novembre 2015

RIMG43288 - Copie

賞味期限が近い使っちゃわなくちゃなパイ生地があったのでキッシュを作りました。で、久しぶりに玉ねぎたっぷりの定番キッシュ・ロレーヌっぽいのが食べたいな、思ったのだけどベーコンがなかったし、ベーコンなしの野菜だけのもいいな、でもちょっとオリジナル感欲しいな、と、大事な大事な日本食材専用棚から取り出しましたよ切干大根さ~ん。そして野菜の自然な甘みをさらに全面に出したかったので人参も入れてみまして。さてさてお味は?思った通り野菜の甘さがめっちゃ出てて美味しい。切干大根の程よい風味もよいよいで野菜超ぎっしりメインのキッシュの出来上がりです!それにこれは玉ねぎ、切干大根、人参の分量を変えると味わいがまた若干違ってくるなぁ、とも思いました。切干大根をさらに多めにすれば(切干大根貴重なので自分的ギリギリ最大量にしました)和の香りがさらに強いかも。なので野菜たちの分量はお好みに調節していただけたらと思います。卵2個&生クリームも100ml使いのあっさりとした味わいなので朝食や週末のブランチに簡単グリーンサラダでも添えていただければ立派な1品になるかと思います。それでは材料と作り方で~す。

………………………………………………………………………………………………………
材料(タルト一枚分)
・玉ねぎの薄切り380g ・切干大根50g(水で戻し水気を絞って切っておく) ・人参の千切り100g ・にんにくみじん切り大1片分 ・オリーブオイル大2 ・バター15g ・醤油大1と1/2 ・塩胡椒少々 ★溶き卵2個分 ★生クリーム100ml ★豆乳または牛乳100ml ★溶けるチーズ50g ★塩胡椒少々 ・チルドパイ生地1枚

作り方
①オーブンを200°で予熱開始。タルト容器にパイ生地をしき、はみ出た部分は切りとり、フォークで穴を数か所開け、その上にオーブンシートをのせ、その上に重しをのせ(私はサンチームコインを使用)、200°のオーブンで7~8分焼いたら、取り出し、重しとオーブンシートをとり、そのまま置いておく。オーブンは180°で再度予熱開始。★を合わせて混ぜておく。
②フライパンにオリーブオイル、バター、にんにくを入れ、中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れ、甘みが出て半量くらいになるまで炒め、人参を入れしんなりするまで炒め、切干大根も加え、炒め合わせる。醤油と塩胡椒で味付けする。
③ 合わせた★に炒めた玉ねぎたち野菜を入れさっと混ぜたら、おいておいたパイ生地に流し入れる。
④180°のオーブンで20分くらい焼いてこんがり程よい焼き色がついたら出し、少し冷めたらタルト容器から皿に移し、切り分けていただく。

※オーブンの焼き時間はそれぞれで調節してください。切りとって残った半端パイ生地は私はよくちゃちゃっとこれにしています。 
Cpicon プロヴァンス・ハーブで超簡単おつまみパイ by milketmoi
この時も最初のキッシュのパイ生地だけを焼く時に一緒に横においてオーブンで焼いて、旦那の簡単おつまみになりました。
………………………………………………………………………………………………………

そして別のキッシュも1つご紹介させておいていただきますね。こちらはスモークサーモンやディルも入ってちょっとリッチ感ありです。今の時期でしたらアスパラをブロッコリーやほうれん草にしていただいても美味しいかと思います。
Cpicon アスパラとサーモンとディルのキッシュ by milketmoi


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッと応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


