janvier 2017

RIMG3952 - Copie
今日は簡単中華レシピのご紹介でして
「しゃきしゃきジャガイモとタケノコ、キクラゲのピリ辛甘酢中華和え」です。
実は作ったのは去年クリスマス前だったのですが、クリスマスや年末年始の華やかさには合わない?1品だったので少し遅れての今回となりました。でもでも美味しいは美味しいんです。旦那なんかあっちゅう間に食べちゃいまして、マイレシピなんだけどレシピ紹介しても大丈夫かな?と聞いたら、
バッチリだよ、って言ってくれて。でも、で~も、


地味なんです~。
はは。


さて料理のポイントですが、じゃがいものしゃきしゃき感が残るよう20秒さっと茹でて、その後すぐタケノコとキクラゲを加えたら5秒でざるに上げること。ジャガイモが半生くらいが美味しいのです。
それと今回はパクチーがあったので大好きなもんで入れましたがネギ系でも美味しいかと思いますので、パクチー苦手や~、な方は青ネギ、又はネギみじんにしていただいても美味しいかと思います。
で、これ作り置きにもよく、ビールのおつまみにもごはんのおかずにも、そしてさっぱりしているので箸休めにしてもよいかと思うので、ちょっと多めに作って冷蔵庫に入れておいていただいても重宝するかなぁ、と。もやしの和え物的な感じでしょうか。
それでは材料と作り方です。10分くらいで出来ちゃいま~す。キクラゲの水戻し分を抜けばですが。

…………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・皮をむいて細切りにしたじゃがいも200g ・水煮タケノコの細切り120g ・乾燥キクラゲ5gを水で戻して小さめに切ったもの ・パクチー3gの粗みじん切り(または青ネギかネギのみじん切り) 
★ナンプラー大1と1/2 ★豆板醤小1~(お好みで調節してください) ★酢大4 ★レモン汁大1と1/2 ★醤油小1と少し ★きび砂糖(または砂糖)小2/3 ★ゴマ油小1 ★粗びき黒胡椒適量

作り方
★を合わせておく。鍋に湯をわかし沸騰したら、塩を少々入れ、じゃがいもを入れたら(いったん熱湯が落ち着いてもそれもカウント)20秒だけ茹でて、すぐタケノコとキクラゲも入れ、5秒でざるにあげ湯をしっかり切る。さらにキッチンペーパーでもしっかり水気をとる。
合わせた★と①を和え、パクチーまたはネギを最後にさっと混ぜ、器に盛って出来上がりです。

…………………………………………………………………………

あ~んど。
RIMG3955 - Copie
パクチーがちょっと残ったので久しぶりにこれも作ってパクチー三昧しちゃいました♪
Cpicon 梅とコリアンダーのおにぎり by milketmoi
パクチーが大好き過ぎてやはり大好きな梅となんとな~く合わせてみたら、めちゃくちゃ美味しくて自分でもびっくりしたこの組み合わせおにぎり。納豆&クリームチーズ&ごはん
Cpicon 納豆とクリームチーズのごはん by milketmoiもびっくり美味なのですが、
このパクチー&梅も、もしパクチーがお好きな方ならばぜひ騙されたと思って一度お試しいただければと思います。ほんと美味くてちょっと新鮮びっくりなんですよ!

