novembre 2016

RIMG3255

この日、日曜日はあまりの急激の寒波でマルシェはお休みにし、早めにごはん作り開始。
そんなわけで週末ごはんのご紹介です。
まずはお皿さんからでこの小花柄の一枚はパリから少し南にくだった「モントルー」のもの。
これには、

RIMG3265

フランスでポピュラーなお野菜「パネ」を使ってコチラ。
→「パルメザン風味のパネ・フリッ
英語名はパースニップで日本でも最近知られるようになってきたこの「パネ」は、
色は違うけど人参によく似た根菜。火を通すとホクホク甘くて美味しいのです。
なので白ニンジンとかサトウニンジンなんて呼びかたもあるよう。
私も最初はどんなふうに料理するのかわからなかったけど簡単に素揚げだけで美味しいのです。
RIMG3258
お次はこの北東フランス「バドンヴィル」のスープカップで、
これには、
RIMG3267
また「パネ」を使って今度はポタージュに。
このパネのポタージュはパネを使った料理の中でも特にポピュラーで、
やはり自然な甘みがぐぐんと出て何とも言えない美味しさなのです。
このお店でも最初に出てきました。
→「TASCA(タスカ) ~パリのカフェ 4区~
ここではズッキーニも足していたけどパネだけでも他のお野菜と合わせても美味しいです。
RIMG3261
3皿めは北東「リュネヴィル」のお気に入りの一枚。
これには、
RIMG3269
リピのコチラを。
Cpicon たっぷりズッキーニのレモンチーズパスタ by 菜摘☆ミ
日本ではズッキーニは夏野菜のイメージですがフランスでは一年中新鮮なものが手頃に買えるので、
我が家もわんこたちごはんにもときどき使うこともあってしょっちゅういただいております。
そんなズッキちゃんを使って一度作ったらレモンの風味がさっぱりでとても気に入ったこのパスタを。
今回は生のタリアテッレを使ってみましたがやっぱり美味すぃ。
RIMG3263
4皿めは刻印は消えているのですが控えめは小花柄がとっても気に入っているこのタルト皿で、
これには、
RIMG3270
少し前に「LIDL」のチラシの中でもご紹介したトリュフ風味の「白ブーダン」に、
じゃがいものピュレと、例の?黒トリュフ入りのカマンベールチーズの小さなトーストを添えました。
ちょ~っとドレッサージュ(盛り付け)が散らかって失敗気味ですが味はバッチシ。
と言っても私はただ焼いただけ~。
ブーダンは焼くだけでいいし大好きなのでしょっちゅうお世話になっております。

…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG3243
これが今回使った「パネ」。これで2人分のパネ・フリッとポタージュでちょうど使い切りました。
実は買ったのは10日くらい前で冷蔵庫に入れておいたのですがまったく問題なし。
貯蔵性に優れているので大丈夫なんです~。
RIMG3248
皮をむくとこんな白っぽ色。生で食べるというのは聞いたことなくて加熱が基本かと思います。
独特な風味があるのでたぶん生だとかなり口に残るはず。それもあってのことかなぁ。
で、ちょっと調べてみたらこの「パネ」、古代ギリシャでは薬用としても使われていたくらい身体によくて、特にビタミンEが豊富でがん予防の効果が大なのですって。
そんなことを知っちゃっちゃあ、今後食べまくるしかございません。週末お買い物でまた買ってこよう!
そうしましたらまた新しいレシピに挑戦もあるかと思いますのでご紹介させていただけたらと思います。
ちなみに「パネ」も含めた古代野菜をご紹介した以前の記事はコチラ。
→「レギュム・アンシアン(légume ancien=古くからある野菜)たちとレシピ
日本でも浸透してきたお野菜もありますので参考にしていただけたらと思います。
RIMG3252
あんどあんど。ついでに白ブーダンもさっとご紹介。
白身のお肉と牛乳、たまごなどで作られた腸詰で、黒ブーダンもあるのですがそちらは、豚の血と脂などで作られた腸詰で中身はまったく違うもの。の白い方でございます。
RIMG3251
今回はトリュフ風味のものでしたが、シンプル味もあれば、ジロール茸風味なんてものもございますし、お肉屋さんでは自家製白ブーダンを売っているところもあって。私はお肉屋さんのは試したことがないのですが、大好物なのでいつかちょっと豪華にお試ししてみたいわ、などと思っております。
あ、ノエルにお試ししてみようかしら、焼くだけだし。今年はほんと手抜き考えてますし…

