mai 2017

RIMG8566 - Copie
メトロ12号線の「ラマルク=コランクール(Lamarck Caulaincourt)」は、
映画「アメリ」に出てきたモンマルトルにあるメトロ駅。
そこからすぐの、知らないとちょっと見過ごしてしまいそうな通りは、
古き良き時代のパリの雰囲気が残る美しい坂道。
RIMG8568 - Copie
RIMG8569 - Copie
パステルの窓辺が並ぶアパルトマンと今の季節の濃い緑がまた素敵で、
のんびり歩くだけでも気持ちがいいのです。
RIMG8571 - Copie
そんな坂道の途中にあるのがこのお店「ラパン・アジル( LAPIN AGILE)」。
19世紀から20世紀初頭にかけてアポリネールやピカソ、モディリアー二など多くの芸術家たちが集まったシァンソニエ。
RIMG8582 - Copie
シャンソニエとはお酒を飲みながら歌を聴ける酒場でなんと現在も開いているのです。
でもこんな昔ながらのシャンソニエは今のパリでは希少だそう。
RIMG8763 - Copie
建物が建ったのは1795年で、1860年にオーベルジュ「オ・ランデヴ・ヴォルー(Au Rendez‐vous voleurs=泥棒たちの待ち合わせ)」が開店し、その後1869年には「キャバレ・デザササン(Cabaret des Assassins=殺し屋たちのキャバレ―)」というお店になり、そして1879年に、風刺画家アンドレ・ジル(André Gill)が「殺し屋たちのキャバレー」の壁に描いたこのフライパンから飛び出すウサギの絵
「ル・ラパン・ア・ジル(Le  lapin à Gill=ジルのウサギ)」がきっかけとなり
「ル・ラパン・アジル(Le lapin agile=跳ねウサギ)」という言葉とをかけて
「ラパン・アジル(Lapin Agile)」という名前になりました。
言葉遊び「ジュ・ド・モ(Jeu de mots)」からついたんですね。
RIMG8766 - Copie
この方がアンドレ・ジルさん(1840-1885)。画家で歌手でもあったようです。
それにしても「泥棒たちの待ち合わせ」とか「殺し屋たちのキャバレー」とか。
物騒な名前がついていましたが、19世紀のパリの遊び心と雰囲気が感じられてわたくし嫌いじゃないです。ジャン・ギャバンな映画の世界??
RIMG8580 - Copie
これは当時のこのお店を描いた絵ですが、
RIMG8578 - Copie
現在はこのような感じとなっております。
後ろの建物もそのままですね。
こういうのが残っているのがパリの素敵なところだな、と思います。
RIMG8575 - Copie
営業時間は夜21時から深夜1時までで、アペリティフが一杯ついて1人28ユーロ。
私はまだ入ったことがないのですがここはぜひ一度来てみたいと思っております!
その際はまたばっちりレポートしたいです~

住所…22 rue des Saules 18区
TEL…01 46 06 85 87
営業日…火曜~日曜日の夜21時~翌1時まで
HP…「LAPIN AGILE
                 つづく

……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG8549 - Copie
昨日お昼のニュースで、
花粉の季節がやってきました、
フランス国内の花粉飛散量はこうなっています、
こういう対策をしてください、6月末には終了するでしょう、
的内容が伝えられておりまして、やつめいよいよ来たか、と思ったのですが、
いやいやいやいや、昨日夕方本当に来ちゃいました~。
ニュースのことすっかり忘れ、夕方わんこ散歩に元気に行ったらそれがいかんかった~。
帰ってきてすぐシャワーを浴びるはしたのですが、
その後鼻が詰まる詰まる、目がかゆいかゆい。
去年のこの時期は雨が多く、花粉的にはとてもラクだったのですが、
今年はラクじゃないようです。しかし気合いでがんばります!
人生は何事も気合いが大事です!なんちってなんちって。
さて先週はお休みいたしましたので二週間ぶりの木曜レシピコーナーでして、
今回は少し前の週末ごはんで作ったら美味しかったのでまた分量をはかりながら作った、
フランスの家庭料理の大定番おふくろの味的な、
ブフ・オ・キャロット(牛肉の人参の煮込み)を少しエキゾチック風味にしてみた、
「ブフ・オ・キャロット、クミンとコリアンダーの風味」です。
我が家常備のうさ坊やタムちゃんの大好物のパクチー(コリアンダー)、
でもタムちゃん葉っぱの柔らかいとこしか食べないもので
茎だけがいつも冷蔵庫に寂しく残るのです。
で、その茎をブーケガル二の代わりに風味だしとして使ってみようと。
それなら香りのよいクミンも使おうと。
そうしたらこれがいい味出まして、パクチーも生とはまた少し違う風味。
これならもしかしたらパクチー苦手な方も食べれるかもです。かもですが。
そして煮込みでもあっさりめの味なので今の季節でも重くないかと思います。
人参もかなりたっぷり入っていますので栄養バランスもいいかな、と。
調理ポイントは、そんなパクチー&クミン使いと、
後は牛肉が柔らかくなるようにじっくり煮込むこと。
パクチーの茎だけそんなないわ、な場合は葉ごと使ってくださいませ。
もし圧力鍋があれば時間がうんと短縮出来ますのでそれもおすすめです。
それと、今回料理名をパクチーじゃなくコリアンダーにしたのは、
アジア風ではなくどちらかというとアラブ風な味なので、
あえてコリアンダーとさせていただきました。
それでは材料と作り方です!
……………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・大きめに切って軽く塩胡椒した煮込み用牛肉450g ・皮をむいて輪切りにした人参300g ・玉ねぎの薄切り100g ・オリーブオイル大2~3 ・クミンシード小1 
・コリアンダーの茎部分40~50gと葉の部分少々 ・白ワイン300ml ・水300ml ・ナンプラー大1と1/2 ・塩胡椒少々 

