プランタン記事は書き上げるのに気合いと時間が必要なので、
休憩?もかねて週末ごはんのご紹介をさせてください。
7qSaVBtPjKFUNlY1518301704_1518301838[1]
去年は結局一度もいただかなかったちょっと特別感のあるチーズ、
モンドール(Mont d’Or)を買っておいてありました。
フランスとスイスの国境近くのジュラ山付近で作られ、
柔らかくクリーミィーなので暑い時期には作られず、
9月半ばから3月半ばまでの期間限定で出回る、
金の山と名付けられたこのチーズ。
そのままもいいけどフォンデュにしても美味しい♡
72s77BiqClOapA41518301945_1518302030[1]
ということで、十字に切れ目を入れて、ニンニクのスライスと白ワインと、
我が家ではちょっとタイムもプラスして入れてオーブンで焼き上げました。
上の部分は切り取って中のトロトロ~にパンや茹でじゃがいもをつけていただきます。
いや~、たまりません!
9TwCaGW4YtiH37o1518302124_1518302201[1]
お次はこの後のメインとの兼ね合いもあるので、
あっさりとしたブルグルのリゾット、魚介とフェンネル入りで。
このフェンネルはお庭でもさもさ育ってくれたものを
すぐ使えるようにと少し切って冷蔵庫に入れておいたものですが、
何と大雪でお庭のはみんなダメになっちゃったです~。
その前に全部刈っとくんだったです。残念。
sX29oFNsoEjnTHY1518302278_1518302350[1]
メインはブロカント市で買ったこのお気に入りの古いシチュー鍋に入った1品。
s5bpUZUg1JpM9zZ1518302455_1518302544[1]
ジャ~ン!というほど豪華な感じではないのですが、
中身はフランスの超伝統的料理、
「プール・オ・ポ(Poule au pot)」で丸鶏と野菜の煮込みでございます。
この料理が誕生したきっかけは南仏に生まれたブルボン朝の王様、ヘンリ4世が、
日曜日には自分の国の耕作をする人々すべてに鍋で煮た鶏を食べて欲しい、
と、1600年に呼びかけたのがきっかけ。
前々から、本場の作り方で作ってみたいな、と思いレシピを探して初挑戦です。
RePL1EIStB3CmB21518302641_1518302881[1]
ということで、切り分けまして実食です!って作ったの自分ですが。はは。
これがですねぇ、鶏の中にひき肉を詰め、野菜と煮込んで、
簡単なソースをかけるだけなのですが、
あっさりでとても美味しかったのですよ!
ひと昔前のフランス料理というと、くどいイメージがあるけど、
もっと昔々だといろいろ使い過ぎないでシンプルで
くどいの苦手な日本人の自分のようなものでもぜんぜん大丈夫なのかも、
と思いました。面白いです~。
でですね、これは丸鶏を使わずもっと手軽な鶏で近いものが出来そうなので、
レシピを考えてみたいなぁと思っております。
1600年に誕生したフランスの伝統料理が日本でもお手軽に
召し上がっていただくことが出来たら、なんかちょっと素敵ですもんね。
JGamCrRNB3kGvqA1518302976_1518303066[1]
そしてデザートも昨日はありまして、
旦那が近所で一番美味しいバゲッドを置いてるパン屋さんで
バゲッド買うついでに買ってきたチョコレートケーキです。
お味はですね、凝ってなくて素朴系。もう少し甘くない方がいいけど、
でも悪くなかったです。
たまにはこういうのも雰囲気も含めよいものです。
子供の頃は100円ケーキだってとっても嬉しかったですもんね。
さて、パリの雪も消えはじめ、今日は冬晴れです。
もう降らないで欲しいなぁ、と願っているのですが、どうでしょうかねぇ…。

※コメントの返信が遅れてごめんなさい。
マルシェから帰ってきたらさせていただきますね!

