RIMG35991
ときどき行く下町バーのココ
→「一杯ひっかけるのがいいのよLe Baron Rouge ~パリのビストロ 12区~

の帰りにお天気が良ければよく寄るのが、
バーから歩いて5分くらいのこの「RUE CREMIEUX」。 

RIMG35992
とっても小さな小さな通りなのですが、
どの家もパステルの明るい色どりでかわいらしいのです。
RIMG35999
フランスのミュージックヴィデオなんかでも、
見ているとごくたま~にここが撮影で使われていたりして。
でも地味でしかもパリの外れだからガイドブックにはほとんど載っていないよう。
RIMG36001
少しこの通りと重なります。
→「RUE DES THERMOPYLES(リュ・デ・テルモピル) ~パリ 14区~
RIMG36006
でもここは近くにその「Le Baron Rouge」はもちろん、
ど下町アリーグルのマルシェも、
以前ご紹介したコチラのレストランやビストロもすぐ近く。
→「L’Ebauchoir(レボショワール) ~パリのビストロ 12区~
→「Chez Paul(シェ・ポール)  ~パリのビストロ 11区~

→「Boucherie Les Provinces(ブーシュリー・レ・プロヴァンス) ~パリのレストラン 12区~
RIMG36010
だからわざわざ行く、と言うよりはちょこっと寄れる感じ。
この綺麗なパステル背景で記念撮影もいいのじゃないかしら、と思います。
私もここのフォトがかなりたまっております。
RIMG36013

RIMG36016
この猫ちゃんはいつもいて私のフォトにもたくさん入ってくれているのです。
RIMG36020
あ、それから少し前にご紹介したリヨン駅はもうほんとす~ぐ近く。目と鼻の先。
→「ちょっくら行ってみよう!ガール・ド・リヨン駅
RIMG36024
こんな何気ない素敵な通りや一角がパリにはちょこちょこっとあるのですが。
RIMG36027
そんな場所はただ歩いてみたりしていてふと出くわすことが多いかな。
RIMG36021

RIMG36003
このブログでも引き続き以前ブログのこのカテゴリー、
ガイドブックに載らない片隅パリ
を作らせていただいたのでこの「RUE CREMIEUX」も入れさせていただきました。
これからもマイペースでこのカテゴリー記事も増やしていきたいと思っております。




ブログランキングに参加はじめました。
応援クリックしていただけると嬉しくそしてありがたいです!

人気ブログランキングへ


RIMG38113
かなり過ごしやすくなった日曜日です。
先週までは毎週日曜午前はブロカント巡りだったのですが、
7月そして8月はヴァカンス期のためブロカントはぐぐんと減るためお休み。
ま、片付けが終わらない状態だったのでひとまずいかったかな?
でもそうすると今度はエマウス→「エマウス(emmaus)楽し大好き♪

やマルヌ川をふらふらしてしまう思います。
またそれも楽し。
さ、ごはんご紹介です。
先ずは1皿めは旦那がスペシャルなギリシャのシェーブルチーズを買ってきてくれたので、
ビストロの焼きシェーブルのサラダに。
これがめちゃめちゃ美味しかった!
このチーズが程よい酸味と臭み?で焼くと美味。
実はこの1皿の前に旦那が生のを味見をしてみたら、
なんか首ひねってて、
じゃあ火を通した方がいいのかも、思ってやってみたらバッチシ!
これは今まで食べた焼きシェーブルのサラダの中で一番美味しかったかもしれません。
RIMG38115
お次はココ、
Youpi&Voilà(ユッピ&ウァラ) パリのビストロ 10区~

の前菜の再現で再現レシピもアップさせていただいてコチラ。
Cpicon 小イカのソテーYoupi&Voilàs風 by milketmoi
お店ではマテ貝だったのですが、
マテ貝は魚屋さんでさえも置いてる時と置いてない時がありまして。
でも置いてない時の方が多いかな。
なのでちょっと食感が似ていてうまみも負けてないイカで作っているのですが、
大丈夫とっても美味しいです~。
お店でマテ貝にフランボワーズのってきた時はビックリだったけど、
今はマテ貝と言うとフランボワーズを思い出すくらいです。
魚介とフルーツの組み合わせはいやいやフレッシュ&深い。
RIMG38119
そしてお肉の1皿はリピのコチラ。
Cpicon 我が家のステーキ⁑香草焼き by melmarilyn
に、お庭お野菜&ズッキーニの花フリットも添えました。
お肉はもともとレシピは骨付き仔牛さんなんですが、
仔牛のフィレ肉があったので肉叩きでしっかりしかし優しく?(矛盾?)叩いてお試し。
これがリピだけどやっぱりとっても美味しかった~。
パン粉ハーブレモンミックスのうまみとお肉も柔らかで。
それにしても大人牛と仔牛ってじぇんじぇん味が違います。
このレシピは仔牛が映えますね。
さっすが我が家と同じ肉食星人旦那さまをお持ちのmelmarilynちゃんふふ。
RIMG38123
シメはチーズの盛り合わせです。
上から時計回りに、
・Morbier(モルビエ) ・tomme des Pyrénées(トム・デ・ピレネー) ・Camembert D’isigny (カマンべ―ル・ディズニー)  ・Bleu d’Auvergne(ブルー・ド―ヴェルニュ)
です。
カマンベール・ディズニーはコチラ。
またまたディズニーのフロマージュ、なんだけど