今日は旦那が見つけたこのめっちゃかわいいヴィデオ・クリップ&音楽と共に行こう。



RIMG42871 - Copie
「す~っかり秋ですねぇ」
と、久しぶりカヌーな女。
「そうですよ」
と、ちょくちょく一人カヌーしていた男。

RIMG42876 - Copie
って、何だか原田知世のコーヒーのCFみたいだ。
でもきっとあれはぽかぽかの春とかジリジリ暑~い夏に撮っているのかなぁ。
RIMG42877 - Copie
ついこの間までの眩しいキラキラとしていた光も暖色木漏れ日色。
人々は皆ウールの服に衣替え。ま、こっちの人衣替えあんましないけどね。
RIMG42886 - Copie
同じ場所だけど、風景も心の色も変わっていてあの時とは違う場所のようです。
忘れられない季節というのは素敵で大事です。
RIMG42883 - Copie
時間は、人生は、川はしっかり流れていますね。
RIMG42890 - Copie
いつかこの流れの中でわたし自身もなくなるんでしょう。
空の中の見えないものになるんだろう。
それまで私にとっての素敵で大事なことたちをいつも胸に留めて生きていこう。
RIMG42896 - Copie
ってこの日はたいした会話してないからちょっとこんな風に書いている。
RIMG42891 - Copie
旦那・moi「ボンジュール!」
カヤックマドモアゼル「ボンジュール!」
RIMG42903 - Copie
Pirates Canoe(パイレーツ・カヌー)なかなか素敵じゃないですか。
な~んてわたくし知らなかったのだけど。
旦那でかしました!なんちって。
京都を拠点に活動しているんだそうです。
でもヴォーカルのエリザベス・エタさんがアメリカ在住なので帰国に合わせて活動したり、アメリカでライブを行ったりもしているそう。
RIMG42906 - Copie
(話を戻しまして)
すると苦手な広めの川っ子に出た~。
でもこの日は不思議と恐くはなかった。
RIMG42911 - Copie
RIMG42912 - Copie
だから
RIMG42914 - Copie
ただ大きく静かに漂った。
漕ぎは旦那におまかせして…
RIMG42917 - Copie
そしてまた小川へ。
橋の上の感じのよいお2人「ボンジュール!」
旦那・moi「ボンジュール!」
感じのよいお2人のムッシュー「素敵なカヌーだねぇ」
旦那「メルシー!」ってめっちゃ嬉しそう。
RIMG42919 - Copie
旦那・moi「ボンジュール!」
カヤックムッシュー「ボンジュール!」
RIMG42924 - Copie
あそこにある木、とっても綺麗よ!見てみて!
と途中で通りかかったマダムが一生懸命教えてくれたその木。
知らない私たちにあんなに言うなんてかわいいらしい人だ。
ちょっと旦那と共通点。でも旦那は話が長過ぎるので注意してしまうmoiっちなのだ。
ちょっと厳し過ぎかなぁ…
RIMG42941 - Copie
旦那・moi「ボンジュール!」
彼氏・彼女「ボンジュ~ル」
RIMG42942 - Copie
彼氏、頬杖ついたままニヤリとけだるくデコボコカップル私たちに微笑む。
だからmoi心の中で突っ込ませていただいた。

パリジャンか。

RIMG42926 - Copie
さてさてスイスイゆらゆら先へ進もう。
川の流れに身をまかせ。
RIMG42932 - Copie
このカヌーは2015のしるしみたいだな。
RIMG42933 - Copie
母ちゃんはもうありがとうがたくさんだ。
RIMG42930 - Copie
じゃ。眠たい坊やがべべちゃんのようにクンクンぐずっているので、
ちょっと抱っこしてきま~す。