…………………………………………………………………………

地味ちゃんレシピでしたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG4854
雨上がりのマルシェ帰りの週末ごはんのご紹介でございます。
じゃ、とっととまいりますね。まずはアペロの盛り合わせ3種で、上から時計回りに市販のズッキーニのタルタル(前日と一緒)、ハモン・セラーノ(これも前日と同じ)、そして長年拝見させていただいてる「カリフォルニアのばあさんブログ」からメキシカンの定番のディップのコチラです。
←「アボカドディップ
食べ頃のアボカドがあったので簡単ちゃちゃっと作ってスーパーで買ってきたトルティーヤチップスを添えました。久しぶりでしたがやはり美味しくて、旦那はトルティーヤチップスを追加しておりました。
そう言えば旦那もアボガドディップとポトフは得意で以前はよく作ってくれたのですが、あれ、今は?…
RIMG4859
前菜は自分レシピのコチラ。
→「イカとひよこ豆の簡単美味マリネサラダ
我が家は美味しくて健康にもよいお豆をよくいただくのですが、これも常備の茹でひよこ豆とさっと茹でた魚介(レシピではイカですがミックス魚介でも十分美味しく出来ます)とトマト、玉ねぎをオリーブオイル、レモン汁、パプリカパウダーでさっと和えた簡単マリネサラダ。
作り置きが出来るので一番最初に作っておいて冷蔵庫に入れておけばあとは食べる時に出すだけでOKなのも便利。あっさりさっぱり美味しくてワインにも合うのですよん。
RIMG4865
メインは我が家の大好物のこれも「カリフォルニアのばあさんブログ」からのレシピでコチラ。
→「カリフォルニア風チキンケバブ
ケバブ(肉、魚、野菜などをローストする中東料理)はケバブでもこれはカリフォルニアのケバブでして、玉ねぎやにんにく、レモンの皮、レモン汁などをピュレ状にしたものでマリネしてオーブンで焼くスタイル。これがあっさりめで美味しいんです~。
ここフランスはアラブ系の方もたくさんなのでケバブ屋さんもものすごく多いのですが、そんな中東ケバブもスパイスがきいて美味しいところのはとっても美味しいのですが、こっちのカリフォルニアケバブもいやいや負けてませんよ。そしてまた添えた焼きトマトの酸味もよいのです。
このレシピさんはホント我が家の大事お気に入りレシピの1つでございます!
RIMG4845
そしてお皿さんたちもご紹介です。
アペロにはこの北東フランス「リュネヴィル」の1枚で、後でよく調べてみたら100年以上前の一時期だけに作られたモデルで本物アンティークだったもの。5枚揃っていて、しかも別の形が違うもの2枚も一緒にめっけて。あ、もちろんエマウスで、しかも山積み店の方でだったので1枚数十サンチームで買えたのです。かわいいし超ラッキーでした。
※ランチョンマットの微妙なシワは気になさらないようお願いいたします。いや気になりますね、申し訳ございません。旦那のアイロンがけです。
RIMG4853
コチラはフランス中央部「ジアン」の1枚。
「ジアン」のブロカント食器は縁に濃いめの色使いの曲線や直線が使われてることが結構多いのが印象的なのです。
RIMG4850
ケバブにはこれは裏の印がないのでですがブロカント食器ではあるものの若干モダン気味なのでフレンチ以外にも合わせやすく重宝している1枚。
ということで前日の残り物も入ってましたがこの日も大満足な週末ごはんなのでありました~。イェイ!

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいだきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG4827
小雨の朝だった昨日はブログを更新していざマルシェへ、の頃には雨は上がって日差しも出てきて。
歩いていくつもりだったのをチャリンコに変えてGO!おちりに水しみた~。
RIMG4826
寒さもそれほどではなくて、もちろん寒いは寒いけど、凍えるような感じではなく。
やっぱり少~し春に向かっていっているのかなぁ、なんて。ま、まだしっかり真冬ですが。
RIMG4823
そしてポルトガルバーへ到着。お店の方とボナネ~♪(おめでとう)とお気軽ご挨拶を交わして。
前回はあまりの寒さでヴァン・ショー(スパイスやお砂糖を入れたホット赤ワイン)をいただいたけど、
今回はまたまた一杯2ユーロのバラ色シュワシュワです。
RIMG4830
無料チップスの他に、
RIMG4829
これ食べて~、とボナネなショコラもサービスしてくださって、旦那と2つずついただいて。
RIMG4837
今年一年も特にかわりなくこうしてマルシェの時間も、そして私たちの暮らしも続けばこんな幸せなことはありませんし、それが何より一番です。
RIMG4832
こんなふうに2017年もな~んも変わらないマルシェを後にして、
RIMG4841
マルシェそばの映画館の上映中の映画を確認したら「君の名は」がやって来ていました。
これはやっぱり観ようかなぁ、と思っております。
RIMG4843
この後は午前中だけ開いてるスーパーでトルティーヤチップスを買って。
昨日日曜は(も)そんな我が家定番の普通に楽しい雨上がりの朝マルシェなのでありました。
さ、ごはんごはん!

