少し前の週末の午後、
街のセントラルで年代物の車が集合する催しがあって、
車にまったく興味がない私は家に残り旦那が1人で行ったのですが。
帰って来た旦那がちょび興奮気味に嬉しそうに帰って来たのです。
そしたら、

RIMG33226 - Copie

催しでポーにそっくりな子がいてビックリして思わず連れてたマダムに話しかけたら、
ポルトガルの犬よ、って。「podengo」っていうのよ、って。
で、ポーはポルトガルの犬だったんだよ!って。
約4年前の11月、人間に捨てられたネコとワンコを引き取るクリスマスのイベント「le noël des animaux」で出会って8歳で我が家のべべになったポーちゃんことポルカ=POLKA。
前の飼い主に虐待されてたそうでよく見ると顔に傷も残っていたのだけど、
優しい顔立ちで怯えていてそっとしていた子で、
それはうちの子になっても変わらずで本当に優しい優しい恐がりちゃん。
でもだから8歳までのこの子のことがまったくわからなくて、
親ももちろんこんな子がどんな風に8歳まで生きてこれたのかわからなくて、
想像すると胸がきゅっと痛くなる感じでもあったのですが。
そんなんだからこの子のことが1つだけでも知れたことがじわっと感動だったのです。
旦那なんか私に話しながら涙ぐんじゃってまして。
それからもう1つそれでわかったのが、
ポルカという名前のこと。
私たち2人ともポルカという名前の響きが優しくてとても気に入っているのですが、
今まで東欧の民謡からつけられたと思っていたけど、たぶん、
「podengo」=ポデンゴ(又はポデンコとも読むよう)からきているんじゃないかな、ということ。
こうしてポーについて2つのことがわかるかなり嬉しい小出来事があったのですが。
で、その夜ネットをしていた旦那、ちょっと見てみて!と、
ポーちゃんとよく似たpodengoちゃんたちフォト私に見せてくれて。
私もほんとにポーは「podengo」だなぁ、としみじみ思って。
だけどだけど、フォト見せられること30回以上。
で、もういいよ。大丈夫。わかりました。と私。
すると旦那が突然、ああ!っと。
なになに~、と言うと、
ミュミュも「podengo」だ!と。

RIMG37183

なんとミュミュも「podengo」の小型版のわんこだったのです。
ミュミュ=miumiuは去年の春に我が家のべべになった子。
フランスとベルギーの国境で警察に保護され、一時預かりをしていたお宅を経て、うちに来たのです。
ネットで見てミュミュに会ってみよう、と思ったのは、
ポーちゃんがまるで小さくなったみたいな子だったからなのですが。
それもそのはず。同じ「podengo」だったのだから。
で、なんだかまたまたしみじみ。

RIMG26139 - Copie

去年甘えっ子元気っ子焼きもちっ子の3歳のミュミュが来た時は、
気の優しいポーちゃん、はじめはさらに引っ込み思案ぽくなったのですが、
今ではポーに負けたくなくてミュミュはしょっちゅうマネばっかりしてくっついて回って、
それからしょっちゅう一緒に遊ぶようにもなって、
朝なんかベッドの上で女子プロレスよくはじめて。
微笑ましい2人、いや、2匹なのです。
たぶん何よりもわんこたちに心癒され幸せをもらっている私たちです。
それにしても2匹共ポルトガルのわんこだった、というのも私には感慨深いものがありました。
なんせ大好きなポルトガルで、
一番最初に行った外国で、
そしてほんとはフランスじゃなくポルトガルに留学したかったけど、
直行便がなくてチワワ坊やが貨物室になるかも、言われて諦めた国ポルトガルで。
なんだか不思議で縁だなぁ、と。
やっぱり私はポルトガルとどこかでつながってるのかな、なんてね。
自分に都合よく思いました。へへ。
ところで、去年のヴァカンス期でも6万匹のネコとワンコが捨てられたそうです。
年間だと10万匹。なんと1時間に11、4匹の子が捨てられているそう。
犬猫好きが多いと言ってもそんなたかがヴァカンスでゴミのように捨てる身勝手な人間がここフランスにものすごく多いのも事実。
とても残念だし悲しいしよくそんなことが出来るなぁ、と、
天使のように心優しいポーや愛くるしいミュミュを見てつくづく思います。
でもこれは日本でも同じですね。
ペットショップで売れ残った子たちはいったいどうなっているのかも想像すると恐ろしいです。
ほんとはそれについては鼻が大きくふがっ。となるくらいな気持ちの自分ですが大人なのでここは落ち着きます。
さて、そんなポーちゃん&ミュミュのオリジナル国ポルトガルに行った時の記事がありますので、
興味がある方はどうぞご覧になってみてくださいね。
私の大好きな国ポルトガル
あ、でですね、
ポーとミュミュを選んだのは間違いじゃなかった、
ってのが旦那の口癖でもう死ぬほど聞いてるんですが。
つい2日前くらいにも同じ事言ったから、
もう100回聞いてますけど~、言ったら、嬉しそうに、
じゃ、101回目だね♪  だって。
プロポーズか!って思わずつっこみそうになりました~。←古っ!