作り方
厚手の鍋(私はココット鍋使用)を強めの火で温め、オリーブオイルと牛肉を入れ、
牛肉全体にいい焼き色をつけ、いったん皿に取っておく。
同じ鍋にクミンシードを入れ炒め、パチパチして香りが出てきたら
(たまにパチパチがあまりしない時もありますが香りが出ればOK)
玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒め、人参も加えさっと炒める。
全体に油が回ったら、牛肉を戻し、白ワインと水を入れ、火を強め、
沸騰してアクが出てきたらとり、コリアンダーの茎とナンプラーを入れ、
火を中火くらいにし、蓋をして1時間半くらい、お肉が柔らかくなるまで煮込む。
煮えたら味を見て、塩胡椒でお好みに調味し、
仕上げにコリアンダーの葉を散らして出来上がりです。
……………………………………………………………………
あ~んど。
今回フランスの定番家庭料理をご紹介させていただきましたので、
併せていくつかのフランスの定番料理レシピもご紹介させておいていただきますね。
フランスの大定番人参サラダ→Cpicon フランスのシンプルにんじんサラダ by milketmoi
それのちょっとピリっと味→Cpicon フランスのシンプル人参サラダ*ムタール編 by milketmoi
地味に?大好評→Cpicon 【家ビストロごはん】カリカリパンのサラダ by milketmoi
大好評いただいています→Cpicon 【家ビストロごはん】グラタン・ドフィノワ by milketmoi
パリのお惣菜屋さんにビジュアルもお味も負けない?→Cpicon アスパラとサーモンとディルのキッシュ by milketmoi
となっております。
フランス料理というとくどいイメージがある方もいらっしゃると思うのですが、
以外にあっさりシンプルで幅広い方々に喜んでいただけるかなと思います。

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG8136 - Copie
「パリから行く小さな旅」アミアン編のラスト記事となります。
ジュール・ヴェルヌの家の後は1981年にユネスコ世界遺産登録されている、
ノートルダム大聖堂へ。
RIMG8137 - Copie
フランスでも最も大きいものの1つである、ゴシック様式の大聖堂です。
RIMG8139 - Copie
正面の扉は世界が終わりを迎える時、キリストを通じて全人類に審判がなされるという
「最後の審判」の石像彫刻。
悪業が善業を上回ったら地獄に落ちるらしい。
それでは中へ。
RIMG8143 - Copie - Copie
さすがに大きくて圧巻です。
RIMG8144 - Copie - Copie
今まで見た中で強く印象に残っているのは自分はスペインのトレドの大聖堂なのですが、
トレドの大聖堂は1226年から267年の年月をかけて作られていて、
ノートルダム大聖堂は1220年から68年間くらいで建設されたもの。
当時としてはとても短い期間だったようです。
ただし現在の大聖堂はフランス革命と1915年、1940年の戦争でかなりの被害を受け、
1954年から多くが修復されたものだそう。
RIMG8147 - Copie
せっかく人間によって素晴らしいものが作り出されたのに、
人間に壊されたのですね。
RIMG8151 - Copie - Copie
ところで昔、イタリアを旅した時、ある小さな町の宿で、
そこの主人にひどいボッタクリをふっかけられたことがあるのですが(シカトしました)、その後、偶然その町の教会で熱心に祈りを捧げる彼を見かけまして、
いったい何を祈っているのだろうか、と。
そして、これも人間というものかなぁ、と、しみじみ思ったものです。
興味深いことだったので今も忘れられません。
さすがに顔は忘れちゃいましたけどね。
RIMG8153 - Copie - Copie
RIMG8149 - Copie
この大聖堂は内部の石像の彫刻たちもまた繊細で素晴らしかったのです。
古代ユダヤの宗教家で預言家で、イエス・キリストに洗礼を授けたという洗礼者ヨハネの生涯を描いたものや、
RIMG8156 - Copie
スペインで生まれアミアンの最初の大司教になった聖フィルマンの生涯、
大司教フェリーの墓標彫刻など500年以上前の作品が、壁や回廊に並び、
その繊細さにしばし見入ってしまいます。
戦争の時は別の場所に移したんでしょうかねぇ。
RIMG8162 - Copie
そして厳かなこの大聖堂を出て、
RIMG8140 - Copie
ふと気が付いたのが、すぐ目の前にあったピカルディーの郷土料理レストランの文字。
ピカルディー弁「bien boère(ビヤン・ボエール)」は
フランス語だと「bien boire(ビヤン・ボワール」で
「よく飲みましょ♪」みたいな。
RIMG8141 - Copie
ピカルディー弁「bien matcher(ビヤン・マッチェ)」は、
フランス語だと「bien manger(ビヤン・マンジェ)」で
「よく食べましょ♪」的な。
RIMG8142 - Copie

