、スープと具の出来上がり。
②あとは春雨を茹でてよく湯を切って、
RIMG47576 - Copie - Copie
器に春雨を入れ、クレソンと豚肉をのせ、熱いスープを注ぎ、レモンを添えて出来上がりです。いただく時、お好みでレモンを絞ってどうぞ。絞っても絞らなくてもどっちも美味しいです。


◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇


熊本地震でのパリの日本大使館での募金ですが今回は受付をしないと決まったそうです。
赤十字とかでやってください、ということでした。
海外にいるものは日本のように手軽にというわけにもなかなかいかないのでちょっと残念です。


◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇……◇



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


RIMG40593 - Copie
昨夜は大好き料理人さんのコンペティション番組「TOP CHEF」の今年の覇者XAVIERさんと一昨年の覇者PIERREさんとの優勝者同士対決戦があって、勝ったのは3年連続でPIERREさんでした。今年のこの対決は審査員さんたちおっしゃっていましたが、レベルが高くて(えらそうにわたしまでごめんなさいですが)2人ともアイディアもドレッサージュの美しさもすごい!その上でPIERREさんのさらなる繊細が光っていたように感じました。胡瓜対決でのPIERREさんのまるで春の小さな庭のような前菜すんばらしかったですよ。それとこの〆の対決は半分遊び感覚もあるのだけど、PIERREさんいいな、と思うとこはすご~~く真剣マジ。最後勝った時はどんだけ喜ぶんかい、ってなくらい激しい喜びよう。負けず嫌いなのでしょうかね。でも今でもわたくし覚えているんですが、PIERREさんが優勝した一昨年(実はPIEEREさん一度出場していてこの時2度目の挑戦だった)家庭環境が厳しかったり恵まれなかったりして海を見たことがない子供たちを海へ小旅行に連れて行って、その時の食事を出場者たちが作る対決の時は、海を見て大喜びする子供たちの姿を見て、信じられない、ってぼろぼろ泣いちゃってて。それがすごく印象的だったのです。2度出場するくらいガッツな人だけどそんな心優しい一面があるというのが魅力的。なので私はいつも何だかPIERREさんを応援しちゃう。眉毛がつながり気味なとこもかわいい。ふふ。ああ、でも終わってしまいました~。来年も楽しみ過ぎです~。
さてさて本題本題、「アボガドとパパイヤと鶏むね肉のサラダ、ハチミツヨーグルトドレッシング」のご紹介です。
生のフルーツを使った1皿は新鮮で軽いものが多くて好きなのですが、特にサラダは甘さと酸味の調和が爽やかで新鮮で大好き。で、今回は+これ1つでボリューミィーで栄養もあってヘルシーで、を目指して作りました。なんせ鶏肉もアボガドもヨーグルトも入っちゃいますから。そしてもう言っちまいますが美味すぃです!と思います!これに美味しいパンとか添えちまったりなんかしたらちょっとカフェランチ気分かしらん、なんてなんて。で、もしパパイヤなんてないわ、な場合でも、マンゴーや桃にしていただいたり、スイカやメロン、秋でしたら柿なんかでも美味しいかと思います。それでは材料と作り方で~す。

…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・鶏むね肉50g ・茹で鶏用の水80ml ・茹で鶏用の酒大1 ・アボガド1個 ・パパイヤ100g ・レモン汁小1+小1 ・紫玉ねぎまたは新玉ねぎ(普通玉ねぎでもOK)50g ・ベビーリーフ大きくひとつかみ ・ドレッシング(EXVオリーブオイル大2、白ワインヴィネガー大1と2/3、レモン汁大1/2、ヨーグルト大1と1/2、ハチミツ小2/3~、塩) ・粗挽き黒胡椒

作り方
①小鍋に鶏むね肉と水、酒を入れ、火にかけ、沸騰したら20秒煮て火を止め、蓋をしてそのまま置く。
②アボガドとパパイヤはそれぞれ皮をむき、一口大に切り、それぞれレモン汁をからめておく。紫玉ねぎまたは新玉ねぎは薄切りにし、少し水にさらし軽く辛みをとり、キッチンペーパーで優しくよく水気を拭きとる。※普通玉ねぎは辛味が強いので長めに水にさらしてください。
③ドレッシングの材料をよく合わせておく。ハチミツの量はお好みの甘さになるよう加減してください。
④ボールにベビーリーフと紫玉ねぎを入れ、手でさっと混ぜ、皿に盛る。その上にアボガド、パパイヤ、鶏肉を手で裂きながらのせ、いただく直前にドレッシングをかけて粗びき黒胡椒を振って出来上がりです。


