R1132027 - Copie - Copie
昨夜はTVで「ピアノの森」が放送されていて、しかも字幕だったので嬉しくて、
それを観ながらこのレシピの材料と作り方を書きました。
声に聞き覚えはあるけど誰かな、と調べてみたら、上戸彩さんと大好き神木くん。
知らないとわからないものだなぁ、でもやっぱり俳優さんだなぁ、と。
で、面白かったのですが、これからという時にまさかのエンディング!
旦那と2人してちょっとずっこけそうになっちゃいました~。
でも原作の漫画では先がずっと続いているようで。
序章的だったんですね。続きも観たいなぁ、と思いました。
ということで小さな旅の途中ですが、木曜レシピコーナーを入れさせていただきまして。
昨日の昼食の出来立てのほやほやな1品、
「サバ缶焼きそば、ナンプラーレモン醤油風味」です。
日曜日にジヴェルニーに行こうと決めていたので、
毎週金曜日のまとめ買いを最低限のものにしたのですが、
そしたら冷蔵庫が昨日の時点で結構スカスカ。
なので残り野菜とそして常備の缶詰めで何か簡単に作ろうと。
で、ちょっと前にトマトと合わせたサバ缶スパゲティーをご紹介しましたが、
今度は焼きそばちゃん。若干被るのは否めませんが、
味はぜんぜん違いまして、こちらはあっさりアジアン的。
自分、ソース焼きそばと同じくらいアジアン味や醤油味、塩味も好きなんですよね。
で、またまたパクチーが入るので顔をしかめたそこのあなたさま!
パクチーお嫌いでしたら青ネギやニラでも。
ニラの場合だけ軽く火を通してもらえばいいかなと思います。
ってかほんとはあればニラにしたかったけどなかったのでパクチーにした感じです。
調理ポイントははじめに茹で焼きそばをカリッと焼いていったん取り出しておくこと。
これで水っぽい焼きそばになりません。
だしのもと系は使ってませんが野菜たっぷりあっさりなうまみでいけます♪
それでは材料と作り方です!
……………………………………………………………………

材料(2人分)
 ・ほぐしたサバ缶100g ・キャベツの千切り150g ・玉ねぎの薄切り100g ・人参の千切り100g ・にんにく1個を包丁の背でつぶしたもの ・生姜のみじん切り小1 ・赤唐辛子の輪切り1/2本分~ ・オリーブオイル又はサラダ油大2+大1と1/2 ・レンジで軽く温めほぐした茹で焼きそば麺2人分 ・パクチーの粗みじん切り30gくらい+少々 ★ナンプラー大3 ★レモン汁大3 ★レモンの皮のすりおろし1個分 ★醤油大1強 ★粗びき黒胡椒適量

作り方
フライパンを熱しこの後焼く焼きそばが焦げ付かないよう十分熱くなったら
(テフロン加工なら温まればOK)
オリーブオイル大2を入れ全体に馴染ませ、茹で焼きそばを入れ、
全体に広げしばらく触わらずやや強めの火でそのまま焼き、
片面がカリっと焼けたら、軽く混ぜ炒め、いったん皿にとっておく。
同じフライパンにオリーブオイル大1と1/2を足し、にんにく、生姜、赤唐辛子を入れ、
中火で炒め、香りがたったら玉ねぎを入れ火を少し強めて炒める。
しんなりしたら、人参とキャベツも加えさっと炒め、軽くしんなりしたら、
サバを加えまたさっと炒め、焼きそばを入れ、ほぐしながら軽く混ぜたら、
★を入れ全体に馴染ませ、火を止め、最後にパクチーを入れさっと混ぜる。
皿に盛り、パクチーを散らして出来上がりです
R1132032 - Copie - Copie
レモンがお好きでしたらいただく時にさらにぎゅっと絞っていただいても美味しいです♪

あ~んど。
このレシピと同じくお手軽な材料でできるちょいとアジアンなレシピも
併せてご紹介させておいていただきますね。
簡単好評です→Cpicon ナンプラー風味の超あっさり春雨入りスープ by milketmoi
主な材料はピーマンとピーナッツ→Cpicon ピーマンとピーナッツのほんのりアジア炒め by milketmoi
もやしがボリューミィーな美味しいおかずに→Cpicon 豚ネギもやしのにんにくナンプラー醤油炒め by milketmoi
マヨ使いのあっさり焼きそば→Cpicon セロリとベーコンのマヨ醤油レモン焼きそば by milketmoi
汁なしがこれまたアジアン的→Cpicon 手軽で簡単に*アジア風汁なし麺 by milketmoi

