avril 2016

RIMG47192
今週も週末があっちゅう間にやって来ました~嬉すぃ♪
何が嬉すぃってご馳走が食べれることです!へへへ。でもそのご馳走は自分が作らなくちゃいけないという、ま、そこはしかたない…。ああ、美味しい料理を作ってくれるお嫁さんが欲しいなぁ~。
ということでごはんのご紹介で~す。
先ずは今週もお皿さんからでコチラのガラスの小さな器から。
実はこれ70年代くらいまでのあのヌテラの容器。これにヌテラが詰められアルミの蓋がついて売られていたそうです。今のよりずっとかわいいのです。どうして昔の方がかわいいのが多いのかなぁ。
RIMG47195
これにはもう1枚ブロカント食器を合わせ茹でエビを入れオーロラソースを添えました。
我が家は夫婦二人して海老がだ~~い好き。あの有名はカニよりも好き。たまに美味しいけどね。それからイカよりも…いや、イカは負けないなぁ。イカもうまいねぇ~。
RIMG47197
2皿めはコチラ。オーソドックスな雰囲気の1枚で、それほど頻繁には登場しないのですが今回はたまには使ってあげなくちゃ、って。
RIMG47199
これには3種のおつまみを。左から順に、
Cpicon さっぱりコク旨*胡瓜と梅のクリチあえ* by 陽翔mam
Cpicon モロッコインゲンとじゃこの炒めもの by violets
Cpicon アボカドをマヨ昆布茶で☆彡 by マイコ☆彡
梅のクリチあえはずっといただきたかった1品。クリチのこくに梅の酸味がよいよい。
モロッコインゲンはじゃこと合わせますがオリーブオイルで炒めるので風味がよい。オイルっていいお仕事します。あ、最近オイルおにぎりが流行っているようだけど納得納得。私も挑戦してみようかな。
そしてアボガドは先週末作って簡単で美味しかったのです~ぐリピ。大好きレモンの風味もよくて美味すぃわ。
RIMG47204
3皿めはコチラ。
Cpicon ❁わかめとひき肉のスープ❁ by ゆけり3兄弟
海藻は積極的にとりたいし、わかめ(と海苔)は旦那が大好きだし、ひき肉と合わせるというのは私初めてで新鮮!で、お試しだったのですが、煮るだけで超~簡単なんだけどと~っても美味しかった!作者さんのお母さまの味だそうだけど、うんうんこの手軽さでこの美味しさで納得。
RIMG47205
4皿めはコチラ。超お気に入りのディゴワン・サルグミンヌの1枚です。
温かみがあって素朴でコロンとしてて、ああ、かわいい♡
RIMG47206
これには、
Cpicon ペンネとエビのゴルゴンゾーラサラダ by ミリラム
絵が見えませんがこれは絵が見えなくてもいいのですかわいいのですへへ。
で、このパスタサラダが想像以上に美味しくてびっくり!え、ゴルゴンゾーラとヨーグルト合わせるとこんな美味しいの?!って。これはミリラムさんのアイディアに拍手です!あっさりで美味♪
RIMG47210
5皿めはこれもお気に入りで頻繁登場のコチラ。
旦那がエマウスの埃がだいぶたまった山積みの中からめっけた1枚です。
RIMG47211
これには思いついて作ってみた自分オリジナルのひき肉はさみの大根ステーキ&玉ねぎステーキを。
お味はまあまあ美味しかったのですが、レシピご紹介まではいかない感じでした。でもこれはこの大根が特に美味しかったので独立させて1品に出来そうかなぁ、と。成功じゃなくても何かしら発見があったりするのでやっぱりやってみるの大事です。大根また旦那に発注しましょう。
ということで今日はパリ地方素晴らしい青空が広がって、旦那は早起きしてカヌーを車に積んでもう釣りに行っちゃいました。お昼には帰ってくるので気温がもっと上がったらお庭ごはんの予定です。イェイ!
それでは皆さま、引き続き楽しい週末&日曜の夕べを♪