……………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

LvrzqQOJ_vl_Qzn1518180261_1518180353[1]
モード館→2018年版プランタン・パリ探検~モード館編~
の後向かったのはこのメンズ館。
でもメンズ物が見たいというより、
この館の7階と8階に行きたかったのです。
LvUNEteA2NhvRDG1518180456_1518180546[1]
と言いますのも、何と今年の1月10日にこの7階と8階に、
「プランタン・ドュ・グー(PRINTEMPS DU GOÛT)」という
新しいグルメのフロアが新オープンしたばかりだから。
これはなのでかな~りのホカホカ情報です♪
で、このグルメのフロアにお店を開いた代表たち4名がこの方々。
左から、日本でも知られている有名パン職人の
ゴントラン・シェリエ(Gontran Cherrier)、
白いひげのムッシューはM.O.F(フランス国家最優秀職人賞)もとったチーズ熟成士
ローラン・デュボワ(Laurent Dubois)、
エキゾチックな顔立ちさんは人気料理人の
アクラム・べナラル(Akrame Benallal)、
そして、私も好きなパリ近郊の小さな美しい町サンリス出身のパティシエ
クリストフ・ミシャラク(Christophe Michalak)。
rv17pnySmbDdAHl1518180850_1518180935[1]
さてさてどんなかな、と期待に胸を膨らませながら上がります。
ZeLbWSMjouNhbRe1518180642_1518180730[1]
まずは7階の「レピセリー・フィン(L'Épicerie Fine)」、上質な食料品のフロアで、
エスカレーターを上がってすぐにあるのがワインセラー。
小さなバーカウンターもあってシャンパンなども楽しめるよう。
ちょっと一杯出来るのって嬉しいんですよね。
ZKkd4gvODcrFfpN1518181576_1518181658[1]
すぐお隣には落ち着いたコーヒー専門店「ロミ(LOMI) 」があって。
YYY46guNP7NnL8f1518181764_1518181883[1]
コーヒーだけじゃありません。紅茶専門店「パレ・デ・テ(PALAIS DES THES)」や
キャビアとスモークサーモンの「ビザンス(BYZANCE)」。
6YvASdevXKlbe4T1518181979_1518182073[1]
トリュフの「ラ・メゾン・バルム(LA MAISON BALME)」、
フォアグラの「メゾン・デュベルネ(MAISON DUBERNET)」もあって、
すべてにイートインコーナーが併設されてます。
しかもどのお店からも窓からパリの町並みが見渡せるのです。
ちなみにトリュフチーズなどを使ったサンドイッチが確か
7ユーロくらいからだったかしら。
TpgASky4dVjVRyV1518182199_1518182293[1]
そしてさらに歩くとイートインというよりちゃんとしたレストランがありまして、
見てみると先ほどご説明させていただいたフォアグラのメゾン・デュベルネと
有名シェフ、ティエリー・マークス(Thierry Marx)がコラボしたお店だったのです。
ティエリーさん連れてきたか、なるほど、と1人ほほ~、でございます。
IZmksbKDnX3sKQQ1518182412_1518182518[1]
形式は、ショーケースに並んだお料理やお惣菜を選んで、テーブルでいただくスタイル。
McIiGdx6QiAB1yd1518182615_1518182717[1]
でもキロ表示なので慣れないと買うのが不安ですが、
私はいつも100gで値段とだいたいの量を想像して納得度を考えます。
ここはちょっといいビストロくらいのお値段と見ましたよ。
お味はどうなんでしょうかねぇ。実食したいリストにちょっと入れておこうかな…。
qgp55sHiP5ojZO41518183969_1518184067[1]
このレストランもですが、フロア全体に統一感があって、
お店ごとに大きくデザインを変えていないので
かえって本当に食べたいものを選びやすいかも、って思いました。
2uCZe81dPyWC2m91518181095_1518181187[1]
そしてフロア中央には、フランス全土から集めた選りすぐりの2500以上の
100%フランスのものだという食材がズラリと並んでおります。
いや~、100%フランスのものって、これいいですよねぇ。
ここまで見て思ったのが、ギャラリーラファイエットのグルメ館との違い。
ギャラリーラファイエットのグルメ館は0階(日本で言う1階)と地下1階で、
こちらプランタンは景色も楽しめるし、新しくすっきりとしてかなり落ち着いた雰囲気。
人気を誇っていたギャラリーラファイエットのグルメ館ですが、
ちょ~っと形勢が逆転しちゃいそうな感じかも…と思っちゃいました。
ということで今度は8階に行ってみましょう!

……………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

9doCl0FL_IF5CQB1518169772_1518169848[1]
今日はプランタン探検記事をちょっとお休みさせていただきまして、
急遽パリ雪記事でございます。
ニュースでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
結局パリは長雨からの洪水の後、今度は突然31年ぶりの大雪に見舞われております。
で、昨日は雪が止んで青空が広がり、
郊外も市内も一応電車もバスも大丈夫ということで、
午後からちょっくらパリを歩いてきました。
エッフェル塔は6日の次点で閉鎖となっておりましたが、
昨日は開いていていつもの行列。
でもエッフェル塔前のシャン・ド・マルス公園の庭は立ち入り禁止。
かなり積もっておりますねぇ。
u8W8_SWW9uD_uZ51518126147_1518126236[1]
m4cuXTkm0OmHL4F1518127792_1518127971[1]
ほんとはモノクロチックな陰影のあるフォトを撮りたかったのですが、
明るい雪景色となっております。
sufZ6aRh1SohuFH1518126762_1518126895[1]
一番撮りたかった墓地もどこも閉鎖。
残念ですがしかたありません。
91jppcIHRlYf5861518126506_1518126612[1]
そのかわり、モンマルトルの保育園の前で。
aF7D7xYFqz1UtiT1518125915_1518126048[1]
かわいい手袋の忘れ物発見。
青空で気温もそれほど低くはなかったので、
忘れぬしちゃん、大丈夫だったかな。
わたくしも靴下2枚でやってみましたが大丈夫でした。
sKDNjy9VYxAA59Y1518127068_1518127229[1]
パリで一番高い丘、モンマルトルでスキーをする映像をご覧になった方も多いかと思いますが、すぐに立ち入り禁止になったので昨日はスキー人は見かけませんでした。
スケートチックなことをしてるちびっ子たちはいましたけどね。
qTEDDJpqWFzFGuN1518127409_1518127675[1]
31年ぶりもそうですが、何年かぶりの積もる雪で、
真冬のパリをちょっと復活思い出した感な感じでございます。
あと数日は雪がちらつくようなのでパリにご旅行に来る予定の方は、
あったか~い恰好で歩きやすい靴で靴下多めでしっかり準備なさってくださいね。
あ、今また粉雪が…。

……………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