…………………………………………………………………………


長めになってしまいましたが最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。



RIMG3227
週末ごはんのご紹介です。
この日はず~っと作りたかったインド料理コース。
先ずはインド料理まったく関係ないんですがアペロのおつまみで、
イタリアのピリ辛スナックとシャルキョトリー(サラミなど加工肉類)の盛り合わせで、
左から黒粒胡椒入り、ブルーチーズ入り、そして豚タンです。
タンは豚も牛もフランスでもポピュラーな食材。ポトフに使うこともあるのです。
RIMG3231
ということでコースのはじまりで、最初は人参ドレッシングのサラダです。
インド料理屋さんのドレッシングというと人参ドレッシングがよく出てくるようなのですが(日本で特になのかな?)、私はちょっとそれを覚えてなくて、そしてフランスにもインド料理屋さんがたくさんあるのですが、フランス人が辛いのが苦手な人が多いものだからカレーも辛くないことがほとんどらしく、私もむか~し一度行って、辛くなくていまいちだったので、以来行くことがなく、ドレッシングがどんなだったか、と言いますか、サラダを食べたかどうかも忘れてしまったのです。
そんなわけで、お店の人参ドレのイメージがわかないので、とにかく人参すりおろしとオイルとヴィネガーなどで味をみながら簡単にちゃちゃっと作ってみました。そしたら旦那がとても気に入って。
何々このオレンジのやつ?って。で、人参だよ、って言ったら、へぇ~、ですって。
なのでこれはインド料理だけじゃなく何にでも合いそうなこともあり我が家の簡単定番になりそうです。
人参はどんだけ食べても身体にもよさそうな気もしますし、彩りもよくなって人参ドレ、いいですねぇ。
RIMG3235
お次はインドのスープでコチラ。
Cpicon ダール:インドの豆スープ by ぐりぃ
ダールもよく聞くし、いただいたことあると思うのですが、これまたはっきりと思い出せないので、気持ち的には初お試し気分です。クミン、マスタードシード、ターメリック、にんにく、生姜や、そしてちょうどいただきもののグリーンチリもあったので使って、これも美味しいです!しかもお豆もたっぷりでこれも身体にもよいはず。ターメリックもですがインド料理って身体によいものがたくさん。インドの方が毎日カレー食べる、ってなんか納得です。で、ふと思ったのですが、我が家のご近所にもインド系の方が結構いらっしゃるのですが、ここはフランスだけどおうちでやはりしょっちゅうカレーなのかしら、って。なので今度道でお会いしたら聞いてみたいなと。
RIMG3233
そしてこれに添えたのはアジア食品屋さんではじめて買ってみた冷凍のロティです。
で、シンプルと玉ねぎ入りの2種があったのですが今回は玉ねぎの方をチョイスしてみたのですが、
これもまたすごく美味しかったのです!
ナンの方がフランスでもポピュラーだけどロティ、めっちゃ気に入ってしまいました!
RIMG3238
そしてメインはもちろんカレーで、先ずはライスはコチラ。
Cpicon インドレストラン風バターライス by ethnic0229
サフランとバターと塩で炊いてあとはレーズンとカシューナッツを混ぜました。
RIMG3241
そしてそしてカレーで~す!実はずっとこのカレーが作りたかったのです。ってか食べたかったのです。
Cpicon ムルギーランチ風チキンカレー by ethnic0229
で、すぐ言わせていただいちゃいますがこれが、

めちゃくちゃ美味しかったのです!!