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


RIMG43651 - Copie

我が家の新しい家族、ジョアンナ&ジェンカ。2歳になったばかりの姉妹です。
ポーちゃんが空に行って入口の見えないトンネルの中のような心でした。
でも、それでもまた新しい子を引き取ることは心に決めておりました。
それは身勝手な人間たちに振り回されセンターで新しいパパとママを待ってる子たちがたくさんいることがわかっていたから。
ポーちゃんに出会ってわかるようになったことです。
フランスの海外地域圏、インド洋にあるレユニヨン島から救出された子たちです。
レユニヨン島では恐ろしいことに、小さな犬を餌として海に放り込んで魚を獲ることが当たり前に行われてきたそう。今では禁止になっていますが、今も隠れてやっている人間がいるのだそう。
新しい家族を探している時は耳を半分切られた子も見ました。犬の登録番号が入れ墨されているため、飼い主がバレないように耳を切りとってから捨てるんだそう。
人間のやること恐ろし過ぎです。許せません。
そんな身勝手人間のもとから奇跡的に助けられた、ポーの顔だちと重なるところがある子たちです。
はじめはどちらか1匹、と話しをしていたのですが、
生まれた時から一緒で救出も一緒でフランスにやって来たのも一緒で。
やっぱり離れ離れには出来ないね、と。で、2匹揃って家族として迎えました。

RIMG43629 - Copie

ジョアンナはキャラメル色の目。
来てすぐにママっ子になって眠る時もママの腕枕です。
どんどん焼きもちっ子になっていて今じゃダントツ1番!
しかも超おてんばでいたずらっ子で何でも口に入れちゃうのでいつも気をつけていないとです。
性格は3年前に空に行ったトュトュンと重なるところがあって不思議な感じがしています。
でもやっぱりまったく違う子。

RIMG44597 - Copie

そしてジェンカは優しい顔立ちと同じで性格も穏やかで控えめな子。
はじめから思いっきり甘えるジョアンナとは違って、甘えるけど様子も感じ取ろうとする慎重な面のある子。
でも今は本当の甘えっ子になって朝方ベッドでママに撫でられるのが大好き。
甘い甘い甘い子です。
ジェンカの方は性格が今度はポルカと重なるとこがあってこれもまた不思議に感じます。
でもやっぱり違う子。

RIMG43606 - Copie

姉妹だけど性格が正反対で面白い。
穏やかジェンカもやっぱり姉妹だからジョアンアとはたまに小ケンカするのも面白い。
はじめてお散歩に出た時は、ジョアンナは360°ただやみくもに走りまくり(今もですが)、ジェンカは恐くて震えて歩こうとしませんでした。
2匹ともお散歩なんて知らなかったのです。
でも今はお散歩がだ~い好き。飛び跳ねながら、きゅ~んきゅ~ん行こう行こう!って毎日大騒ぎです。
本当に可愛いです。可愛過ぎて抱き締めた時、ママはしょっちゅう歯ぎしりしてしまうくらいです。
姉妹で引き取って本当によかったと心から思っています。
ポーが空に行かなければこの子たちに会っていなかったと思うととてもせつないです。
そしてこの子たちが来ていなかったらたぶんまだ辛かったとも思います。
でも、だからこういう出会いだったのだと。
この子たちのための愛情がまたどんどん湧いてきて、愛は増えるばかりです。
ポーがいなくなった時、ポーの夢ばかり見て、そして覚めて、眠れなくなって、夜中にペットロスのコミュニティーを見ていた時、やはりわんこを見送った方の言葉があったのですが。
空に行った子はとても素敵な子。そして次に来る子はまた別の素敵な子です、って。
それがしみじみわかる今です。
優しいポーちゃんは絶対空から見守ってくれていると思います。
また言っちゃいますが。

いろんなことたくさん教えてくれてありがとうポーちゃん
愛してるよ

…………………………………………………………………………


今回こうして伝えられて本当によかったと思っています。
起こった出来事をブログに全部書く必要はないけど、それでも胸につかえるものがありました。
ほっとしました。
これからも1人でも多くの方が少しでも楽しい気持ちになっていただけるようなブログを目指し、
そして愛するべべたちのこともマイペースで綴っていきたいと思っております。
いつも本当にありがとうです。心から感謝いたします。

