octobre 2016

RIMG1749 - Copie
さてさて、週末ごはんでもちょいとご紹介させていただいた、
「ひよこ豆と野菜とコリアンダーのマグレブ風スープ」のご紹介です。
とは言うものの、実はマグレブ料理によく使われるクミンやコリアンダーなどのスパイス類を一切使っておりません。でもどことなくマグレブ風味になるのは生のコリアンダー(パクチー)のおかげ。コリアンダーの茎を一緒に煮込むことで何とも言えない味わいが出たのです。
って残っていたお野菜&コリアンダー使っちゃえ的に作ってみたら(まずくはないだろうと思いつつ)、あれ、美味しい~、と計算外でうまくいったのですが。エヘ。
あ、でもそれともう1つポイントがありまして玉ねぎを完全飴色とまではいかなくてもかなりよく炒めたこと。カレーもそうなのですが、玉ねぎをしっかり炒め甘みを十分に引き出すというのはググンと美味しくなる秘訣かな、と思います。
ただしあの時間がかかるじっくり飴色玉ねぎは大変なので強火で短時間で炒めたので早いです。
そしてこれ、完全ベジタリアンレシピとなっております。
あ、でもわたくしベジタリアンではなくて、この残り物お試し作りの時、お肉類が一切冷蔵庫になかったものだから(と言うか冷凍庫にはあるが基本平日は解凍しない)、入れなくていいや、だったらコンソメ系もいいや、って。でもどちらも入れなくて大正解。
人参じゃがいも玉ねぎのお手軽野菜たちの美味しさが十分引き出ていてもの足りなさなしでベジタリアンじゃない方にも喜んでいただけるかな、とたぶんですが思います。ほんとたぶんなのですが。
それでは簡単ですが材料と作り方ご説明いたしますね~。

……………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・茹でひよこ豆120g ・薄切り玉ねぎ150g ・お豆と同じくらいの大きさにした角切り人参120g(bioだったので皮ごと使用しました) ・皮をむいてお豆と同じくらいの大きさに切ったじゃがいも150g ・湯剥きトマトのざく切り300g ・にんにくと生姜のすりおろし1かけずつ ・コリアンダーの茎のみじん切りにしたものと粗みじんにした葉合わせて30g ・オリーブオイル大2 ・水400ml ・いいお塩と胡椒適量
 
作り方
RIMG1731
鍋にオリーブオイルを入れ強めの火にかけ、玉ねぎを炒めます。
焦げないようよく混ぜながら炒めてください。
RIMG1734
強火なのでそれほど時間がかからず飴色気味になり、1/3量くらいになります。
ここににんにくとしょうがを入れさっと炒め合わせたら、
RIMG1735
ざく切り湯剥きトマトを汁ごと入れ、炒め、水分が出て、それが少しとろっとなるくらいまで炒めます。
RIMG1736
こんな感じです。
RIMG1737
そうしたらお水と人参を入れ、
RIMG1738
コリアンダーの茎も入れ、沸騰したら中火くらいにし、蓋をして、
人参が柔らかくなるまで15分くらい煮ます。
RIMG1739
煮えたらじゃがいもを加え、また蓋をして、
じゃがいもが柔らかくなるまで7~8分くらい煮ます(じゃがいもの種類などにもよります)。
そしてひよこ豆を入れ、2~3分煮て、最後に味をみながら塩胡椒で味付けして、
器に盛り、コリアンダーの葉を散らして出来上がりです。

