février 2017

RIMG5138 - Copie
⑪号線のここ「アール・ゼ・メティエ」はマイナー気味ではあるけど知ってる人は知ってる博物館、
→「Musée des arts Métiers(パリ工芸博物館
の最寄り駅で、この美術館を運営するフランス国立工芸院によって1994年、
フランス人作家の「ジュール・ヴェルヌ(1828-1905)」のSF作品をモチーフにして改修された駅。
RIMG5134 - Copie
RIMG5136 - Copie
ジュール・ヴェルヌと言えば日本では、ジュール・ヴェルヌの世界を再現した東京ディズニーシーのミステリアスアイランドを思い浮かべる方も多いかもしれません。
_SX344_BO1,204,203,200_[1]
それ以前には1954年にジュール・ヴェルヌ原作の「海底二万里」が、
ディズニーによって映画化もされています。
主演はカーク・ダグラス。マイケル・ダグラスのパパさんですね。
マイケル・ダグラスはキャサリン・ゼダ=ジョーンズの旦那さまですね。
RIMG5137 - Copie
海底の潜水艦をイメージしたという鉄鋼で出来た構内にはこんないくつもの窓も。
RIMG5139 - Copie
椅子もごみ箱も構内の雰囲気に合わせて作られております。
RIMG5142
最初に申し上げた「パリ工芸博物館」に行く方以外にも、日本人をはじめ多くの方がここで降りることが多い理由が、この駅のそばにパリにある主な中華街の1つがあること。
(他には13区のプラス・ディタリーと19区のベルヴィル)
その中でも特に知られているのがボブンとフォーが人気で日本の媒体でも度々紹介されているこのお店。
→「フォーを食べにSONG HENG ~パリのレストラン 3区~
やはり今だによく紹介されているけど決して美味しいとは言えない13区の「Pho14」とは違って、
こちらの「SONG HENG」は大丈夫ちゃんと美味しいです!
旅行で来て、この駅を利用して食べに行かれた方も多いのではないでしょうか。
RIMG5145
私もここの中華街へはじめて来た時にこの駅にもはじめて降り立ちました。
(あの時食べたのは確か甘辛麻婆茄子定食だったでしょうか。あれごはんが進んでなかなか美味しかったんですよね。そのうち再現に挑戦してみましょう!)
ということで一度来るとかなり印象が強いアートなこの駅。
中華を食べに行く際にちょっとだけ探検してみるのもよいかと思います。

                              つづく

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!


RIMG5695 - Copie
今日は今1週間に1度くらいの割合になっているレシピのご紹介でございます。
無理せずこれくらいの頻度が自分にはいいようです。でもたまに思った通りの味に仕上がらなくて、
今週のレシピないぞ、と焦って一晩レシピを考え直して翌日作り直す、もあるんですよ。
1人内輪話でございます。へへへ。
ということで超~簡単な「レンコン海苔チーズ春巻き」です。
具材はレンコン、チーズ、海苔の3つだけ。具材を炒める、とかとろみをつける、とか一切ありません。
具材と調味料を混ぜて、あとは皮で巻いて揚げるだけとなっておりま~す。が、
あっさりめでイケます!おつまみにもおかずにもなります!
でも実はこれも作り直して2度めでよくなったもの。
1度めは長イモを使い、調味料のゴマ油をオリーブオイルでやってみたのですが、
長イモが揚げるとせっかくのシャキシャキがだいぶなくなって私的にはもったいないと思ったし、
味付けもちょっとぼやけていたので、もっと歯触り残りそうなレンコン&香りの強いゴマ油に変え、
翌日にすぐ再挑戦してみたと、ま、こういうわけなんです。
ちなみに長イモもレンコンもアジア食品屋さんでわりとお手軽に買えるんです。銀杏もね♪
それでは材料と作り方で~す。

…………………………………………………………………………

材料(4個分)
・皮をむいて小さめ角切りにしたレンコン120g ・溶けるチーズ50g ・小さくちぎった焼き海苔1枚分 ・春巻きの皮4枚 ☆薄力粉大1/2と水大1/2と混ぜたもの ・揚げ油適量  
★ゴマ油小2 ★醤油小1 ★和風だしのもと小1/2 ★酒大1 ★塩胡椒少々 ★片栗粉大1 

作り方
ボールにレンコン、チーズを入れ、さっと混ぜたら★で味付けし、海苔を混ぜる。
春巻きの皮で①を1/4ずつ包み、巻き終わりを☆でのりにしてくっつける。
揚げ油を熱し、春巻きを色よく揚げる。
皿に盛り、レタスなどを添えてどうぞ。何もつけずそのままで美味しいです。