…………………………………………………………………………


いつもマルシェですが最後まで読んでいただきありがとうございます!
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!

RIMG4806 - Copie
お正月からもう一週間、早いですね~。一週間の間に2016年から2017年へ、
そしてもうノエル&年末年始気分がフランスでは抜けてきた気もするような…。
さて週末ごはんのご紹介です。今、みなさん年はじめでお忙しいですので、とっととまいりますね。
まずはアペロの3種盛り合わせで上の段、左からから時計回りに、
スペインの生ハムのハモン・セラーノ、買ってきたズッキーニのタルタル、そして
Cpicon 【家ビストロごはん】ウフ・ミモザ by milketmoi
となっております。
ハモン・セラーノは年末年始用に生ハムを数種類買っていろいろお試しした中の最後の1種でして、
我が家のちょっといい生ハムの定番を見つけられたらと思っているところで、これはまあまあでした。
ウフ・ミモザは我が家の基本のはマヨネーズを使わず、白ワインヴィネガーとオリーブオイルとマスタード仕上げなところがちょいとスペシャル。あっさりでこれが美味なんです。
ちなみにウフとは卵のことであります。
RIMG4807 - Copie
2皿めはお買い得の時に買って冷凍しておいたドレッシングつきの牛肉のカルパッチョで、
いつものようにお皿ににんにくの香りをきゅっきゅっ、とちょっとしっかりめにつけて、
後は牛肉、ベビーリーフ、トマト、ケッパー、パルメザンなどをトッピング。
にんにくがときどき香ってとても美味しく、飽きない味でございます。
このにんにく方法、お魚のカルパッチョでも美味しくなるのでおすすめでございます。
RIMG4812 - Copie
そしてメインは冷凍しておいた海老を使って海老バーグとマッシュルームピラフに、シンプルサラダを添えました。盛り付けにちょ~っと失敗しました。なんかお皿がちょっとトレーチックになっちゃったな、とお皿さんに反省申し訳ない。お味は大丈夫で結構美味しくできました。
海老は塩気が強いので玉ねぎをたっぷりめに使い、甘みの割合が多めになるようにし、パン粉も冷凍しておいた塩気が少なめの残り食パンを豆乳に浸して使用。ソースも冷凍しておいた海老の殻で作ったなんちゃってアメリケーヌソースを使いました。
昔、日本で働いていた頃によく行っていた洋食屋さんの海老バーグがとても美味しかったので、それを目指しながらやってみましたが、その点ではまだまだです。そこはお手頃で美味しいお店だったのですがちょうど私が渡仏するちょっと前くらいに閉店してしまったのです。ニジマスのアーモンドソースなんかもそこで美味しさを知ったんですよねぇ。名前は確かセゾンだったかしら…
RIMG4815 - Copie
デザートは前日作ったガレット・デ・ロワでございます。
ご近所さんにもおすそ分けし、旦那はこのお昼に続き夜も2切れ(も)食べたので全てなくなりました。
我が家のには陶製の人形のフェーヴは入っていなかったので、どうやらおすそ分けしたどなたかのに入っていたようです。
RIMG4795 - Copie
そしてお皿もささっとご紹介。
アペロには年末のエマウスで見つけたばかりの北東フランス「サンタマン」の「アネモノ」柄を。
RIMG4797 - Copie
カルパッチョには「リモージュ」のこのお皿を。
RIMG4799 - Copie
メインの海老バーグにはたぶんかなり年季ものでアンティークだろうと思われるパリ郊外
「ショワジー・ル・ロワ」のお皿を。なのにトレーチック盛り付けにしてしまった…
RIMG4803 - Copie
ガレット・デ・ロワには北東フランス「リュネヴィル」の1枚を。
と言うことで今回も美味しくいただいたごはんでございました。
さて、今日は日曜でシュワシュワか熱々一杯の日でございますが、なんだか雲行きが怪すぃ。
あら、ちょっと小雨なんかも降ってきちゃったかしら。でもなぁ、行かないとなぁ…
それでは皆さま、引き続き素敵な週末&連休をお過ごしください♪

…………………………………………………………………………

最後まで読んでいだきありがとうございます!
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!