……………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG1752 - Copie - Copie - Copie
今回のスープに添えたブルグル=挽き割り小麦もご併せてご紹介させてください。
一見クスクスに添えられるスムールに似ているのですが、もっと弾力があって噛み応えがあってスムールとはまた違う美味しさなのが、このブルグル。
パスタの原料と同じデュラム小麦が使われた穀物で、パスタは粉にして作られていますがブルグルは粒状に挽き割りにされたもの。白米に比べて食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラルが多く含まれ、栄養価が高く、フランスでは自然食品屋さんやスーパーのナチュラフードコーナーで、たとえばブルグルを使ったベジタリアンステーキなるものもあるくらいなのです。
RIMG1754 - Copie - Copie
そんなブルグルちゃん、今回はコチラを使いました。
すぐ火が通るスムールと違ってブルグルはごはん感覚で炊くので普通時間がもっとかかるのですが、このフランスでポピュラーな「Tipiak」社のものは10分で茹であがる早や茹でタイプ。かなり便利。
RIMG1755 - Copie (2)
中身のブルグルちゃんはこんな感じ。ほんと挽き割りって感じです。
で、今回はこんなブルグルを添えましたが、このスープ、マグレブ風と名前をつけましたが、とても優しい味わいで洋にも和に合わせても問題なしの味わい。なのでこのブルグルでもそれからスムールでもパンでもごはんでも大丈夫かと思いますので、材料もお手軽気味ですし、これからの季節にもぴったりなので気軽にお試しいただければと思います。
じゃ、わたくしこれから、お昼を食べに家から歩いて5分の職場から帰ってくる旦那のお昼ごはんの準備をちゃちゃっとしちゃいたいと思いま~す。
ではでは。