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村

RIMG42969

旦那が先週突然お腹をこわしまして(同じものを食べていた私はぴんぴんです)、食欲もない、って柄にもないこと言うもんだから、お腹に優しいもの、と思って作ったらあっさり美味しくて、私もパクパク食べちゃった~、という1品「長いもと昆布のリゾット」のご紹介です。
実はこの長いもさん、アジア食品屋さんで買ってきて、毎朝4㎝くらいずつすりおろしてワサビとお醤油ちょろっと入れて私一人素敵秘密とろろかけ朝ごはんしていたのですが、こうなったら旦那にも(しぁ~ない?)食べさせましょう、ということで、そしたらせっかくならオリジナルに挑戦しよう、それなら失敗したくない、だって長いも、そのへんのスーパーでは売ってませんから結構貴重なんですよ。ってことで納豆は食べれるけど、決して、納豆好きだぜベイべ♡な旦那じゃないので、同じねばねばな長いもさん、100パー和だとちょっとどうかなぁ、と思い、リゾットに。でもだしは旦那も大好きな昆布だしにお醤油もちょろり。でもバターとパルメザンで洋も取り入れて。んでも焼海苔でやっぱりシメは和仕上げ~、みたいな。なので味ポイントとしては和と洋の風味コラボだけどかなりさりげなくで、そして最後に入れるほぼ生の長いもののシャキシャキ感と先ほどもお伝えしました海苔でしょうか。冷ご飯でも簡単に出来ますので気軽にお試しいただけたらと思います。あ、それから旦那のお腹ですが、私の作ったものが何かいけなかったかなぁ、と作ってる方としてはそりゃ考えちゃったんですが、ちょっと聞いてみたらあ~た、夜中にちょっと暑くて毛布はいでたら朝方寒かったんだぁ、たぶんあれだなぁ、ってさらって言いまして。それ最初言ってほしいんですけど~、ってあたし思いましたですよはい~。

………………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・昆布だし500~550mlくらい ・その戻しただし昆布の千切り(乾燥したもの3×8㎝を2枚分くらい) ・エシャロット又は玉ねぎのみじん切り20g ・オリーブオイル大1 ・米100g  ★醤油小1 ★塩胡椒少々 ★皮をむいて角切りにした長いも120g ★バター12g ★パルメザンチーズ大3 焼き海苔適量

作り方
①昆布は前の晩に水550mlに入れ戻しておく。戻した昆布を細切りにする。
②小鍋にオリーブオイルとエシャロットを入れ中火よりやや強い火で炒め、香りがたったらお米と昆布を入れ炒める。油がよくなじんだら昆布だしを少し入れ炒める。水分がなくなってきたら昆布だしをまた数回に分け何度も少しずつ入れ、炒める、を繰り返す。お米がアルデンテ気味に程よく柔らかく煮えたら、★を入れ、さっと混ぜたらすぐ火からおろす。
③器に盛り、ちぎった海苔、またはもみ海苔をたっぷりかけ出来上がりです。
………………………………………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

RIMG42854 - Copie

スーパーでもマルシェでもいろんなきのこが売られている今の時期、我が家も買い物のたびに日本では見かけないような新顔きのこさんたちが登場します。今回はそんなきのこさんの1つジロール茸によく似たシャントレル・ジュヌ=Chanterelle jauneとアジア食品屋さんでかったしめじと、そしてフランスでは一年中新鮮なものがお手頃で売っているマッシュルーム(フランスではシャンピニオン・ド・パリと言います)を使った、焼いたペンネの歯応えもたまらない「きのことゴルゴンゾーラクリームのペンネグラタン」のご紹介です。

RIMG42859 - Copie

ペンネグラタン、大好きで人様の美味しいのも、自分でもオリジナルでときどき作っているのですが、今回のこれは自分オリジナルで作ったものの中では一番美味しく出来たかなぁ、と自分的に大満足で、旦那と2人で、美味しいねぇ、とちょっと止まらなくてあっちゅうまに完食しちまった1品。具材もあえて肉類などは使わずきのこと玉ねぎだけにしたのもきのこのうまみとゴルゴンゾーラの風味がシンプルにひきたってよかったかな、と思います。調理ポイントはきのこをしっかり炒めて水分を飛ばしてうまみを引き出すこと。きのこはお好きなもの、あるものを使っていただければと思います。椎茸を入れていただいてもきっと美味しい。椎茸、フランスで今結構人気ものなんですよ~。