…………………………………………………………………………

ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG8389 - Copie

去年の秋、ポーちゃんが突然空に行きました。
様子がおかしくなって病院に着いた時は手遅れであっという間で。
心臓のどこかが突然壊れたようだと先生に言われました。12歳でした。
その夜はどこにぶつけていいかわからない怒りと悲しみで旦那と泣き明かしました。
8歳の時に里親探しのイベントで出会った女の子。
恐がりで優しくていつだって控えめな子。
来たばかりの頃はしょっちゅうビクビクしていて長い棒を持っている人がいるとぷるぷる震えて歩けなくなった子。
頬のところに叩かれた傷跡が残っていました。
でもだんだん新しいパパとママに甘えっ子になって、夜はママのそばでママを見つめながら眠るようになりました。
たった4年しか幸せ(そう信じています)じゃなかったことに怒りがありました。
8年も幸せじゃなかったことに怒りがありました。
ズルい人や卑怯な人が目にもつきました。
神さまはいないと旦那と言い合いました。
もしいたら私たちにしても、あんな心優しいポーにこんな残酷なことしない、と。
私たちの知らないポーの8年間を知りたくて、引き取った愛護センターにも行きました。
前の飼い主のことは話せないと言われたけど、1つだけ知ることが出来たのは、
ポーとあともう1匹のわんちゃんとである家から救出されて三ヶ月間センターにいてうちに来たこと。
たったそれだけでも知ることが出来て少しだけ嬉しかった。
でももし前の飼い主のことを知ったら…その足で向かって怒りをぶつけていたと思う。あの時の自分だったら。
もう1匹の子が今幸せに暮らしていることを願います。幸せになる権利があると思う。
今は思い出して、悲しむことより、かわいかったなぁ、って思うことが多くなりました。
ポーは空に行ったと思えるようになりました。
誰かが悲しんで泣いている間は空に行けない、と言う人もいるけど、
泣いてる間ポーは行こうとはせずそばにいてくれたと私は感じました。
そしてパパママの悲しみが癒えた頃、ポーのことだからそっと空に行ったと思います。

RIMG36587 - Copie

お庭でもたくさんの時間を一緒に過ごしました。
お散歩が大好きで大好きで。
亡くなる前の日は降ったり止んだりの小雨だったので行かなかったのが今も少し心残り。
ごめんねポー

RIMG37985 - Copie (2)

去年の夏のはじめ、カニキュールの時は知らない間にお庭に穴を掘ってこんな風に気持ちよさそうにちゃっかりネンネしてました。
ときどきおかしなことやるのがまた愛らしくて。
きっと今頃は旦那の亡くなった奥さんが見守る中で、ねこちゃんカシュンとわんちゃんトュトュンと一緒にいるかな、って思っています。
わんこやねこちゃんと暮らせることの幸せを知ること出来て私は本当に幸せ者です。
そしていつも思っています。

パパママんとこに来てくれて出会ってくれて本当にありがとう
ず~~っと愛してるよポー

って。


…………………………………………………………………………


いつもこのブログを見てくださり、応援してくださっている皆さま、
ポーちゃんのこと、ご報告が遅れたこと申しわけなく思います。
あまりにも突然で信じられなくて時間が必要でした。
そして本当に落ち着いた時にお伝えしようと決めました。
感じたこと、書きたいこと、忘れたくないこと、それからポーの夢もたくさん見て、
たくさん書き留めてもいたのですが、
今はそれらをここで全部書かなくてもいいと思うようになりました。
自分の心に留めておけばそれでいいのだと。
そう思えるようになってこうしてお伝えできる今が不思議です。
やはり時間、ですね。
そして次回は新しいご報告があります。
新しい家族のことです。
ポーも空から喜んでくれていると思います。
      
…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


2723778[1]
に、スイスイ~って行ってみました~。
2723779[1]
でも、まだちょ~っと冬と春の間っぽかったかな。
2723780[1]
日本は今お花がたくさん咲いているようですが、ここマルヌではもう少し先のよう。
スミレちゃんたちだけが咲いておりました。
2723775[1]
そして、シェ・ジェジェンヌもまだ開店休業中。
→「ZAZと秋とカヌーにのって
2723776[1]
と、思ったのですがHPを見てみたらPâques(パック、イースター)の時は特別に開店し、本格的開店である春夏期は、4月から、とだけ出ていました。
2723777[1]
もう開店しているのかもだけど水曜日はお休みだったかしら。
昨日はちょっと薄曇りだったけど今日はまた素敵青空が広がっているのでおうちのこと全部済ませたらまたチャリで行ってみようかしら…