……………………………………………………………………


少し長めとなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG1813
マルシェから帰ってきてす~ぐ準備した週末日曜ごはんのご紹介です。
じゃ、早速いきますね。
先ずはアペリティフの盛り合わせで上から時計回りに、
→マルシェのポルトガル惣菜店で買った干し鱈のコロッケ「パスティシュ・デ・バカリャウ」
→ポルトガルバーでおつまみにもしたグリーンオリーブとお豆
→スーパーで買ったサラミ2種
→スーパーで買ったスモークチーズ3種
干し鱈のコロッケは軽く揚げなおしたので熱々で、やはりちょっと手間でももう1度揚げると美味しさがググンとアップです。干し鱈はうまみがあって、生の鱈とは違う美味しさがあります。
スモークチーズは賞味期限が近めで試しに買ってみたら美味しくてびっくり!
近々また買ってご紹介できたらと思っております。
RIMG1824
ワインは1994年の年季の入ったのを出してくれました。
でも、まあまあだったかな。ごめんなさい。でも正直な感想です~。
RIMG1817
お次はスープでまだあったかぼちゃさんを使い、ポタージュはレシピご紹介もかねてすでに作ったので、
まったく違うものと思い、わたくしはじめてですがクックパッドの企業さんレシピをお試しでコチラ。
Cpicon かぼちゃとしめじの豆乳みそスープ by マルコメレシピ
そしたら水っぽいかぼちゃでも美味しくて、味噌味好き旦那はかなり気に入っておりました。
味噌味とそれとソース味はフランス人さんたち、気に入る確率高しです。
お招きした時なんかにお味噌汁を出すと必ずといっていいほど、美味しい♪ これなあに?と聞かれ、
お味噌とだしをお見せし、だしを入れるのも大事なことも含め説明すると、どこで売ってるの?と。
で、最近はオペラのアジア食品屋さんに行かなくてもパリ郊外のアジア食品屋さんで両方手に入るようになったので、そのことを教えて差しげると、へぇ~、行ってみるわ、っておっしゃいます。
あ、あと枝豆もかな~り人気者になる確率高しですよん。
RIMG1819
3皿めはスーパーで買い置きしておいたツナとトマト風味のラビオリで、さっと1分茹でて、いいオリーブオイルとパルメザンをかけました。これもぜんぜん美味しくて大満足。
これもまた買ったらご紹介させていただきたいと思っております。
わたくしのご紹介品たちは有名店の〇〇よりもスーパーでめっけた〇〇がずっと多いのですが、
我が家にはそれが合っているし、そして、お値段と味を比較するとわざわざ有名店のものを買う必要はないかな、と思うからです。日本にいた時、浜ちゃんの番組で、どこそこの何々、を隠して味だけで当てる、というのがあったけど(今もあるのかしら?)、あれもちょっと納得しつつ楽しく観ておりました。
でももちろん本当に品質も味もお値段もいいものもた~くさんあると思いますし、ま、無理せずその時その時で、と思っております。
なのでこれからも私的にいいなと感じたお手軽ちゃんたちをしょっちゅうご紹介させていただこうと思っております。よろしくです。
RIMG1827
そしてメインは前日にマリネだけちゃちゃっとしておいて、この日の朝、ブログ記事を書きつつ、
オーブンで焼いておいたコチラ。
Cpicon じゅ~し~で美味しい!!ローストポーク♡ by JUЯI
これがまためちゃくちゃ簡単なんですがもうぜんぜん美味しくて大人気納得!
しっかりめに味付けもしてあるのでソースも要らない、というかシンプルにそのままが美味しい。
付け合わせはこのローストポークから出た焼き汁でレンジで火を通しておいたじゃがいもをフライパンで焼き汁と一緒に軽く焼き付けました。
作ってる時から旦那がいいにおい~♪って何度もキッチンに見に来ましたよ。片手にワイン持ちながらね。
で、いいわねぇ、あたしもときどきそれしたいわぁ、との願いが過りました。
ま、私も飲みながら作ってるんですけどね。へへへへへ。
RIMG1807
さて、器の方もささっとご紹介させてください。
アペリティフには前日も熱々グラタンの受皿に使ったシャルキョトリー用のボードです。
洗って乾かしておいたのがすぐそこにあったので、今回は本来の力を発揮していただこうと思いました。
これはブロカントでめっけたものです。
RIMG1809
2 皿めのスープにはかぼちゃレシピポタージュご紹介の際にも使った「Digoin Sarregumines(ディゴワン・サルグミンヌ)」を。ちょっとお天気良過ぎて光がめっちゃ当たってしまって見づらくて申訳けないです。
RIMG1818
3皿めは北フランス「Orchies(オルシ)」のもの。
程よい深さがあるしシンプルかわいいので重宝しております。
これはエマウスで30サンチームか40サンチームくらい。まとめて全部で〇〇ユーロなので、
だいたいそんな計算になっております。
RIMG1805
4皿めメインにはこれも「Digoin Sarreguemines(ディゴワン・サルグミンヌ)」の1枚を。
エマウスでこれも30サンチームか40サンチームくらいです。
ということで今回はクドさもなくバッチリ全部美味しくて心から大満足。
でもちょ~っと食べ過ぎでしょうか…あ、飲み過ぎもなのですが…

