mai 2018

akOEeR1LXBnCdqO1525875506_1525875610[1]
パリは先週木曜からずっと晴天続きで何と30度まで気温が上がった日も。
そんな恵まれたお天気パリに20年近くの付き合いになる
お友達が旦那さまと日本からやってきたので、
4人で青空日曜マルシェへGO!
しかも4人で旦那の古い自転車に乗って来たのですよ~。
最初私は、
女性はスカートとかだったら乗りにくいから自分の趣味を押し付けちゃだめ、
と反対したのですが、2人に聞いてみたらあっさり、自転車がいい♪と。
あれ、そう?ってあたし。で、旦那に、ごめん、自転車がいいって、って。
すると旦那、にやり。そしてせっせこ自転車の準備。
でもその自転車のフォトするの忘れちゃいました。
2人は撮りまくってましたけどね。ふふ。
tw9u7dfzDdTbnY71525873748_1525873831[1]
さてさてここに来たらポルトガルバーでバラ色シュワ子さん。
お店のお兄さんが4人分作ってくれております。
去年の花粉の時期、私がサングラスとマスクで怪しいアジア人姿でここに来た時、
オペレーションしたの?と、とぼけた顔で言った方です。
奥さまはとってもチャーミングなメガネ美人。
お兄さんもなかなかのイケメンさんでしょ。
69jWaOHRWRip0x11525874531_1525874618[1]
ということでお兄さんが作ってくれたバラ色シュワ子さんで乾杯です♪
日本からの2人は何もかもが新鮮みたいで、嘘みた~い!を連発。
日本で一緒の職場だったので、
今、パリ郊外の街でのこんなシチュエーション、
っていうのも不思議な感じもあるんですよね。
でも、昔、一緒に会社でお弁当食べてた時みたいに、飲んでた時みたいに、
お互い突っ込みあえてゲラゲラ笑ってな~んにも変わらない。
で、おかわりもいただいた後は。
E4NoSLjSOp_MiWX1525874708_1525874790[1]
マルシェ探検。
あれ何々?アーティーチョークだよ。とか、
ネギもあるんだね。ポワローっていうんだよ。とか。
A2HOcVs5CUh6TFy1525874875_1525874968[1]
すごいオリーブ~。おつまみに買っていこうね、とか。
umr3stjXhT_CPll1525875059_1525875154[1]
めっちゃ楽しそうで旦那も私も嬉しかったです♪
そして最後には。
EjQNP_742okqhcn1525875305_1525875411[1]
イタリア系ムッシューの八百屋さんへ。
二週間ヴァカンスでお休みだったけど戻ってきておりました~。
忙しいのにこの後、いつもの笑顔でお友達と一緒にフォトもしてくれました。
でも特売のラディッシュはうちにまた2袋あったので買わなかったのです。
ごめんね、ムッシュー。
この後は自転車せっせこ漕いで帰って、さ、お庭ごはんお庭ごはん!

……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

_LhJrSGQJuSVppF1525283228_1525283310[1]

今日もレシピコーナーとなっております。
と言いますのも、前回ご紹介させていたコチラ、
じゃがいもとラディッシュのオリーブオイルレモン和え」を
付け合わせにした1皿を作っていたので、
続けてご紹介の方がいいかな、と思ってです。ということで
「サーモンのムニエル、グリンピースソース」でございまして、
フランスでも今が旬の生のグリンピースを使ってソースにして
超簡単にお魚フレンチ仕立てにしてみました。
でもこのソースはレンジで温めた生クリームに
茹でたグリンピースとお塩を混ぜただけ。
新鮮なグリンピースはそれだけでも美味しいので
凝った味ではなくシンプル気味にしました。
で、実は旦那はグリンピースがあまり得意ではないのですが、
これは「oishii!」の一言がすぐ出たので大丈夫だと思います!
調理ポイントですが、まずはグリンピースちゃんを、
美味しく色よく茹でるのが大事なので、
今回はコチラのレシピを参考にさせていただきました。
Cpicon グリーンピースのキレイなゆで方と保存法 by はやみちゃん
綺麗な緑色で程よい歯応えも残って美味しく茹で上がりました。
あとはサーモンを焼き過ぎないこと。
焼きながら中の身に火が入ったのを色で見てわかった時点で、
すぐにお皿にとってください。
お魚の焼き過ぎはパサパサで残念になっちゃいますからね。
付け合わせにしたじゃが&ラディッシュさんも控えめなお味なので
メインの邪魔をしませんので組み合わせとして悪くないと思います。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………

