RIMG8059 - Copie
初夏のような5月のパリフォトも巻きでやらなくてはですが、今日は、
「パリから行く小さな旅」のアミアン編です。
マクロン新大統領が生まれた街アミアンは、SF小説の父と呼ばれ、
「海底二万マイル」をはじめ「八十日間世界一周」「十五少年漂流記」などを書いた、
「ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne、1828-1905)」が1882年から住み続けた街でもあり、彼の住んだ家がこの緑が気持ちいい小さな広場の向こうにあります。
RIMG8061 - Copie
それがこの家。
表からは整然とした雰囲気ですが、中はどうなっているのでしょうか。
また表とは違う雰囲気かしら、ワクワク♪
RIMG8064 - Copie - Copie
一歩入るとそれほど広くはない中庭があり、視界にすぐ入って来る塔は、
ジュール・ヴェルヌらしくちょっとSFチック。
上の鉄の丸いのが雰囲気~♪この時代にさすがジュール・ヴェルヌ~!と言ったら、ら、
旦那が、あれは後付けだろうね、と。だから、
そ、そ、そりゃそうよね、ヴェルヌの家目印よね、ってあたし。
じゃ、入館料1人7ユーロ50サンチームを払って中へ入ってみましょう。
RIMG8082 - Copie
まずジャルダン・ディヴェール(Jardin d’hivr=冬の庭)があります。
このジャルダン・ディヴェールというのは、
ガラス張りになっていて光がいっぱい降り注ぐように作られた部屋の総称で、
冬でも光がいっぱいの庭だよ、的な感じでしょうか。
本当にその通りで、この時、空は見事な曇天だったのですが、
この部屋は明るくて気持ちがよかったのです。
フランスでは家を探す時、
プールがあるとかこんなジャルダン・ディヴェールがあると、
ああ、これがあるのね♡となって大きなポイントになるのです。
そしてカンパーニュだとパリ市内や郊外の高級住宅街に比べれば、
当たり前ですがぐぐんとお値段がお安くなります。
パリ市内はほとんどがアパルトマンですが住宅がほんと~に高いです。
東京より高いんじゃないかしら、と私は思います。
あ、今度パリと郊外の住宅についてお値段も含めご紹介も面白そうです。やりましょ!
左に置かれているのは「海底二万マイル」に出てくる「ノーチラス号」の模型。
これがあるとやはりジュール・ヴェルヌの世界を感じさせますね。
RIMG8067 - Copie
ジャルダン・イヴェールの向こうにはいくつかの部屋がありまして、
ここは重厚な雰囲気の食堂となっております。
RIMG8068 - Copie
どんなものを召し上がっていたのでしょうか。
作家として世界的な名声を得ていて、1883年からはこのアミアンの市会議員も長く務めたそうですから、お抱えシェフさんがいたのかもしれませんね。
RIMG8072 - Copie
食堂のお隣りはサロン兼音楽室で、このお隣りには喫煙室もあるのです。
RIMG8077 - Copie
RIMG8078 - Copie
この方がジュール・ヴェルヌさん。渋いムッシューです。
これは中庭のフォトっぽいですね。
右に写っているのはジャルダン・ディヴェールのガラス窓のようです。
RIMG8070 - Copie
食堂からもこの重厚な雰囲気の部屋たちとの対比で、
ジャルダン・ディヴェールの明るさが眩しいのです。
RIMG8127 - Copie
どうしてもここが気になって気になってしかたありません。
実は私もこのジャルダン・ディヴェールに強い憧れがありまして、
他の部屋は小さくてもいいからこんな部屋があったいいな、
いや何なら他の部屋なくてもいいからこんな部屋があったらいいな、
と夢見ているのです。
RIMG8083 - Copie
後ろ髪を引かれる素敵な空間ですが、住み着くわけにもまいりませんので、
じゃ、上に上がってみましょう。