…………………………………………………………………………



最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。


RIMG1795
昨日は早朝は雨が降っていたのですがブログ記事をせっせこ書いている間にどんどこ空が明るくなってきて、やがて晴天♪ 雨振りマルシェでも行こう、と思ってたのですが、光が出てきたらなおさら嬉し。
で、チャリに乗って、ちょっとお尻ぬれてたけどスイスイやって来ました。
でも手が冷たかった~。手袋が必要になって来ましたねぇ。
RIMG1790
いつも通り威勢のいい声が飛び交い、豊富な食材に思わず見とれます。
パリ市内に住んでる時も思っていたけど、お肉屋さんはよくイケメンさんが働いております。
フランスは消防士さんにイケメンが結構多いのは知られていますが、
お肉屋さんも消防士さん割合に結構近い感じですよ。
どうしてかな、とずっと思ってきたのですが、未だになぞです。
RIMG1792
秋の味覚いろいろきのこも出ております。
まだ我が家は食してないので、近々いただきたい。クリーム味のパスタがいいかな…
RIMG1791
手作り生クリームやバターもこんな風に売っております。
ボルディエの作りたてバターが樽で工場から直接届く三ツ星レストランで働いていた知り合いさんは、
お店で売ってる個別包装のは作りたてじゃないので味がかなり落ちる、
それならマルシェで作りたてを買った方がいい、って言ってましたっけ。
ちなみに生クリームの私のおすすめは今や我が家の定番のコチラ、
→「ディズニーのAOPクリーム入りサブレとディズニーのAOPの生クリーム
ディズニー村のもの。濃厚さとコクがもう生クリームというよりバター。美味しいです!
ディズニー村のカマンベールもまた美味しいのですよん。
 RIMG1796
そしてお魚屋さんでは旦那が、KATSUOあるよ、と。
ちょうど真ん中に写ってる「bonite」がそのKATSUOさんです。
超~新鮮なかつお、薬味でいただくと美味しいんですよねぇ。
旦那が欲しい?と聞きましたけど、ちょっとやめておきました、
シイラの件もあるのでね…
→「マルシェ帰りのお庭で週末コースごはん
RIMG1787
そしてやってきたのはポルトガルお惣菜店。
RIMG1780
シュワシュワと一緒にいただくおつまみを買いに寄りました。
RIMG1788
ここの方も威勢がよくて気持ちがよい対応です!
誰でもそれぞれいろいろあるけど仕事の時ちゃんとお客様皆にそんな対応が出来るってカッチョイイ♪
それでこちらも元気になったり楽しくなったりするんですよねぇ。
RIMG1803
そしてポルトガルバーに到着~。
RIMG1799
そしてシュワシュワ&にんにくとパセリのグリーンオリーブと先週もいただいたポルトガルのお豆「Lupin」です。何気にクセになるお豆でございます。
ポルトガル惣菜店ではポルトガル系マダムが大袋で買っておりました。
どこに住もうと自分が育った味というのはやはり思い出のつまった馴染んだ美味しさがあるんだな、
と、微笑ましく眺めてしまいました。
RIMG1802
この時はなぜかカウンターの方にはムッシューたちばかり。そして、
「ボン・ディーア(おはよう」とか「オブリガード(ありがとう)」とかポルトガル語が飛び交っておりました。
RIMG1801
一番奥のこのテーブルもよくポルトガル系ムッシューたちが一杯しております。
この日もポルトガル語飛び交ってて、そしてさっとぐびっと飲んで行っちゃいました。
やはりポルトガルバー。な~んか楽すぃ。
RIMG1804
本物マルシェの方の工事の進み具合はこのような感じ。
工事は始まって一か月ちょっと。早いのか遅いのかさっぱりわかりませんが、宜しくです!
RIMG1793
そしてマルシェの端っこでは政党の党員さんたちが熱心に活動しております。
(手前の方々は通行人の方々です)
必ずいるのは極右(Extrème droite)の「Front National」の党員さんたち。
移民受け入れ反対の方々なので、絶対に増えてほしくないと移民である私はいつも思っております。
ということでやっぱり楽しい日曜マルシェ。
じゃ、帰ってごはんで~す。