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


RIMG47128 - Copie
いよいよ毎日ぽかぽかになってきた今日この頃。❀春春春❀でございます♪
ちょうど8年前の今頃日本からパリにやってきた時はかなり寒い春で、厚手の冬服は安い船便にして2、3か月後くらい到着にしていて、日本のように「4月は寒くても春服気分」で春物だけしか手持ちがなかったのですが。パリに着いてみたらまだぜんぜん冬みたいで、しかも日本ではオサレで超有名なパリジャンもパリジェンヌもめっちゃ冬服でしかもオサレな人思ったよりず~~っと少なくて。で、とにかく何枚も何枚も重ね着してそれでも震えながらしかし超新鮮楽し過ぎパリ生活をはじめたのでした。風景や言葉はもちろんただ通り過ぎる人々の顔も野菜や果物の違いや価格の違いさえも新鮮楽しくて。その時利用スーパーは住んでた7区のアパルトマンから近かった「カフェ・コンスタント」のすぐそばのスーパーか利用駅「エコール・ミュリテール」の階段上がってすぐのスーパーだったのですが、まだ生活始まったばかりだから節約感覚がしっかりしてなくて、あ、これ安い、あ、これ何だろう美味しそう、ってちょこちょこ買ってお試し。フムスやクスクス、缶詰のビスクスープやカスレ、アンディーブや見たことのなかった葉野菜や。そんな頃、駅そばの方スーパーの店先果物コーナーで見るからにかわいいフランボワーズも3パック4パックで4ユーロとかだったかな、忘れてしまったけどとにかく安くてしょっちゅう買っておりました。日本にいた時はフランボワーズなんてどこかレストランかなんかでたま~にしか食べたことなかったのに、そんなフランボワーズがめっちゃお手頃なんですもん。でも今はそんなフランボワーズちゃん、お庭で春と夏の間くらいと秋口にこれでもか~、くらい実をつけるのです。かわいい顔して実は結構強い子。しかもトゲが結構あるから実をとる時、痛っ痛っ、言いながらとってます。でも今日ご紹介の「帆立と青りんごのカルパッチョ、苺フランボワーズソース」はうちのお庭のではなく(まだ実がなっておりません)、旦那に発注して買ってきてもらったもの。まだちょっとだけ高かったよ、って。申し訳ないですありがと~。で、もしフランボワーズなんてないわ、って場合でも、苺ソースだけでも十分美味しいのでお手軽気分でお試ししていただければと思います。これはまったくの自分オリジナルで火を一切使わず超~簡単ですが、この帆立&青りんご&苺フランボワーズの組み合わせがとっても美味なのです。で、簡単なこともあり今回はドレッサージュを自分なりに考えてやってみましたが、で~もドレッサージュもこれまた簡単。おもてなしや恋のがんばりどころなどに生かしていただければと思います♡
それでは材料と作り方です。


…………………………………………………………………………
材料(2人分)
・お刺身用ホタテ6個 ・出来ればBIOの青りんご(グラニ-スミスがおすすめ)1/2~2/3個くらい ・苺2粒+1粒(合わせて60gくらい) ・フランボワーズ13粒 ・水25ml ・EXVオリーブオイル大1/2+仕上げ用に少々 ・塩少々  

作り方
 先ずは苺フランボワーズソース準備。苺のヘタをとり、2粒をフランボワーズ5粒、水、EXVオリーブオイルと共にミキサーに入れ、ピュレにし、少々の塩を混ぜてソースの出来上がり。苺1粒はみじん切りにする。

 帆立を準備。横から包丁を入れて3枚か4枚の薄切りにする。

 青りんごを準備。
 
RIMG47139
芯抜き器を使います。
RIMG47137
このように芯に合わせて一気にぶすっとさします。芯を取ったら、縦に四つ割りにして皮ごとスライサーで薄く切り、帆立と同じ枚数になるように数をそろえる。

※でももし芯抜き器がなければ半分に切って綺麗に芯を切り取っていただければOK。それとりんごはすぐ変色するので食べる直前に切ってください。もし少しでも置くようだったらレモン水につけておいてドレッサージュ直前に水気をふいてください。

RIMG47138
今回このお皿を使います。
 先ずは青りんごを上に少しずつ重ねながら一列に並べます。
次は帆立を下に少しずつ重ねながら一列に並べます。
真ん中の空いたところに①の苺フランボワーズソースを細長く置き、その上にフランボワーズを間隔を空けてのせ、その間に苺のみじん切りを置きます。
仕上げにEXVオリーブオイルをスプーンでところどころに落とし、

RIMG47128 - Copie - Copie
出来上がりです。
いただく時はりんごに帆立をのせフランボワーズ、苺、ソースを少しずつのせたりつけながら召し上がってね~。

…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


↑このページのトップヘ