            つづく

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG8568 - Copie
昨日は29度予想のパリへ。
RIMG8865 - Copie
最近はメトロもRER線も構内も冷房がきいている割合がとても多くなったので、
昨日も乗っている時は快適だったのですが、
一歩パリの街へ出ると結構暑かった~。
数年前のまだまだ冷房がきいてないメトロも多かった頃、
7月のメトロの中で熱中症になったことがあって、
やっとこさ入ったカフェで3時間くらいじっとしていたこもあったけど、
あれを考えると利用者にとってパリも少しずつよくなっているのです。
RIMG8562 - Copie
とっても美味しいお一人さまランチもいただいて。
あれとこれを使っていて…などと頭にインプット。再現できそうかなぁ。
RIMG8610 - Copie
お久しぶりカルティエもちょっと新鮮楽しい。
RIMG8652 - Copie
はじめて美術館も楽しくてかなり長い時間いちゃいました。
RIMG8708 - Copie
そんなんで気が付けば夕方6時過ぎ。
RIMG8871 - Copie
帰りはお仕事を終えて帰宅途中の方々とすれ違い。
ああ、お疲れ様です、と思いながら、
わたしもベベっ子とそろそろ帰ってきている旦那の待つ家へと向かいます。
そんな初夏のような昨日5月パリ、
フォト、たくさんしてまいりましたのでなるべく早めに整理して、
楽しいパリの雰囲気がお届けできるようがんばります!

※今週の木曜レシピコーナーはお休みさせていただきます。
楽しみにしてくださっている方々、申し訳ございません。

…………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG8405
昨日が日曜ごはんだったので前後しますが週末土曜日ごはんのご紹介です。
じゃ、とっととまいらせていただいて、まずは一口アペロの盛り合わせで、
上から時計まわりに、冷凍のパイ詰めエスカルゴ、
買ってきたプロヴァンスハーブのパイスナック、
買ってきた手作りテリーヌのカナッペ、
そしてそして左の細~いののわさっとしたのなんだかわかるかしら。
実は新玉ねぎを買ったらたくさんついてたひげ根を揚げたものなのです。
いつだったかひげ根も食べれるってのを読んだことがありまして、
へぇ~、ってびっくりしまして(仰天まではいかない)。
で、新鮮ひげ根を見て記憶がよみがえり、
揚げちゃってみちゃえ!みたいな。
うん、香ばしくて普通に美味しかったです!
でもプロヴァンスハーブのパイは自分レシピの方がずずしいですが、
ハーブもたっぷりで出来たてもあって美味しいかなぁ。
Cpicon プロヴァンス・ハーブで超簡単おつまみパイ by milketmoi
RIMG8412
お次はスープで旬のグリンピースをたっぷり使ったポタージュです。
グリンピースが苦手な方もこうしてスープにするといただけるかもしれませんね。
ほんのり甘くて美味しいです。豆は体によいよい。
RIMG8415
お次は冬にラクレット(溶かしたチーズをじゃがいもや加工肉にかけて食べるスイスとフランスのサヴォア地方などの郷土料理)で食べたラクレットチーズが冷凍で残っていて、もうそろそろ使っちゃわなくちゃな、と思い、茹でたじゃがいもと生ハムを合わせラクレット風のオーブン焼きにしました。
他のことをやってる間にちょ~っと焼き過ぎました~。が、
溶けたチーズ&じゃがなので美味しくないわけはありません。
RIMG8419
そしてメインはサーモンソテーの春野菜添えでグリーンアスパラと新玉ねぎです。
さっきのひげ根はこの新玉ちゃんのだったんですよ。
ドレッサージュ(盛り付け)は、あるTV番組であるシェフさんが、
こうして春野菜を使って大胆盛りをしていたので、
私も挑戦してみたのですが、なんじゃこりゃ~、ってなっちゃいました~。
繊細盛り付けも難しいけど大胆も難しいんですねぇ。
こりゃ何度もまたやってみて感覚が大事なのだろうな、と思いました。
ということで週末ごはんにお付き合いいただきましてありがとうございました♪
今日はパリ、なんと気温が29度まで上がる予定。
昨日から突然、花粉もいよいよ始まった感なのですが、
素晴らしいお天気だし花粉なんかに負けないぞ、と思っております!
でもなぁ、ひどい時はほんと辛いんだよなぁ…

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


↑このページのトップヘ