材料(2人分)
・サーモンの切り身2枚 ・薄力粉小1くらい ・オリーブオイル大1くらい ・生のグリンピース50gを茹でたもの ・生クリーム50ml ・塩胡椒適量  

作り方
サーモンに軽く塩胡椒をし、薄力粉を薄くまんばんなくつける。
フライパンを十分に温め、オリーブオイルを馴染ませ、
サーモンを中も程よく火が入るくらいに焼いて皿に盛る。
耐熱容器に生クリームを入れ、レンジで温め、
茹でグリンピースと味を見ながら塩をする。
このソースを②のサーモンにかけお好みで粗びき黒胡椒を振る。
可能でしたら前もって作っておいた、
じゃがいもとラディッシュのオリーブオイルレモン和えを添えて
出来上がりです。
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

3_dAcpvi4bID_2L1525282770_1525282846[1]

ちょびっとバタバタしておりまして今日もレシピコーナーで~す。
あ、でも、私のバタバタなんてぜんぜんたいしたもんじゃありましぇん。
ということで超~簡単だけどシンプルで美味しい
「じゃがいもとラディッシュのオリーブオイルレモン和え」のご紹介です。
じゃがいもとラディッシュ組み合わせはフランスでは、まあまあな定番。
パリのお高め惣菜屋さんでもこの組み合わせサラダをたま~に見ます。
でも自分で作っちゃった方がいいかな、思ってて。
で、少し前に「じゃがいもとラディッシュのクリームマヨマスタード和え
をご紹介させていただいたのですが、今回はもっとシンプルに、
味付けはEXVオリーブオイルとレモンと塩だけ。胡椒はあえてなしです。
でもこれが凝ってなくてかえってじゃがいもとラディッシュの
美味しさが引き立ってなかなかいいんですよ~。
味見したらあっさり美味しいのでちょっと新鮮びっくりしちゃったです。
あ、でもぜんぜんパクリはしておりません。自分で思いつきでやった味付けです。
調理ポイントですが、う~ん、なので胡椒は使わないこと、でしょうか。
胡椒を使わないことで思い起こすのがポルトガルのサラダとかいくつかのお料理で、
EXVオリーブオイルと塩だけが結構ありまして、それがまたいいんですが、
これはそんなポルトガル料理の素朴な味わいと
ちょっと共通するところがあるかもしれません。
いろいろ調味料を合わせて使うのも面白いですが、
こんなふうに調味料に頼らず素材の組み合わせが主なのも面白いな、
と、今回改めて感じたんですよねぇ。
がっつり濃い味がお好きな方にはウケないレシピかもですが、
お野菜がお好きな方とか素朴な味わいがお好きな方には
気に入ってもらえそうかもです。あ、でもほんと、かもですけど。
ということで、それでは材料と作り方です。めちゃくちゃ簡単です♪

※コメントの返信が遅れていてごめんなさい。
明日か明後日には返信させていただきます!
……………………………………………………………

材料(2人分)
・皮をむいて乱切りにしたじゃがいも300g ・ヘタを切り取って乱切りにしたラディッシュ8~9個分 ★EXVオリーブオイル大2 ★レモン汁大1 ★レモンの皮のすりおろし1/2個分 ★味を見ながらいいお塩適量 ・あればフレッシュなハーブのみじん切り少々(今回はシブレット使用)

作り方
鍋に湯を沸かし、塩を少々入れ、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
煮えたらザルに上げ湯を切り、また鍋に戻し火にかけ水気を飛ばして、
火からおろし、そのまま置いて少し冷ます。
じゃがいもに★を混ぜ、ラディッシュも加え、さっと混ぜる。
お皿に盛り、あればハーブを飾って出来上がりです。