我が家はカレーと言うといつも神保町の「エチオピア」のカレーを再現したこの自分レシピ
「神田神保町エチオピア風カリー」の私流作り方
を作ることが多かったのですが、行ったことない銀座の老舗インドレストラン「ナイルレストラン」の「ムルギー」風だというこのカレーをずっと食べてみたくて。
そしたらいやいやまた言っちまいますが美味しかった~。
このカレーとライスは同じレシピ作者さんなのですが、このセットもまた素敵だし、
そして今回のインド料理コース、全部がほんっと美味でスパイス好き旦那も大絶賛!
これはお客さまがいらっしゃった時なんかも辛さだけ調節してそのままお出し出来るな、
と思いましたねぇ。

…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG3212
アジア食品屋さんで買った玉ねぎ入りロティもご紹介。
裏を見てみたらシンガポールの輸入品でした。
お値段はちょ~っと忘れしまったのですが我が家で買うものなので高くは絶対ありません。ふふ。
RIMG3214 - Copie
中身はこんな感じ。これをフライパンにサラダ油とバターを半量ずつ溶かして焼きました。
5枚入りですがそれほど大きくなく美味しいのですぐ食べちゃいます。足りないくらい。
なのでこれはまたアジア店に行った際、ちょっとまとめて買っておこうかな、と思っております。
それと今回も全てエマウスで買ったブロカント食器なのですが、ちょっと長くなってしまいそうだったので一枚一枚フォトを省かせていただいてみまして、アペロの小皿は刻印が消えていまして、サラダのお皿は北フランスの「ムーラン・デ・ループ」、スープ皿とロティ皿はフランス中央部「ジアン」、ライスのお皿は北東フランスの「リュネヴィル」、そしてカレー皿はアルザスの「ストラスブール」となっておりま~す。

…………………………………………………………………………


今回は珍しくインド料理でしたが最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます。



RIMG3188
昨日は久しぶりにエマウス巡りに行ってまいりました。
RIMG3186
エマウス(emmaüs)はフランスに住んでる方なら知らない人はいないくらいよく知られたリサイクルの慈善団体なのですが、日本の方はご存知ない方がたぶんほとんどかと思うので、創設者のアベ・ピエール神父さまのことやエマウスでの買い方など、詳しく書いた記事をご紹介させておいていただきますね。

先ずは→「エマウス「emmaus)楽し大好き♪
アベ・ピエール神父さまのこと→「エマウス巡りのディゴワン・サルグミンヌなどの新入りさんたち①
エマウスでの実際の購入のしかた&サロン・エマウス→「そして久々のエマウス(emmaüs)巡り
ヴィンテージについて→「エマウスはヴィンージ祭りであった!」」

RIMG3189
ということで9月10月はブロカント市が多く開かれるのでそちらを優先していたので、
8月のヴァカンス時に巡って以来。
以前は家具だけ店だったところがヴィンテージ雑貨も置くようになっていたり、
ごちゃごちゃ気味店だったところが整頓されていたり。
エマウスもちょっと変化しております。
RIMG3192
でも相変わらず素敵なものがいっぱい。ガラクタもいっぱい。
古いもの好きな私たちとしては見るだけでも楽しいのです。
ま、見るだけでは終わらないわけですが…。
RIMG3191
そんなわけでお安いブロカント食器をまたちょこっと買って。
RIMG3197
11月の街中を走り抜けます。
昨日はめっちゃ寒空だったのです~。
RIMG3193
エマウスでもぷるぷる震え気味でしたよん。
で、
RIMG3208
いよいよだな、と。
来たな、と。
hiver(イヴェール・冬)だな、と。
RIMG3200
ノエルの飾りつけも始まっていて。
RIMG3206
年末まであともう一か月半だ~!