ということで次回はジヴェルニーご紹介記事となります!
……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG9250 - Copie
日曜日11時出発ののんびり小さ旅のご紹介です。
(モンマルトル記事は私の方で少しずらさせていただきますね。申し訳ありません)
さて、目的の村までは我が家から車で1時間ちょっとくらい。
その間ちょっと立ち寄ってみた場所は、
先ずはアンティーク&ブロカント雑貨店。
お店の前のベンチにはマダムが毎日座ってお迎えしてくださるようです。
ふと、ぽたぽた焼きのおばあちゃんを思い出しました。
甘辛いぽたぽた焼きが子供の頃大好きでした♡
RIMG9254 - Copie
二階まである広い店内は結構な数の商品で状態のよいものばかり。
古いもの好きなうちらですがいつも超安いリサイクル店エマウス&ブロカント市ばかりで、こういったお店は見るだけのことがほとんど。
でもここはお値段お安めで良心的&お店の方がとてもサンパ(sympa=感じがいい)
気にいってしまったので心の中にメモメモです♪
RIMG9256 - Copie
かなり古い素敵なリキュールセットも30ユーロくらいだったかしら。
クリニャンクールだったら軽く100ユーロ以上じゃないでしょうかねぇ。
RIMG9261 - Copie
次に立ち寄ったのは「ラヴォワー(Lavoir)」。
洗濯機がない時代まで使われた公共の洗濯場です。
RIMG9263 - Copie
昔、ここに村の人が集まってせっせこせっせこ衣服を洗っていたのですね。
RIMG9264 - Copie
でもフランスにはこんな洗濯場のことわざがあるんだそう。
「On ne lave pas son linge sale en public」で、
そのままだと「私たちは公共洗濯場で汚れた服を洗うことは出来ない」
という意味なのですが、実は、
洗濯場に集まると、人々同士が聞き耳を立てていたり、
衣服の汚れを見ていたりしてそれがあっという間に広がるのでよくない、
ということだそう。
RIMG9265 - Copie
フランスは他人への干渉が決して多くない印象ですが(特に都会のパリは)、
やはりそんなこともあったんですねぇ。
RIMG9267 - Copie
この川で衣服をゆすぎながらそれが繰り広げられていたかと思うと、
ちょっと面白い。しかし、なかなか注意が必要ですね!
RIMG9266 - Copie
それも過ぎ去った日々。
そんなことを思いながらまた車に乗り込んで、
そしていよいよ(にしてはゆる~く)目的の場所へ。
RIMG9309 - Copie
花々が咲き、緑豊かな小さな美しい村に到着です。
RIMG9311 - Copie
ここはノルマンディーの小さな村、ジヴェルニー。
クロード・モネが晩年を暮らした「モネの庭」にやってきました~

                 つづく
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG8491 - Copie
ミュミュとアンちゃん(ジョンアンナ)の2ぴきっ子はうちに来たばかりの頃は、
お留守番の時にピピ(おしっこ)カカ(うんち)をたまに家の中にしちゃったのですが。
今はそれがなくなって。
RIMG8482 - Copie
そうそう。何度かパソコンがなぜか起動してる時もあって。
あれ?消し忘れたかな?と思ったら。
ある日、テーブルの上に飛び乗ってキーボードの上を歩いてるアンちゃん目撃!
アンちゃん!って言ったら、やべっ!って顔してすぐ飛んで降りてました。
起動の犯人はアンちゃんだったんです~。
RIMG8481
それも今は飽きたのかなくなって、いつもいい子でお留守番ちゃん。
パパもママもいない時はみんなどんな風に過ごしてるのかな、と、よく考えます。
焼きもちは皆それぞれあるけど、でも結構仲良しこよし。
一部の人間のような激しい競争心みたいのはないかな。
競争でも人として最低限のマナーがあるよなぁ、
と思うことがつい最近もありました。
今までも、もう何度も何度も何度もなんですけどね…
でもほんとなんだかばかばかしいことに気づきまして。
やっぱり自分ペースでいいんだな、って。
かわいい元気ベベたちもいてくれますし♡
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

↑このページのトップヘ