……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

eOw26SRzquYp7vE1524056985_1524057065[1]
GWが終わって、日本ではお忙しい月曜日だった方も多いのでしょうか。
こちらフランスでも今週が明日火曜日とその後木曜日が祝日でして、
その間にお休みをとって連休にしてる方も結構いらっしゃるので、
プチGW気分でちょびっとまったりとした雰囲気の週となっております。
で、私も昨日は久しぶりにちょびっと酔っぱらってしまい早寝をしてしまいました。
なので今日は少し前に材料と作り方だけ書いておいたレシピを急遽持ってまいりまして、
「アスパラときくらげと卵の塩炒め」のご紹介でございます。
ごはんに合う優しい味の炒め物で、旦那も美味しい♪と
最後の小さな卵までお箸で上手にとって食べておりました。
調理ポイントは、卵は炒めたら半熟くらいですぐいったんお皿にとることと、
アスパラは茹でずにそのまま炒めてシャキっとした歯応えを大事にすること。
フライパン1つで簡単に出来て冷めても美味しいので
お弁当のおかずにもよいですし、
ビールや日本酒のおつまみにも悪くないと思います。
あっさりとした美味しさなので結構あっちゅう間に食べちゃうかもです♪
それでは超早速ですが材料と作り方です!
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・根元2~3㎝を切って根本側の皮を少しむいた中くらいの太さのグリーンアスパラガス5本くらい ・5gのきくらげを水で戻しよく水気をとったもの ・卵2個(豆乳または牛乳大2、塩胡椒少々) ・オリーブオイル大1+大1 ・バター10g ・酒大2 ・和風だし小1/2 ・塩適量 

作り方
アスパラは食べやすい長さの斜め切り、きくらげも食べやすく切る。
卵は溶き()内のものをよく混ぜておく。
フライパンを強めの火で十分に熱し、オリーブオイル大とバターを入れなじませ、
卵を一気に入れ、手早く箸で混ぜ、半熟のスクランブルエッグにし、すぐ皿にとる。
ここにオリーブオイル大1を足し、アスパラを入れ、
中火よりやや強めの火で2分くらいこんがり焼く。
きくらげを加えさっと炒め合わせたら、酒を振り入れ、
和風だしと味を見ながら塩をする。
卵を戻し、さっと炒め合わせたらOK。お皿び盛って出来上がりです。  
…………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

4FPBOP_q9CG5TY91525528985_1525529079[1]
せっかくの青空パリなのでお庭で週末ごはんです。
まずは前菜で、カルフールで買っておいた
卵のセリー寄せとシャルキョトリー(加工肉類)の盛り合わせです。
暖かくなってきたのゼリー寄せはさっぱりよいです♪
atdprQhLvcmww161525529303_1525529418[1]
お次は、あるお店でいただいたシンプルなグリーンサラダがとても美味だったので
再現に挑戦中のサラダさん。
で、今回やっとほぼ同じ味再現に成功して美味しく出来ました♪
これはこれから我が家の基本サラダになりそうです!
4d5wthd7LXHgJBW1525529891_1525530136[1]
食べてしまわなきゃだったほうれん草はシンプルなパスタに。
でもちょっとだけ工夫をしてみているんです。
ただそれがあともうちょっとな感じでした~。
あっさり美味しかったのは美味しかったんですけどね。
B5JB8WRMyOUaxnI1525530223_1525530351[1]
そしてメインは旦那が焼いたバーベキューで、豚の串焼きと
アンドゥイエットと言う豚の腸や胃、バラ肉を詰めたソーセージと、
野菜はじゃがいもだけです。
急に思い立ったバーベキューだったので、
バーベキューによさげなお野菜が他にありませんでした~。
7VxOdAqmZOMYLhi1525530497_1525530625[1]
でも焼きじゃがいもにこのお塩を振ったら。
→「超おすすめのゲランドの燻製の塩
めちゃくちゃ美味しかった~。
なのでこれからバーベキューの焼き野菜はこのお塩に決まり。
あ、お肉もちょうどいい感じに焼けていて美味しかったです。
数年間、バーベキューはいつも焼き過ぎ星人だった旦那ですが、
や~っと、や~っと、程焼き星人になってくれました~。

……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!

↑このページのトップヘ