mai 2017

RIMG8462
この日は朝からマクロン新大統領の就任式のTV中継とマルシェがあったので、
前日にほぼ料理の準備を終えていた大好きアラブごはんです。
まずは自分レシピですがアラブのひよこ豆のディップ「フムス」を枝豆で作ったコチラ。
Cpicon 枝豆のフムス by milketmoi
フランスの自然食品屋さん「ナチュラリア」で買った枝豆のフムスの再現で、
フランスでは冷凍枝豆しか買えないので冷凍で作っていますが、
それでもとても美味しいので日本の旬枝豆で作ったらさらに美味しいと思います!
調理ポイントの1つはにんにくを使いますがきつくならないよう炒めたものを使うこと。
ちょっとひと手間ですがこれでにんにくの風味が口に強く残らなくてグ~。
あっちゅうまに食べちゃいます!(旦那3分もかからず完食)
RIMG8466
2皿めはこれだけアラブ料理ではないのですが、
茹でておいた白アスパラにモッツアレラチーズをのせてレンジでチンしたもの。
はじめて組み合わせでしたがなかなか美味しかったのです。が、
ちゃんとした1皿にするにはあともうひと工夫必要かな、と。
RIMG8469
3皿めは豚肉とパプリカのブロシェット(串焼き)とチョリソーです。
アラブ料理ではイスラムの宗教上豚肉は使いませんが、
ま、我が家はイスラム教徒がおりませんのでそこは特に拘らずで、
前の日にオリーオイルとレモン汁とこのスパイスでマリネしておいて、
Cpicon 手作り簡単♪モロッコ風ミックススパイス by milketmoi
この1品だけマルシェから帰ってきて焼きました。
大きく見えるかもですが少し大きめ焼き鳥くらいの大きさ。
というのもこの後もう1品あるからでして、
RIMG8472
人気ブロカント食器「ディゴワンサルグミンヌ」のシチュー鍋に入れてサーブしたのは、
RIMG8473
同じパリ郊外在住のMERUMOさんブログ「フランス生活 色彩の記録」
でご紹介なさっていてずっと食べたかったこのクスクスをお試し。
→「材料は6つ 簡単クスクス
名前の通り材料少なくて本当に簡単!
RIMG8478
今回はスムールが切れていたので挽き割り小麦のブルグルを煮て、
アラブの唐辛子ペースト、アリッサを混ぜたものを合わせまして、
RIMG8480
いただきます。さてさてそのお味は?
これがと~っても美味しかったのです!
鶏肉のうまみと玉ねぎの自然な甘みとひよこ豆のホクホクと、
そしてレーズンの果実の甘みがこれまたアクセントで、ひたすた優し~いお味。
美味しい~~♪ってそればかり出ちゃいましたねぇ~。
この優しい味わい、以前作ってこれまたと~っても美味だった
このタジンを思い起こしたのですが、
Cpicon モロッコ風チキンと野菜のタジン by tabi_chan
いやぁ、アラブ料理って本当に美味しいです!
……………………………………………………………………
あ~んど。
RIMG8492
このクスクスで使ったスパイスが「RAS EL HANOUT」というこのスパイス。
MERUMOさんは瓶入りがおすすめということだったので瓶が欲しかったのですが、
旦那が近所のアラブ系食品屋さんに寄った時にこの袋のを買ってきちゃいまして。
あちゃ~、と思ったのですが仕方ない使ってみたら、これでも十分美味しい。
なのでこれを使い切ろうと思っています。
でも日本ではこのスパイスはなかなか手に入らないと思うので、
豚肉ブロシェットでご紹介したモロッコ風ミックススパイスでも
(自分レシピであれなのですが)
結構美味しく出来るんじゃないかなぁ、と予想しております。
スパイスをうまく使うと塩少なめでも十分美味しいので身体にいいのも嬉しい。
また近々アラブ料理ごはんしちゃいそうです~

……………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!