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG2308 - Copie
さてさてマルヌ。
RIMG2309 - Copie
今年最後のカヌーかなぁ、
なんて思いながら深まる秋の中、



8~15歳までの、スリランカやコソボ、スペイン、イタリア、イギリス系のフランスの子供たちで作られた「Kids United」の素敵な歌声と共に。

RIMG2314 - Copie
さ、出発で~す!
RIMG2325 - Copie
橋の上の皆さん「ボンジュール!」
旦那・moi「ボンジュール!」
皆さんの中のお1人ムッシュー「いいねぇ」
旦那・moi「どうも~」
RIMG2339 - Copie
moi「ああ~やっぱりマルヌもすっかり秋だねぇ」
旦那「そうだねぇ」
RIMG2359 - Copie
moi「ちょっとちょっとあそこにぶつかんないでよ!」
旦那「大丈夫だよ~」
RIMG2365 - Copie
いよいよだねぇ、もうすぐここは全部ショコラ色だよ…
RIMG2380 - Copie
と、日本語で呟きながら妻の頭の中でこの秋とパリの長い冬が交差する…
RIMG2803 - Copie
水辺の向こう、木々の間に見え隠れするのは朽ち果てたレストランバー。
昔々、フランスギャングのたまり場だったそうだけど、
ニヒルなムッシューも飲んだくれの男も妖艶なマダムもすべて過ぎ去って…
今は思い出と風の中…
RIMG2811 - Copie
船住民さんたちもこれから春まではデッキでカフェもあまり出来なくなるんであろう。
moi「なんだか風が冷たくなってきたねぇ」
旦那「寒い?」
moi「まだ大丈夫」
RIMG2818 - Copie
日もどんどん短くなってきて。
あっちゅう間にもうすぐ夕暮れの気配さ…
moi「ほんと風が冷たくなってきたねぇ」
旦那「寒い?」
moi「まだ大丈夫」
RIMG2828 - Copie
あ、白鳥さん…
RIMG2834 - Copie
あなたも行っちゃいますか…
RIMG2837 - Copie
また会おうね。そのまま優雅でいておくれね。岸辺に上がると意外とデカいけどね…
RIMG2849 - Copie
そうして夕暮れがやって来ました。
RIMG2850 - Copie
やはり美しくて見とれます。
RIMG2868 - Copie
moi「やっぱり夕暮れはいいねぇ。風はうんと冷たいけど」
旦那「寒い?」
moi「うん、寒い」
RIMG2872 - Copie
旦那「じゃ、そろそろ帰りましょうか。すっかり日が暮れる前に」
moi「そうですねぇ…」

…………………………………………………………………………


おそらく今年最後のカヌー編かと思いますが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG3163
さてさて先週の日曜日こちらをお知らせさせていただきました。
→「美味しいチーズ発売のお知らせ
で、このチーズを買ったのが先週の金曜日なのでちょうど1週間めの昨日、
状態を見てみることにいたしました。
RIMG3166
ご覧ください。
チーズの表面がかなり沈んでおりますよん。
じゃ、ちょっと切ってみましょう。
※熟成時に上にしておいた面です。
RIMG3168
うんうん、かなり熟成が進んでおりますねぇ。
でも、
RIMG3172
よ~く見てみると、中心部分に少し白っぽく若干ぱさっとした部分が残っております。、
この部分がまだ熟成が完全ではないのですねぇ。
これがなくなると熟成はばっちり。
でも切っちまったのでいただいてみたら、大丈夫。かなり美味しいです。
何よりトリュフの香りがたまりません♪
もう1つはまだ切っていないので賞味期限も気にしつつ完全熟成を待ってみようと思います。
ところでマルシェでときどき賞味期限が近くてお買い得になっているチーズがあったりするのですが、
それはチーズの種類にもよりますが賞味期限が近い分熟成が進んでいて美味しいことも多いのです。
なのでフレッシュチーズなどは別として賞味期限近しお買い得チーズ、なかなかねらい目でございます!

………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG3179
今日はフランスは「Armistice du 11 novenbre 1918」で1918年11月11日のドイツ降伏と第一次世界大戦休戦を記念する「休戦記念日」で祝日です。
お天気もよくて静かな朝でございます。
あ、今、教会の鐘がなっています。
RIMG3180
ここのところめっきり寒くなって、いよいよ本格的な冬に入ろうとしております。
毎年どんよりが続くパリの11月なのですがでも今年はそう悪くはありません。
寒くても青空なら◎
じゃ、鐘の音も終わってところで今日の記事も終わらせていただきますね。
皆さまどうぞ素敵な週末を!

………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