…………………………………………………………………………

あ~んど。
topchef8[1]
昨日の水曜日の夜は私の一番好きなTV番組「TOP CHEF」の日でした。
今年は1月25日から始まったのですが、この番組のために水曜日は夜9時始まりまでに家のこと全部終わらせ、そしてリビングのTVの前にビールとお水をそばに置いて座ります。
2010年から始まったこの料理人たちのコンペティション番組、もともとはアメリカで2006年から放送されたものを、フランスとベルギーの会社が共同で制作を始め、今年でシーズン8。
以前はクリスチャン・コンスタン(7区のサン・ドミニク通りの日本人にも人気のカフェ・コンスタンなどのオーナー兼シェフ)や、フランスの人気料理家シリル・シニャック(なんとあのソフィー・マルソーとお付き合いしていましたが去年破局したようです)なんかも出ていましたが、現在の主要審査委員は、左からミシェル・サラン、エレーヌ・ダローズ、フィリップ・エチュベスト、はじめからずっと出ているジャン=フランソワ・ピエージュ、そして人気司会者のステファン・ローテンバーグの顔ぶれ。
で、フランス各地から集まった料理人(今回はなんと北京でレストランを開いてる方もいる)たちが毎週1人ずつ落ちてしまうのですが、昨日は私が応援していたピエールさんが落ちてしまったのです~。
27歳のピエールさんはプレタポルテのお店で販売のお仕事をなさっている方なのですが、料理に情熱を長年持っていて、この「TOP CHEF」の前にある、料理を勉強中の学生さんや料理に情熱を持っているアマチュアの人が参加できる「TOP CHEF OBJECTIF」という番組に2度めの挑戦で今年やっと最後まで勝ち抜いてきて、そしてこちらのプロの料理人たちコンペティション「TOP CHEF」への参加権をたった1人得た方だったのです。奥さまと可愛らしいお子さん2人もいらっしゃって。
プロの下で料理を勉強してる人の中で勝ち抜くことって(しかも素晴らしい若い料理人さんがたくさんいた)ものすごいことなので、料理が好きな1人として(ピエールさんの足元まで1万キロ以上及びませんが)ほんと応援していたのですが残念。実は今日もまだちょ~っとだけ引きずっております。
でもしかたありませんね。来週から新しく応援する人を見つけます~。
でもですね、何より料理たちが素晴らしくドレッサージュも芸術的で、
そして私でもちょっとだけマネできそうなアイディアや組み合わせもあって面白いんです!
ご興味のある方は「M6 TOP CHEF」で検索なさってみてくださいませ。
それでは今日はちょっと更新時間がいつもより遅くなってしまいましたが、また明日~

…………………………………………………………………………

長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!



RIMG5564
先週末は知り合いのフランス人カップル宅へ。もう1組のフランス人カップルも招かれていて計6人です。
(ちなみにもう1組カップルは初めてお会いする方々)
ディナーはラクレットで、スイスとフランス・サヴォア地方の、溶けたチーズを加工肉類やじゃがいもにかけていただく料理で、ラクレットグリルというものを使っていただきます。
真ん中に置かれているのがそのラクレットグリルで、このお宅のは丸形。
………………………………………………………………………

ちなみに我が家のグリルは、
RIMG4985 - Copie
こんな四角形。取ってのついた小さなラクレットパンにチーズを入れて熱くなったグリルの間に差し込んでチーズを溶かします。
………………………………………………………………………

RIMG5567
で、まずはその前におつまみのパイ生地包みの豚肉パテやサラミ、オリーブと、
RIMG5569
アペリティフをいただき1時間近くおしゃべり。
そしてこの後ラクレットのディナーで。
RIMG5575
各種大量の生ハム&ラクレットチーズ、
RIMG5576
各種大量のサラミ&ラクレットチーズ、
RIMG5578
そしてゆでじゃがいもで~す。
RIMG5580
ワインはアルザスの白ワインでして。
見ていただいた通り、とにかくアペロから加工肉類祭り~。
でもこれ、フランス人家庭の場合はよくあるんです。
とにかくラクレットには大量の加工肉。さっすが肉食星人!
ということでそれぞれでチーズをラクレットパンに入れて熱くなったグリルにセット。
RIMG5583
チーズは1、2分で結構すぐ溶けてくるので自分の皿にとったじゃがいもや加工肉にかけていただきます。
やっぱりとても美味しいです♪ 私は特にじゃがいもにかけたのが好き。が、他の方たちの加工肉を食べる量に密かにびっくり!じゃがいもは1個か2個でとにかくチーズを生ハム、サラミにからめて肉類をどんどこ食べていく~。
RIMG5585
そんな中、新鮮だったのがチーズの他に卵もラクレットパンに入れて半熟にして具材にかけていただくスタイル。我が家ではしたことがなかったし知らなかったのですが、これもよいよい♪
で、この卵ちゃんスタイル知らなかったです、って言ったら、ピカルディー出身の旦那が、
ピカルディーではしないの?って言われてましたよ。
これは我が家でも次回からやろうと思います~。
RIMG5591

この後は、わたくしが持っていった手作りガレット・デ・ロワのデザートだったのですが、
この大きいのを6等分に分け、それぞれ大きいのを1切れずつで。
実は私はお腹いっぱいでとてもじゃないけど食べれない状態でした。
だけど皆さん、大量のお肉を食べた後だけど、余裕でぜんぜん食べれる~。それにもまたびっくり。
でも美味しい美味しい、と言っていただき、残った私の分も男性方は食べたそうなくらい。
たぶんこのお宅ご主人さんが翌日に召し上がってくださりそうでした。ふふ。
ということで、今年のヴァカンスの話や春にオープンする大型の激安スーパーマーケット情報もゲット出来て、初めて聞くフランス語の言い回しなんかも興味深くて、そして改めてフランス人の肉食星人ぶりも目のあたりにして確認?!できた、楽しいディナータイムなのでありました。

………………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッと応援クリックしていただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