そして、
ピカルディー弁「et pis ne rien foaire(エ・ピ・ヌ・リヤン・フォエ―ル)」は、
フランス語だと「et puis ne rien faire(エ・ピュイ・ヌ・リヤン・フェ―ル)で、
「で、後は何もしないのさ!」みたいな感じでしょうか。
ピカルディー生まれの旦那も子供の頃、
ママンにピカルディー弁でときどき話されたそうですよ。
きっとマクロンさんもだったんでしょうねぇ。

                おわり
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG8917
マルシェから帰ってきてすぐの、週末日曜ごはんのご紹介です。
お天気があまりにもよかったのでお庭ごはんにし、
この日は何も準備していなかったので市販品とお買い得品での、
超簡単ビストロ風コースごはん。
先ずは我が家のお気に入り赤身のサラミと前日の残り人参の甘酢サラダ。
このサラミ、うす~く切っていただくと美味しいんです。
RIMG8918
お次は冷凍エスカルゴ。
これで常備エスカルゴがなくなってのでまた買っておかなくちゃです。
実は雨が降った後の庭に結構な数のエスカルゴさんが現れまして、
旦那が、これも同じだよ、食べれるよ、って言うのですが、
やはりちょ~っと人参葉のようなお気軽節約な気持ちにはなれません。
雨が多かった去年6月なんてものすごいエスカルゴでしたねぇ。
ハーブ食べられちゃうんでせっせことって近くの林に運びましたっけ。
RIMG8921
そしてこれは市販の焼きニョッキで私の大好物。
茹でニョッキも美味しいけど焼きもこれまた美味しいんです~。
いつもはオリーブオイルとバターでシンプルに焼くだけですが、
フランス、カルバドスのデイズィニー(D’ISIGNY)村の
美味しい生クリームが残っていたので、
(ウォルト・ディズニーさんのご先祖さまはこの村出身で苗字の由来はこの村)
今回はクリーム風味に。はじめてだったけどクリーム味も美味しかった~。
やはりデイズィニー村の生クリームというのもまたよかったのかも。
この村の乳製品はバターなんかも濃厚だけど質がよいのでくどくなくて、
フランスの有名どころお高いバターより美味しいかな、なんて私は思っちゃいます。
RIMG8926
そしてメインはビストロ王道メニューの牛肉のタルタルステーキです。
カルフールでお買い得になっていたシャロレー牛のタルタルで、
エシャロット、ピクルス、ケッパーなどと付属ソースを混ぜて、
卵黄をのせました。でも卵黄ちょっと崩れちゃいました~。
付け合わせは牛タルタルに王道のフライド・ポテトで旦那にお願いしました。
ちょっといやいややっていましたが最近チャリンコの手入れば~っかりしているので、
これくらいやってもらわねばと。
揚げ油の中にじゃがいもを入れたら、もうチャリンコに行っていい?と言うので、
ダメ。フライド・ポテトは責任もって最後まで揚げてください、とビシっと言いました。
RIMG8927
ベベっ子たちは、私たちが食べている間は私たちに何ももらえないとわかっているので
家庭菜園予定の場所で、な~んか食べれるものねぇか、とやっております。
家庭菜園も旦那がチャリンコばかりやっているのでなかなか進んでおりません。
RIMG8931
食べ物諦めたアンちゃん(ジョアンナ)はちょっと暑かったので
ひんやり土の上で1人おネンネ。
鼻がちょっと長めのアンちゃんですが、お目目がすんごいキャラメル色。
今や我が家のナンバーワンお転婆娘で焼きもちっ子でママっ子。
夜寝る時はママの顔に自分の顔をくっつけて手を絡めて眠ります。
まるでラブラブな彼女のようなんです。
ダイレクトにあたるかわいい鼻息がとてもとても愛おしくて…
猟で小型犬を魚の餌にするという世にも恐ろしいことを、禁止された今でも行っているインド洋のレユニヨン島から姉妹のジェンカと一緒に救出された子です。
こんなかわいい子たちが海に放られたらと思うとそれだけで胸が苦しくなります。
禁止なんて甘いもんじゃなく、やった人は超厳しく罰してほしいです。
どんな罰かを想像してみることはあるけど書くのはやめておきます。
……………………………………………………………………
あ~んど。
RIMG8936 - Copie
昨日夜10時ちょっと前の夕焼け。
日がどんどこどんどこ長くなっております。
6月21日の夏至の日はなんと夜11時前後まで明るいんですよ。
RIMG8938 - Copie
これからますますパリは素晴らしい季節。
まだ花粉の方もひどい症状になっていないのでこれまた嬉しい♡

