Foto (179)
おしゃれで超簡単だけど美味なレシピのご紹介でして、
「アンディーブのオレンジキャラメリゼソテー」です。
でもこれ、私のオリジナルではなく雑誌で紹介されていたものを参考にした1皿。
正式レシピではクレモンティーヌ(オレンジとミカンの間っぽい果物)を
使っていたのを、うちにいつもあるオレンジを使って作ってみました。
あまりにも簡単なのでどうかな、と思ったのですが、美味しくてびっくり!
これはアンディーブがお手軽な
フランス&ヨーロッパ在住の方にぜひお試しいただきたい。
そして日本でもアンディーブ=チコリ、だんだん浸透しているようので、
ただしまだちょっとお高めなようなので外側のところはカナッペに、
Cpicon 【家ビストロごはん】チコリ胡桃のカナッペ by ルロワ・モワ
そして芯に近いところを、このキャラメリゼにしていただいてもよいと思います。
3個くらい買っていただいておしゃれに2つの味を楽しむ的な?
調理ポイントは調味料でしょうかねぇ。
バターとオレンジでキャラメリゼしたアンディーブのほんのりな苦みと甘み。
そこにピーマンデスプレッド(バスク地方の唐辛子パウダー)でピリッと辛みを+。
ピーマンデスプレッドのかわりにチリペッパーパウダーでもOKです。
超簡単ですが、この組み合わせがこのレシピの醍醐味。
そしてフランス的で新鮮だなぁ、と思います。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・小さめのアンディーブ3個の底を少しだけ切り取って縦半分に切ったもの(170gくらい) ・オレンジのしぼり汁25ml ・オレンジの皮の千切り少々 ・バター20g ・塩胡椒少々 ・きび砂糖または砂糖大1 ・ピーマンデスプレッド(またはチリペッパーパウダー)適量
アンディーブが大きめの場合は
バター、オレンジ汁、塩胡椒、砂糖の分量をそれぞれ増やしてください。 

作り方
フライパンを中火よりやや強めの火にかけバターを入れ溶けたら、
アンディーブを切った面から下にして並べ、
途中火を加減しながら両面色よく柔らかく焼き、塩と胡椒をする。
オレンジのしぼり汁ときび砂糖を入れ、少し火を強めて、
フライパンをゆすってアンディーブに汁をからめながらキャラメリゼする。
汁がほどよく残っているところで火からおろす。
皿にアンディーブを盛り、煮汁をスプーンで回しかけ、
オレンジの皮とピーマンデスプレッドを散らして出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!