と同じメーカーのものなのですが、なんか今度赤色パッケージのも出たらしく、
これはその赤い方。
近々その赤のディズニーのチーズさんもご紹介させていただこうと思いま~す。
あ、で、チーズですが、
「Morbier」はまだフランスに来て間もないときに知ってすぐ好きになったチーズ。
弾力が特徴の食べやすい味だけど真ん中に炭で作られた黒い層がシュッと入っているのがミソ。スミだけど。
「tomme des Pyrénées」はクセがなくまろやかでわりと誰でも親しみやすいお味かと思います。
「Camembert D’isigny」は熟成した時のうまみが何とも言えないのです。
熟成したのを食べちゃうと熟成がまだなのはあっさりし過ぎて物足りなくなっちゃう。
でもお料理などには問題ないようです。
「Bleu d’Auvergne」はブルーの中でも食べやすい感じのブルー。
今回の盛り合わせはクセのあるのがなく全部食べやすいお味です。
今の時期は夏休みでフランス旅行の方も多いかと思うので参考にしていただけると嬉しいです。



さて、今日も過しやすい一日だったここパリ地方。
カニキュールな時はとてもじゃないけどチャリでどこかへ行ける感じではなかったのですが、
やっとちょっとスイスイ出来そうです。
でも、ま、ゆっくりで。
夏も緑もマルヌもそばにいてくれますから。

RIMG38081
昨日はお昼前に一雨通り過ぎて少~しだけ涼しくなりました。
しか~し、雨が行っちまって乾けばまたああカニキュール。
いやいや本当にあちゅかった。
ほんとなら今の時期日中は太陽の下お庭のデッキチェアで、
ゆ~らゆらゆ~らゆらが気持ちいいのだけど。
さすがに出来ません。
だから夜だいぶ涼しくなってからちょっとだけゆ~らゆらゆ~らゆら。
そんな時は星を見ながら子供の頃の夏の日を思い出すのです。
地元の夏祭りやスイカやつんつるてんになっていった牡丹柄の浴衣や、
涙が出るくらい感動した花火や夏休みアニメ劇場や、
夏休みのプールやある日飛んで来た恐ろしいゴキブリや…
で、幸せだったなぁ、って思うのです。
真夏でももそもそ玄米で添加物お菓子も冷え冷えコーラもだめだったけど幸せだったなぁ、って。
それからそんな1人夜空を見上げている時よく浮かんでくる歌が「見上げてごらん夜の星を」。
で、ときどき一人口ずさむのです。
あの歌は本当に素晴らすぃ歌です。
さてでもカニキュールですが、
今日もだけれど気温が少し落ちついてきて、
水曜には25°くらいになりそうです。や~っとです~。
はい、じゃごはんの方もや~っとご紹介で~す。
RIMG38084
先ずはアペロのおつまみにシャルキュトリーとコチラ。
Cpicon ズッキーニ☆みそチーズ焼き by ふなここ
この数日でお庭ズッキーニがもこもこデカくなりまして。
あんまりデカいのは味も大味になっちまいますので程よいところでどんどん食べなくては。
と言うことでこの超簡単1品さん。
これおつまみにはもちろんごはんがあったらやばいですねぇ。
私飲みながらごはんもバクバク食べれちゃうからな。
RIMG38087
で、1皿めは野菜のソテー&生野菜の盛り合わせです。
お野菜は手間でもそれぞれ別々で調理。
それだけがポイントで~す。
あとはもう何もな~にも凝ったことはしておりません。
あ、ちなみに人参&新玉ねぎはこの調理方法です。ってほとんど調理とも言えないんですが。
Cpicon 超シンプル美味*にんじんのステーキ by milketmoi
そして生のお野菜用にはコチラをかけました。
Cpicon 醤油とバルサミコ酢の超美味ドレッシング by milketmoi 
RIMG38092
旦那が買ってきてくれた新鮮大好き赤ヒメジは、
ジェイミー・オリヴァーのレシピを参考にした、
パン粉やドライトマト、ハーブなどをはさんでオーブンで焼いた1品に。
夏に重くなくてサクサク食べやすい。
身がふわっと柔らかくて赤ヒメジはお魚の中でも私はかなり好きなのです。
RIMG38095
お肉は一週間ぶり牛肉さんで定番ステーキに。
ソースは我が家の定番の1つ、フォンドヴォーを使ったもの。
それにアスパラのソテーを合わせました。
焼き加減も自分好みのà point=ミディアムレアにちゃんと焼けてバッチシ。
ちなみにフランスでステーキの焼き方は、

・bleu(ブルー=一番生に近い状態)
・saignant(セニョン=レア)
・à point(ア・ポワン=ミディアムレア)
・bien cuit(ビアン・キュイ=ウェルダム)

bleuはあまりポピュラ―ではない焼き方ですが、
たとえばtruite(トリィット=マス)の焼き加減でもたびたび使われるそう。
レストランでは必ず焼き方を聞かれるので旅行でフランスに来る方は自分の好きな焼き方単語だけは覚えておくといいかもですね。



さて今回のカニキュールで、やっぱりべべたちかなり疲れたよう。
今は3べべともよく眠っております。
ほんとは歯磨きしなくちゃだけど、どうしましょうかねぇ。
今日はお休みかな。
そのかわり明日しっかり丁寧にやりましょう。
わんこは3日で歯垢がついちまいますからね。

↑このページのトップヘ