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


RIMG8889
今日もですが、いいお天気に恵まれた昨日日曜の朝はいつもマルシェへ。
でもまだ、太陽の下にいると少し暑いかな、というくらい。25、6度くらいでしょうか。
そしてカラッとしているので気持ちがよいのです。
日本はすでに33度くらいまで上がってるところもあるようで、
私が日本にいた時の5月はそんなイメージがまったくないので、
5月後半なのに早いなぁ、それがどんどん広がっているんだなぁ、と。
ただしここ数年、パリも夏は結構蒸す日も出てきて、温暖化の影響があると感じます。
一昨年の7月に連日続いたカニキュール(猛暑)はキョーレツだったし、
去年も数日あって。今年の夏はどうかなぁ、と。
フランスは冷房がある家が少ないので(もちろん我が家もありません)、
まずなんと言ってもベベっ子たち(わんことうさちゃん)が心配になるんですよねぇ。
なので暑い日は三台ある扇風機を皆に直接当たらないようにしながら超稼働!
それでも心配で。今年三台も使わなくて済む夏、希望です~
RIMG8890
さてさてマルシェマルシェ♪ いつものパクチーとパセリのお買い物の前にいつもの、
RIMG8891
ポルトガルバーで一杯立ち寄り~。
RIMG8892
すると知り合いさんに会って最初の一杯ご馳走になっちゃいました。
だから次はこちらが、と思っていたら知り合いさん帰ってしまったので、
次回会った時だね、って。
RIMG8894
前日は旦那が100年近く前のチャリンコをゲットしたばかりで、
2日めの昨日朝もまだなんだかニタニタ超ご機嫌顔。
ほんとにもうコレクターになっているんですが、
あんなに集めてどうするんだろう、
断捨離なんて我が家は無理だな、と。
そんなチャリンコたちはほんと近々ご紹介させていただきますね。
なんか興味ある方も多いみたいですからね。
RIMG8897
そして二杯目の時は、お店の方が、ちょっとピーナッツ食べる?って。
そしたらちょっとじゃなく結構な盛りでやってきた~。
こういうケチケチじゃないとこが大好きなんですよ、もう♡
で、旦那がパクパク食べるから、
こんな全部食べちゃダメだよ、って妻。
ですが、
RIMG8899
あっちゅう間にこんなん。
RIMG8900
こんなん。
RIMG8901
またちょっとこんなん。
RIMG8904
そしてこうなった~。
だってお腹減ってるんだもん、って旦那。
ま、いいですけどね。私も結構食べたしね。へへ。
RIMG8905
そして人参葉はお気に召さないタムのご馳走を買いに八百屋さんへ。
で、最近はまず耳を澄ますんですよ。
すると聞こえてくるあの声…
RIMG8906
いましたいましたイタリア系いつも元気キュートムッシュー♡
でもこっちにまったく気づかなかったので、
わたくしそ~っと近づいて背中を指でちょんちょんして素早く逃げてきたら、
へっ?て振り返ったムッシュー、
なんだよ~、も~言ってよ~、って。
そんでもって私たちの手に杏握らせて、食べな、って。
RIMG8907
それがこの杏ちゃん。
その場で旦那がフランス人みたいに歩きながら皮ごとかじって食べたので、
私もマネっ子して歩きながらかぶりつきました。
これが甘くて瑞々しくてとっても美味しかったんですよ♪
さすがムッシューの杏ちゃん♡
ということでまたまた楽しい気分で家に帰ったのでありました~。

…………………………………………………………………


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

↑このページのトップヘ