RIMG4770 - Copie
昨日1月6日は公現節(東方の三博士が来訪しキリストが神の子として公に現れたとされたとされ三博士の礼拝を記念する日)でフランスではガレット・デ・ロワ(galette des Rois=王様のおかしの意味)をいただく習慣日でした~。とは言うものの、1月中はお菓子屋さんやパン屋さん、スーパーにこのお菓子が並び、6日じゃなくてもフランス人はいただきます。で、アーモンドクリームをつめたパイ菓子であるこのガレット・デ・ロワ、簡単なこともあって我が家では毎年お手製でして。でも実は昨日が6日なことをお昼まですっかり忘れていて、旦那に、6日だよ、と言われ気が付いた次第。前の日から明日作ろう、
と決めているといいのですが、当日だと…ちょっと面倒くさかったりしたりなんかして。えへ。
で~も、市販のパイ生地も冷凍してあったので午後一でがんばって作りました~。
RIMG4772 - Copie
中にフェーヴ(fève=ソラマメの意味)という陶製の小さな人形を入れて焼き、それに当たった人は一年間の間幸運が続く、と言われております。ちなみに大昔は乾燥のソラマメを入れていたそうですが、火を通して柔らかくなったの食べて気づかない人がいるため、陶製になり、今は火が通っても大丈夫なプラスチック製の場合もあるようです。本当はこのフェーヴとそして当たった人が被る王冠もセットですが(買うと紙製のものがついてくる)、うちには王冠ちゃんがないのでなしとなっております。
そんなガレット・デ・ロワ、日本でも浸透してきているようで今の時期、店頭に並ぶお菓子屋さんも増えてきてるみたいですね。ここフランスでもお手軽に買う方もとても多くて、各有名菓子店も味とフェーヴに工夫を凝らして出しているようなのですが、そんな中でお手頃で美味しいと評判なのが、去年日本にも初進出したというフランスの冷凍食品専門店「ピカール」の冷凍のガレット・デ・ロワ。でも私はお試ししたことはなく、一回くらいいただいてお味を知っておきたいな、などと思っております。
さて、こんなふうに午後にお菓子を作ったり、夕方は週末のお買い物に出かけたりもしたのですが、
夜の9時過ぎに突然停電になりました。
RIMG4778 - Copie
するとご近所さんの、我が家と同じ電線のポルトガル系家と中国&ヴェトナム系家のお宅が停電で、
別のベルギー系家やブルターニュ系家のお宅の電線は問題なし。
で、停電のそれぞれ家で「EDF」というフランスの電力会社に電話をして1時間後に2名の修理の方がやってきて点検開始。旦那は外でご近所さんと修理の方と何やらわさわさ動いていて、
わたくしとベベっ子たちは家の中でローソクの下でひたすら、ぽけ~っと。
RIMG4793 - Copie

結局復旧したのは夜の12時近くだったのですが、一晩電気がつながらなかったら困ってたです~。
ありがたいですね、電気が使えること。そして来てくれた修理の方も。
旦那がお礼にビールを一箱プレゼントしたら、修理の方々、とっても嬉しそうに帰っていかれました。
夜勤明けにでもぐびっと飲んじゃってくださいませですね。ふふ。
あ、美味しくできたのでガレット・デ・ロワでもよかったかなぁ…

……………………………………………………………………


最後まで見ていただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村
ありがとうございます!

↑このページのトップヘ