おまけ
RIMG40582
もうご存知の方もいっぱいかと思いますが、アボガドの種は包丁で勢いよくザクッと中央に切れ目を入れて、
RIMG40584
包丁とアボガドの身を反対方向同士にねじると簡単に取れます。でもまだ硬いやつは少し難しいです。そんなアボガドさん、若い頃は1個食べると顔にぶつっと出来る方だったので食べないようにしていたのですが、今はたくさん食べてもぜ~んぜんへっちゃらになりました~。はははよかった♡


…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG47495
前日は和食系だったのでこの日は洋食ごはんです。
ということで今回は早速お皿さんからご紹介。
1枚めはお好きな方はすぐわかる、ディゴワン・サルグミンヌで、コーヒーカップの受皿らしきもの。エマウスで5枚だったかな、まとめてめっけたものですがカップの方は残念ながらありませんでした。でも小さなちょっとした食べ物や小物をのせたりしてもいいかな、と。それにエマウスなので迷うようなお値段でもありません(まとめてたくさん買ったので1枚いくらと言えませんが1枚あたり小さいしカップがないので10サンチームくらいだと思います)。こんな大きめバラ柄はとってもディゴワン・サルグミンヌ的。かわいいです。
RIMG47496
これにはアペリティフのおつまみでお気に入りの赤身のサラミ(saucisson sec)を。サラミ大好きですが今は控えているので週末にこうしてちょっとだけにしています。あ、でも脂たくさんのサラミも大好きです。へへ。
RIMG47510
そしてバゲットはブロカントでめっけたお気に入りのカフェオレボールに。お庭のチューリップはマザグラン(とってのないコーヒーカップ)に飾って。
RIMG47500
2皿めはやわらかい色合いでさりげなく可憐な1枚。それほど頻繁には使いませんが、使ってあげなくちゃと思い、
RIMG47506
今回は前菜の盛り合わせです。
RIMG47504
右の1品はコチラ。
Cpicon クレソンとプチトマトとチーズのサラダ by kotsuru
クレソンもプチトマトも(しかも4種セットの)カマンベールもあったのであとは切って混ぜただけ。でもシンプルで美味しい。カマンベールの塩気と風味がアクセントかな。
RIMG47505
真ん中は旦那が大好きなアンディーブを使ってコチラ。
Cpicon ❖チコリのオレンジ煮 温サラダ風❖ by melmarilyn
キャラメリゼしてオレンジとタイムの風味をつけたアンディーブは独特な苦みがいいうまみになってます。しかも超簡単なのでこうして前菜にはもちろん、付け合わせにもこれいいですきっと。旦那もう1つ食べたいなぁ、って。
RIMG47502
そして左はコチラ。
Cpicon トマトと苺のガスパチョ♡ヴェリーヌ仕立て by milketmoi
パリのレストランでいただいた前菜の再現の1品。トマトと苺、それぞれの甘みと酸味と風味の味わいの違いのバランスが不思議に美味しいのです。でもシンプルで素材の美味しさっぽいのです。
RIMG47508
3皿めは大好きエスカルゴでお気に入りのエマウスでめっけた専用エスカルゴ容器で。今回のエスカルゴはいつも買うものより1ユーロ高いやつだったらしいのですが(旦那が買ってきました)、大粒でぷりっとしてて美味しくて1ユーロだけでこんな違うなんて、とびっくり。次回からはこっちだね、と決まりました。ってか1ユーロケチってたのね。ぷぷっ。
RIMG47514
4皿めはピンク一色のタルト皿。合わせやすいので重宝している1枚です。
RIMG47517
これには何とスロヴェニア料理のコチラ。
Cpicon チュフテ*ミートボールトマトソース煮 by SIVKO
ごはんの入った柔らかミートボール&あっさりとしたトマトソースが付け合せのマッシュポテト&サワークリームとよく合って美味♪ ミートボールもソテーせず煮てるだけだからさらにあっさりなんですねぇ。ひそか人気納得です!またスロヴェニアという透明感のある少し未知的な響きが何ともたまりません。 
RIMG47522
5皿めは古いシャンパングラスを使ってデザート、なのですが、旦那がこの時点でお腹いっぱいだと。で、デザートも一応あるけど、じゃ、いいね、と言うと、デザートな~に?って。だからデザートよ、って。だからな~に?って。だからデザートよ、って。で、私が先ず自分用のを準備し出したら、旦那キッチンに来て、確認し、食べる食べる~♪って。
RIMG47525
そんなデザートさんがコチラ。
Cpicon 簡単!練乳いちごシャーベット by 菜摘☆ミ
アイスは大好きだから食べれるよ~、って。そして練乳風味が美味しい美味しい言いながら幸せそうにあっちゅう間に完食です。よかったね。
ということで和食に洋食に、またまた大満足の週末ごはんでありました。
皆さんの美味しいレシピ感謝です♡

…………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪




↑このページのトップヘ