…………………………………………………………………………


雨あがりのいつも仮設マルシェですが読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG1768
昨日土曜日の週末ごはんのご紹介です。じゃ、早速いきますね。
先ずは前菜の盛り合わせでコチラ。
一度作ったら美味しかったのでレシピをご紹介したいと思い、金曜日に分量を量りながら作ったマグレブ風の野菜とひよこ豆のスープの冷蔵庫に入れておいた残りを、プチプチ容器に盛り、人参とブロッコリーの生の茎をスティックサラダにして小さなグラスに盛り、手軽でちょっと気に入っているスーパーで買ってきたマグレブのディップソースを添えました。
スープレシピはほんと自分で言うのもずずしい話ですがとても美味しいのでなるべく近々と思っております。
RIMG1773
お次は久しぶりにグラタンが食べたくなり、たっぷりあったほうれん草を使って少しオリジナル感もあるよう思いながらちゃちゃっと作りました。
美味しかったのですが、あともう一歩、ってとこでしょうか。
いただきながら、あれ入れた方がいいな、とか、ソースはああした方がいいな、とか過りました。
でもそれをしたらかなり美味しくなりそうかな、と思い、近々そんな思い浮かんだことを実行してみたいです。すぐ忘れちゃうから忘れないようにしなくちゃ。
RIMG1776
そしてメインは鴨の胸肉、マグレ・ド・カナールがあったので、
以前から作ってみたかったバルサミコ酢とフランボワーズを合わせた鴨のソテーを作ってみました。
さてさてお味は?これがかなり美味しく出来たは出来たのですが、
付け合わせに迷って急きょ作ったじゃがいものピュレが、鴨とソースを合わせるとクドくてかな~り邪魔でした。
これは別のあっさりとした付け合わせを考えねばだな、と思いました。
RIMG1760
ということで器の方もちゃちゃっとご紹介いたしますね。
前菜に使った小さな食器たちはコチラ。エマウス&ブロカントめっけです。
RIMG1761
お皿はフランス北東の「Lunéviile(リュネヴィル)」の1枚で、
エマウスで大小2枚揃って見つけたもの。
RIMG1763
グラタンは、中身を入れた器の方を撮るのをすっかり忘れてしまったのですが、
赤いホーロー製のブロカントでめっけたもの。
そして下の受皿かわりにしたのがこのシャルキュトリー(生ハムやソーセージなどの加工肉)用ボード。
どんどこ使いたいのでこんな風にも使ってみました。
RIMG1764
そしてメインのお皿は「Digoin Sarreguemines(ディゴワン・サルグミンヌ)」の1枚で、
たくさんあるエマウスの中でも状態のいいものが揃っている店で丸皿とセットでめっけたもの。
それでも2枚で5ユーロか6ユーロくらいだったように思います。
ということで、いただき終わった後、自分で作っておいてこう言っちゃあれですが、
ちょ~っとクドさが残ったのは否めません。
旦那も、すごく美味しい、と言ってくれましたが、夜はサラダだけでいい、と言いました。はは。
それではシュワシュワ行ってまいりま~す。

…………………………………………………………………………



最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。


RIMG1347 - Copie
超~晴天だった先週日曜日は、こんな日に行かなくてどうする!
とカヌー(タダで譲り受け旦那が修理したもの)をせっせこ運んでマルヌ川へ。
RIMG1350 - Copie
で、お先に到着していたお2人さんが出発するのを
「Bonne balade(よい舟散歩を)!」
と見送って。



13歳で曲作りをはじめたという今注目のフランス人ラッパー「Boostee」のこの曲と共に
さ、うちらも出発で~す!よっこらしょっと!