ブログランキングに参加はじめました。
応援していただるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

RIMG38183 - Copie
だいたいいつも(日本のは特に)、
世間で人気なものとかから遅れている自分ですが、
でも最近はもう少しいろいろ知っておこう、と思い始めております。
ま、これもまた遅過ぎかもなんですけど。
で、やっぱりそんなちょいとした情報が簡単に手に入るのが日本のネット。
スキレットも太眉もパクチードレッシングもカルディもネットで知りました。
だからすぐどうのはないけど知ると面白いものです。
たとえば、オサレな女優さんの眉が最近太いのもす~ぐ納得。
で、今更ながらネットはもちろんパソコンが使いこなせるのは便利なことだなぁ、と。
あ、でもそう言えばお友達痰壺Y子ちゃんは、
パソコン系がめっちゃ詳しくて、
職場では他の部署の人までが何かわからない時しょっちゅう聞きに来るらしいのですが、
家にはパソコンがないのです。
家でまで必要ないんだよね、携帯で済んじゃうんだよね、って。
で、そっか、それもまたカッチョイイなぁ、って。
出来るのに、なのに。
私なんぞぁ、元々機器音痴がかなりひどくて、
仕事でも簡単入力でしか使ってなかったこともあり、
ほぼフランスに来て格闘が始まったようなもの。
でも今では家にパソコンがないともう困っちゃう。
こうしてブログで自分の毎日や感じたことを綴るのが楽しいし、
ネットで大好きな日本の番組も見るのも楽しいし、
(マツコ&有吉の怒り新党、アメトーク、孤独のグルメ←パート5を待っている)
それから今はお料理が面白くてしかたないので、
お料理情報や今の時期のキーワード的なものがわかるのも楽しい。
そうするとですね、今のそんなキーワードがやっぱり夏野菜っぽい。
特にナスとズッキーニな印象です。
で、そんなナスを使ってポタージュ・ヴルーテを作ってみました~。
ヴルーテ=veloutéとはビロードのような、なめらかな、という意味。
ミキサーでなめらかにしたポタージュにはときどきこのveloutéと言う形容詞がついているのですよね。
さてさて肝心のお味ですが、
これがとても美味しくて出来て自分でもビックリ。
ナスだけだと味がぼやけるかもと思い、クミンでほんのりアクセントをつけたのもよかったよう。
で、何のスープかわからず飲んだ(飲まされた?)旦那を物陰?から見ていたら、
案の定何々これ?美味しい~、って。
私、すました顔で、ナスだよ、って教えたら、
へぇ~、って。ほんとにへぇ~、って。
こうして何スープか言わずに出して、
物陰?から様子を見て、何これ?的表情を見るのもちょっと楽しいのです。
じゃ、材料と作り方で~す。とっても簡単で牛乳も生クリームもなしです!


材料(2人分)

・ナス400g(へたを取り皮をむいてざく切りにしたもの) ・にんにく1辺のみじん切り ・オリーブオイル大2 ・水200ml ・クミンパウダー小1/2 ・塩胡椒少々 ・コリアンダーの粗みじん切りまたはパセリの粗みじん切り適量 ・EXVオリーブオイル少々


作り方

①鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ中火にかけ炒め、香りがたったらナスを入れ中火よりやや強めの火にして焦げないようよく混ぜながら炒める。火が通ってきてしんなりし水分が出てきたら、その水分を飛ばすように炒め、1/3くらいの量になったら、水を入れ強火にし、沸騰したら軽く灰汁をとり、蓋をして、中火で5分くらい煮る。
②これをミキサーでなめらかなピュレにし、鍋に戻し、また中火にかけながら、クミンと塩胡椒を入れ混ぜ、火からおろす。冷やしていただく場合は冷めてから冷蔵庫へ。いただく時は器に注いだら、EXVオリーブオイルを少しかけ、コリアンダーをのせ、クミンパウダー(分量外)を少しかけてどうぞ。


*冷やしていただく時は少し固まるので、ピュレにして鍋に戻した後、水を少し足して予めゆるめにしておいてください。その際はクミンパウダーと塩胡椒もほんの少し足してください。

……………………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!


RIMG38022
今年豊作のお庭の黄色さくらんぼで、
レアチーズケーキを作りました。
下にしいたのはフランスではチーズケーキと合わせるのが超定番なスペキュロスビスケット。
その上にさっと煮た黄色さくらんぼをのせてマスカルポーネの生地を流して、
あとは冷蔵庫に入れて冷やせば出来上がり。
どちらかと言うとベークドの方が好きなのですが、
と言っても甘いものはなくても大丈夫なのでベークドもそんなには食べないのですが。
でも今の季節はレアもひんやりするっといただけていいな、とこのケーキで思いました。
で、
ホールで作って我が家だけではとても食べきれないのでお向かいのラファエル坊や家におすそ分けしたのですが。
そしたらそしたら夕方ピンポーン誰か来て、
出た旦那がニヤニヤしながら両手に何か持って戻ってきて。
その意味ありげな笑いにあたしなになに~、思ったら、
RIMG38000
ラファエルパパからクスクスもらっちゃった~♡♡♡
私は本当にクスクスが大好きなのです!
もうこれくらい→夢見るクスクス
なんかラファエルパパさんのモロッコ人お友達が遊びに来て、
クスクス作ってくれたんですって。
で、このクスクスがめっちゃ美味しかったのです~!
さすがモロッコの方です。
それに今まで食べたのとはちょっと違う新鮮発見もあって。
私の中のクスクス挑戦がまたむくむく湧いてきた~鼻もちょびっとふがっ。なりました~。
ので、
近々お肉か魚介のクスクスを作ろうと思ってます!
ちゃんと分量も量ろうと思うので成功したら是非レシピをご紹介させていただきたいです!
いやいやしかしクスクスもねぇ、
日本にいた時は食べたことがなかったけど、こんなに好きになるとはねぇ。
もし痰壺Y子ちゃんに、
カレーかクスクスどちらか選ばないと死んじゃうとしたらどっち選ぶ?
言われたら今だと迷うわ~




ブログランキングに参加はじめました。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!




↑このページのトップヘ