RIMG8435
新大統領の就任式はちょっと見たらもうそれで十分だったので
(ってかエリゼ宮に到着したまでしか見てないが)
いつも通り、日曜朝の定番、マルシェへ。
RIMG8436
季節のさくらんぼもですが早々とスイカも出ています。
どちらも日本で買えるアメリカンチェリーやスイカと変わらず美味しいんですよ。
でもスイカの種はだいぶ少ないかな。

RIMG8437
ということで絶賛就任式中で混み具合はどうかな、と思っていたのですが、
これがやっぱりいつもより人が少なめだったんです。
やっぱり家でTVで観てる方結構多いんだなぁ、
中には多くないだろうけど熱烈応援者さんならエリゼ宮まで行ってる方もいるのかなぁ、と。
RIMG8438
で、私たちもいつも通りの乾杯です!
でも今回は新大統領に素直に応援乾杯もちょっと兼ねてです~。
政治とは関係ないですが、多くの男性が(女性もですが)、
若い女性の方がやはりいいと思っているのは否めない。
そんな中でうんと上の女性をパートナーに選ぶってなかなか出来ることじゃないので、
その点がすごいな、と思うのです。
そんな自分は自分でいられる流されなさで、
フランスに(も)はびこる老害たちに振り回されず
フランスのためにがんばってほしいな、と。
そんなことを旦那とちょっとまじめに話したりなんかして。ほんとにちょっとだけね♪
RIMG8439
お向かいのお惣菜屋さんも行列少なめ。それでも出来ていましたが。
新作お惣菜がいくつか出てて美味しそうでした♡(じっくり見ちゃった)
RIMG8440
そしてうちのうさぎ坊やタムちゃんのパセリとパクチーを買いに、
イタリア系ムッシューの八百屋さんへ。
RIMG8441
この日もとっても元気で大きな声で、
オイラばかり撮って旦那さん、焼きもち焼いちゃうよ~ん、って。
その場にいた人たちケラケラ大笑い。
RIMG8442
朝からどんよりだった空もちょうどこの時、晴れてまいりまして。
この空と一緒でオランドからマクロンに変わって晴れてきたのかな、って旦那。
RIMG8443 - Copie
で、途中いつもと違う道を通ったらこんな超かわいい車に遭遇!
RIMG8450 - Copie
1930年代か40年代くらいのバスで、
乗客が少ない小さな村なんかで使われていたものだよ、って旦那。
RIMG8446 - Copie
中も見たくてキョロキョロしていたら、
このバスの目の前の家からマダムが出てきて私たちをニコニコ眺めていて。
とってもかわいいですね♪お宅のですか?と訊ねたら、
マダムが身振りで、マダム宅の奥にある建物を指すので見てみたら、
車の小さな修理工場があったのです。
工場が目印的に置いていたのですね。
するとマダムがいきなり話し出したのですがそれがまったくわからない言葉で、
ウクライナの方だったのです。(そこだけわかった)
で、どうやらドアが開くから乗ってみなさい、と。
ってかドアを開けてくれて、ほらほら、ってすごい優しい~。
RIMG8451 - Copie
中は少し散らかっていましたが年季が入っていて味があります。
RIMG8452 - Copie
後部座席はやっぱりバス!かわいいわ~♡
RIMG8444 - Copie