RIMG1355 - Copie
moi「おお!先のお2人さん、もう釣り始めたよ!」
旦那「なんか今日、釣りのコンペやってるみたいだねぇ」
moi「あ、そうなんだ」
すると後ろでガサゴソやる音。釣り竿出してる模様。
moi「え!もう始めちゃうここで?」
他の釣り人に刺激され、早速始めずにはいられない男。
RIMG1362 - Copie
旦那「どんな感じ?」
お2人さん「微妙かなぁ。ちょっと移動してみるよ」
すると旦那もさっさと移動しはじめる。
あ、よかった。ここで漂流しなくて…とほっとする妻。
RIMG1369 - Copie
ということでやっとこさ、本格的しゅっぱ~つ!
RIMG1371 - Copie
と思ったら、参加者の姿を次々に見かけ、再び釣り竿を出す男。
moi「ちょっとちょっともういいから~。先行こうよ~」
しかし釣り人(仲間?)が気になるらしい。
どうやらにわかコンペ参加者になりたいようである。
もういいからそういうの~、と苦笑せずにはいられない妻。
RIMG1375 - Copie
旦那「あ、AKITA INU!」
moi「え、あ、ほんとだ!かわいい~♡日本犬ちゃんもかわいいなぁ」
RIMG1376 - Copie
旦那「AKITA INUだね?」
わんちゃん連れムッシュー「そうだよ」
旦那「綺麗ですねぇ」
わんちゃん連れムッシュー「そうでしょそうでしょ」
最近はほんと、日本のわんちゃんもよく見かけるようになりました。日本人としてとても嬉しいです!
さてさて進みましょう。
moi「もうほんといいから先行こう!ねっ!」
旦那「わかったよん…」
RIMG1391 - Copie
moi「おお~綺麗~!でもま~だ緑だねぇ。でも少~し色づいてるのかなぁ」
旦那「うん、少しだねぇ、マルヌは色づくのちょっと遅いんだよ」
moi「そうなんだ?ふ~ん」
RIMG1380 - Copie
10月でもまだまだこんなに光溢れてほんっと嬉しいなぁ。
やっぱり秋も素敵だなぁ。
11月来ちゃうかなぁ。
パリの11月やばいんだよなぁ。
このまま季節が止まってくれればいいのになぁ。
と素晴らし過ぎるからこそどうしても10月と11月が心の中で交差する妻…。
RIMG1396 - Copie
川沿い住民さんもどうやらコンペに参加しているらしい。
moi「すぐ参加出来て便利だね!」
旦那「そだね」
RIMG1401 - Copie
moi「お!ここはちょっと秋色だ♪」
すると旦那がまたガサゴソ後ろでやりだして。
RIMG1406 - Copie
パドル(漕ぐやつ)に白ワインのグラスをのせて炉端焼きのように渡してくれた。
moi「メルシー♡」
すかさずすぐキャメラを向け、ワインをこぼさないように慎重気味にパチパチカシャカシャ。
そして一口。
moi「冷えてて美味すぃ♡」
RIMG1413 - Copie
そしてまた風景が開けて変わったので、
すかさずすぐキャメラを向け、ワインをこぼさないように慎重気味にパチパチカシャカシャ。
そしてまた一口。
moi「冷えてて美味すぃ♡」
RIMG1416 - Copie
カヌーにまだ慣れてない去年は開けたところは恐怖におののいてすぐ戻りたがった妻だが、
今はぜんぜんへっちゃらで。
こんなに気持ちいいのにねぇ、とあの頃の自分がしみじみ懐かしい。
そして旦那はえっさほいさ、舟を漕ぐ。
RIMG1427 - Copie
ここも結構秋。
RIMG1430 - Copie
やっぱりマルヌにも秋は来ている…
RIMG1433 - Copie
大きなお宅のわんちゃん「う~怪しい2人めあっち行け!ワンワン!」
旦那・moi「わたしらはあの怪しい2人とはちゃいますよ~。行きますよ行きますよ~」
RIMG1439 - Copie
今度は別の大きなお宅で一休み中の白鳥さんたちご夫婦。
住民さんも見守っていて微笑ましいお姿。
RIMG1436 - Copie
優しい住民さんでよかったねぇ。ずっとお幸せに。
RIMG1440 - Copie
旦那「ここちょっと臭うねぇ」
moi「あ、ほんと?」
と、思いがけないことを言われ、
あれ、なんで私臭わないんだろう、何気に鼻詰まってるのかな、何気に風邪か?…
と思ったが、ま、いいや臭わない方がいいし、と流して。
RIMG1441 - Copie
光に見とれた。
RIMG1449 - Copie
そしてここも秋。
RIMG1454 - Copie
RIMG1455 - Copie
もうすぐ冬が来ちまうけど楽しい素晴らしい秋色マルヌ。
RIMG1459 - Copie
冬までにあともう1回か2回くらいカヌーに乗れたらいいな、と思った午後なのでした。


         おわり


…………………………………………………………………………


長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