………………………………………………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・きのこ数種類150g(今回はマッシュルーム、しめじ、ジロール茸に似たシャントレル・ジュヌ=Chanterelle jauneを使用) ・にんにくのみじん切り2個分 ・玉ねぎの薄切り120g ・オリーブオイル大2と1/2 ・生クリーム300ml~ ・粗く切ったゴルゴンゾーラチーズ70g~(ロックフォールやブルーチーズでも) ・粗挽き黒胡椒適量 ・パン粉15gくらい ・パルメザンチーズ15gくらい ・ペンネ80g

作り方
①ペンネを茹で始める。きのこは軸があるものは少し切り、しめじのようなものは小分けにし、大きめのものは食べやすく切る。オーブンを230°で予熱開始。
②フライパンににんにくとオリーブオイルを入れ中火にかけ炒め、香りがたったら玉ねぎを入れしんなりするまで炒め、きのこを加え炒め、水分が出てその水分がなくなるまでしっかり炒め、きのこのうまみを引き出す。生クリームとゴルゴンゾーラを入れ、混ぜながらゆっくり溶かし、溶けたらいったん火を止める。
③ペンネが茹で上がったらよく湯を切り、②のきのこソースの中に入れ混ぜ、とろみが足らなければここで少し生クリーム(牛乳でも)を足し伸ばし、味を見て足らなければ塩と、粗挽き胡椒をする。胡椒はちょっと多めがおすすめです。これを耐熱容器に入れ、パルメザンとパン粉を振りかける。
④230°のオーブンで20分くらい焼いて香ばしい焼き色がついたら出来上がりです。

※ゴルゴンゾーラの量もそれぞれで塩気が違うのでお好みに調節してください。またオーブンの焼き時間もそれぞれ違うので調節してください。

………………………………………………………………………………………………………

おまけ
RIMG41177
今回のグラタンにはどこのスーパーでもだいたい置いている左のパン粉「Fine Chapelure de Pain」を使いましたが、日本の粗めのパン粉でもサクサクして美味しいと思います。残りパンをミキサーでガ~ッ、していただいてももちろん素敵です。私も旦那にしょっちゅう、もったいないもったいない、言ってます~。でもこの説明がほんと難しいのですよねぇ。外国人ご家族がいらっしゃる方々、どんな風に説明してるのかなぁ…


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

2625735[1]
用事が終わってたまたま乗った夕暮れのバス82番。
パリの街中をこうして通り過ぎるのは久しぶりで。
1人でいるのにちょうどいい感じ時間。
2625740[1]
そんなんでぽんやり街並みを眺めていたら、あらエッフェル塔。
しかもちょうど6時でキラキラタ~イム。
2625724[1]
彼女のキラキラタイムは何度も見ているけどバスの中からははじめてかも。
と、キャメラパチパチお上りさんタ~イム。
2625743[2]
バスの中はいたって普通なのもよいよい。
だって(たまたま)エッフェル塔プチプチ(1人)バスツア~。
2625748[1]
でもこの時間結構渋滞~。
このへん住んでたのに知らなかった~。
でもだからパチパチするの焦らず済んでよかったわ。
2625745[1]
んだからキラキラタイム5分間、バスの中で余裕余裕。
2625753[1]
急ぐことがないっていい。
あ、でもべべたちがごはん待ってる~。
2625750[1]
でもも少し待っててねごめんよ、って心の中で言ったね母ちゃん。
2625754[1]
も少ししたらこのバス降りるからさ。
も少ししたら馴染みの駅からメトロに乗るからさ。
オペラでRER線に乗ったらそのあと駅からチャリだからさ。
って。
2625755[1]

そうしてエコール・ミリテールでバス降りて、
エッフェル塔眺めながら駅にたったか向かったんだ。



ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけるととても嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村


↑このページのトップヘ