フードトラックにして青空レストランにしたらいいかもね、ってムフフと旦那。
うん、いいねいいね、って夢見る瞳?であたし。(見るだけ)
それにしてもウクライナ語?ロシア語?、まったくわからなかった!
世界はいろいろです~
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG8038 - Copie
今回アミアンまで来たのはアミアンが北のヴェネツィアとも言われ、
ソンム運河が街のあちこちを流れ、カヌーが楽しそうだね、
と、以前から話していたこともあってなのです。
RIMG8043 - Copie
ちょっと下見も兼ねていたのです。
RIMG8045 - Copie
そんなソンム運河は穏やかな流れ。
川沿いの家々には小さな橋がかけられ、ちょっとかわいい雰囲気。
RIMG8046 - Copie
我が街を流れるマルヌ川では、小舟で渡らなくてはならない家も多いけど、
ここアミアンはそれぞれがもっとこじんまり。
→「秋の終わりのマルヌ川クルーズ
RIMG8040 - Copie
海が大好きだったけど、カヌーに乗るようになってから川も大好きになって、
川によって水の流れがまったく違うのをカヌーにのりはじめて知って。
たとえばパリ郊外のセーヌは大きくて広いので流れが激しいし、
大きな船も通るので、大きなのが通るとその後カヌーが波に揺られて激しくて恐い。
それから急に水位の感覚ががくんと変わったり。
→「パリ郊外セーヌ川の小さな旅 ~初セーヌ川クルーズ編~
川の水の恐さも感じながら魅力を感じているのです。
で、ここアミアンの川はこんな感じか、と思いながら歩いたのです。
RIMG8047 - Copie
1840年に開校の水泳系の学校もあったようで。
RIMG8050 - Copie
こうして賑わった時期がマルヌ川のようにあったようです。
RIMG8051 - Copie
RIMG8049 - Copie
そんな学校も水質の変化で1960年に閉校。
もうその跡形はありません。
RIMG8053 - Copie
そして今はこうして綺麗な大型船が通っています。
RIMG8056 - Copie
中はレストラン。
皆さんが手を振ってくれたり笑顔を見せてくださって。
船からのそういうのって、なんかとても素敵な気持ちになります。
やっぱり水辺はいいものです。

…………………………………………………………………


さて、ただ今、
RIMG8421
このアミアンで生まれ育ったマクロン新大統領の就任式のTV中継中。
RIMG8422
エリゼ宮の様子や、
RIMG8424
マクロンさんの子供時代の写真などが紹介されていると、
RIMG8429
一足先に奥様のブリジッドさんが到着しました。一緒には来ないのですねぇ。
空のように明るい色のスーツに髪はきゅっとまとめています。
今日のために急いで一週間で仕立てたのでしょうか。
それともどこかのブランドでしょうか。
そして10時5分くらいに、
RIMG8432
マクロンさんが到着し、今日で退くオランド大統領が迎えます。
(ちょ~っと時間的勝負があったのでフォトが雑なことをどうぞお許しください)
RIMG8433
これからセレモニーが始まります。
でも、今日は日曜日。
なのでこれからシュワシュワに行ってまいりま~す。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

RIMG8011 - Copie
旦那がネットで見つけた50年代のチャリンコを受け取りに
北フランスのピカルディー地方へ向かったのは4月後半。
RIMG8013 - Copie
お天気は微妙だったけれど菜の花があちこちで咲いていて綺麗で。
でも車からよく目を凝らして蕾のやつないかなぁ、と探してしまいました。
蕾のがあったらちょいといただいて家で食べたいと思ったんですよ。
というのもフランスでは菜の花を食べる習慣がなくて、
売っているのは見たことがなく、あるのは菜の花のオイル(huile de colza)くらい。
この綺麗な菜の花もそのオイルのためなんだそう。
だから、蕾があってもとっちゃダメ、盗人になっちまうよ、って旦那。
ちょっとぐらいならいいんじゃな~い?って狡賢い顔であたし。(ジョークですよん)
ま、何にしても蕾なかったんですけどね。
RIMG8015 - Copie
さてまずはピカルディーの小さな街のチャリンコ主さんのお宅に到着。
来てみてびっくり!とても古い家で広い!
なんと400年以上前の建物で、街で一番古い家なんだそう。
RIMG8016 - Copie
納屋もこれまたデカくて50年代のチャリンコもあの納屋から出てきました。
RIMG8017 - Copie
通りに面した表からは中がこんなに広いとはまったくわからなくて。
パリのアパルトマンも表からだと建物たちがひしめいているように見えても、
入ると中庭があったり吹き抜けがあったりで表と表情が違ったりも多いのです。
あれがまた、おお!となって素敵なんです。
RIMG8019 - Copie
そしてチャリンコを受け取り、また菜の花畑ドライブ。
そして辿り着いたのは、
RIMG8023 - Copie
アミアン(Amiens)。マクロン新大統領と奥様のブリジッドさんが生まれた街です。
でもこの時はまだ選挙中だったので、タイトル後付けは否めません!
RIMG8025 - Copie
旦那はピカルディー出身なのでよく知った街ですが、私は初めて。
初めての街はワクワクします♪だいぶ曇ってましたけどね。北フランスですし。
RIMG8166 - Copie
ここはソンム運河が美しいサン=ルー(St-Leu)地区。
アミアンは第一次大戦と第二次大戦で大きな被害を受け
ここも1990年代に改修されたそうですが雰囲気のある美しい地区です。
RIMG8173 - Copie
川沿いにはたくさんのレストランが並んでいます。
美しい夕暮れ時なんかにここでアペロで一杯なんかすると素敵でしょうねぇ。
RIMG8168 - Copie
すると川の真ん中に黄色いTシャツを着た銅像??
あれ、実はマクロンさんの応援Tシャツだったんですよ。やはり地元ですねぇ。
1977年にこの街でマクロンさんは生まれ、この街のリセで、
当時先生だったブリジッドさんと出会ったとのこと。
あれから24年(知り合いか)、明日はいよいよ正式にフランスの新大統領となります。
地元盛り上がるだろうなぁ。
でもよく思うですが、地元だから応援!はちょっとよくわからない。
いえ、考えに賛同ならいいのですが、地元だから「だけ」だとわからない。
いえ、アミアンのマクロンさんを応援した方々がそうだということでもないのですが。
いや、でも地元から大統領はやっぱり嬉しいでしょうかねぇ。
明日はどうしよっかなぁ。早朝からTV観賞しちゃおっかなぁ。やっぱりしちゃうんだろうなぁ…

                 つづく
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

少し前にこの記事を書きましたが、
→「CFで見るアラン・ドロンの昔と今
アラン・ドロンが映画1本と舞台1本を終えてから引退なさるとのこと。
映画の方はパトリス・ルコント作品で共演はジュリエット・ビノシュ。
今までもルネ・クレマンやルキノ・ヴィスコンティ、ジャン=リュック・ゴダール、
ミケランジェロ・アントニオーニなど世界の有名監督の作品に主演してきましたが、
最後にフランスを代表する監督パトリス・ルコント作品。
引退は残念だけど作品は楽しみだな、と思っていたら、
ルキノ・ヴィスコンティの「山猫」の舞台として使われたシチリア島のパレルモの館に、
アラン・ドロンが何と53年ぶりに訪れる、という番組を見つけました。
キャスター、レア・サラメが同行していて2016年の9月なので結構つい最近。
時間が24分と長いので館の素晴らしさ堪能しながら(ほんとすごい!)、
さっと観ていただけるといいかな、と思います。

53年ぶりとのことで感慨深い様子が伝わるのですが、
11分10秒くらいからインタビューもあって、
軍隊時代のことや映画はもちろん女性、政治なんかについても語っているのですが、
アラン・ドロンはずっと右派支持で、まだ大統領選のだいぶ前だったので、
レアさんに、ジュペ(共和党からの候補だった)に入れるの?
フィヨン(右派でこの後不正がバレて支持率が下降)に入れるの?
サルコジ(元大統領で不正しまくったけどまた立候補しようとした)に入れるの?
とか聞かれて、サルコジには入れないね、などと答えております。
またマリーヌ・ル・ペンの父親、ジャン=マリー・ル・ペンとは友人同士で、
マリーヌ・ル・ペンに入れるの?と聞かれ、
今は彼女には入れない、と言っております。
そして今の世界に何が足らないと思う?と聞かれ、
お互い好きになることだと。
で、女性については、
女性は私の人生だ!大好きだ大好きだ大好きだ!と言っていらっしゃって。
今、気に入ってる1人が「Shy’m」だそうで。

それがこの方。
マルティニック出身の父とノルマンディー出身の母を持つメティス(métisse=混血)で、TV番組にもしょちゅう出てくる人気シンガー。
確かにエキゾチック美人でダンスも出来て魅力があると思うのですが、
ああ、アラン・ドロンってほんと~~に女性が好きなんだなぁ、と改めて思い、
ちょっとおかしくなってしまいました。
ま、何にしてもルコント作品が楽しみです!

※53年ぶりの「山猫」動画が場合によって再生不可能なようです。
申し訳ありません。
アラン・ドロンの表情も興味深く、
パレルモの館がまた本当に見事なのでとても残念です…

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ありがとうございます!

↑このページのトップヘ