juin 2018

FotoJet (315)
ワールドカップのフランス対オーストラリア戦がお昼にあったため、
見事に静まり返ったお庭での週末ごはんのご紹介です。
パリ市内はそんなことはないと思うのですが、
ここパリ郊外の住宅街はほとんどの方が家で試合を見ていた模様。
ほんとに通りに人がぜんぜん通らないのですよ!
オリンピックの時とはぜんぜんちゃう。どんだけサッカー好きやねん、と。
ま、旦那と私は静かだねぇ、な~んて言いながらゆっくりお庭ごはんしましたけど。
FotoJet (311)
ということでまずはアペリティフで、
イタリアのハム、にんにくのハム、にんにくのマリネでございます。
にんにくのマリネは自分で作ってみようかな、なんて思ってるんですよ。
美味しいし、体にもよさそうだし、後で口が臭くないんですよ!
FotoJet (312)
そして2皿めは牛肉のカルパッチョでございます。
今回はイタリアの大粒ケッパーやパルメザンをトッピング。
あっさりでめちゃくちゃ美味すぃです~。
あ、お皿にまずにんにくの切り口をこすりつけて香りづけも忘れません。
FotoJet (313)
3皿めは市販の焼きニョッキにパルメザンをかけたもの。
お庭のお花を切っている間にちょ~と焦がしちまいました~。
でも焦げたの大好き旦那はこれぐらいがいいと。
バゲッドも端っこの堅いカリッってかガリッとしたとこが好きなんですよ。
あたしはそこはあまり好きじゃありません。
FotoJet (314)
4皿めはメインで、鯛のポワレ、夏野菜添えでございます。
鯛の焼き加減に気をつけ、オリジナルで工夫したソースを添えました。
これがまたと~っても美味しかったのです~。
お手頃なビストロで出てきても悪くないかもです。
いや、これよりずっといまいちなの出すビストロ、パリにありますよ。
業務用スーパーで買ってきたチルドを出すとことかね。
そんなお店がトリップアドバイザーで上位になってたりする、
と最近TVのインタビューで老舗ブラッセリー
「オ・ピエ・ド・コション」のオーナーが怒っておりました。
でも「オ・ピエ・ド・コション」も料理によっては
かなり微妙なので難しいところです…。
味の好みもありますけどねぇ。
さてさてサッカーですが、
結局2-1でフランスが勝ったことはご存知の方も多いと思いますが、
この試合より前日のポルトガル対スペイン戦の方が楽しめました。
FotoJet (308)
というのもや~っぱりロナウド。
私みたいなサッカーぜんぜんわからないものは、観ていて、
ただこの人目立つな、とか動きがすごいな、とかでしかわからないので、
ロナウドがダントツですごくて圧巻なのはわかりました。
FotoJet (309)
ポルトガルの、世界のスーパースターですね。
タトゥー批判派じゃないけど、タトゥーが入っていないのも◎
フランスもですが、今入れてる人がと~っても多い中で、
入れていない、っていうのが逆になんかかっちょいい。
そういうのありませんか。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (307)

昨日お伝えさせていただきましたが夏野菜を使った超簡単な1品で、
「パプリカだけ春巻き」のご紹介でございます。
ほんっとに簡単で四つ切りにした春巻きの皮かまたはワンタンの皮で、
縦に細めに切ったパプリカをくるくるっと巻いて、
水でといた薄力粉ののりで巻き終わりを止めて、あとはさっと揚げるだけ。
これにほんのちょっと塩をつけていただくと
これが美味しいんです!パプリカのほんのりな甘さがグッドです♪
なので必要なのは皮とパプリカと揚げ油と添えるお塩だけ。
実は春巻きの皮もパプリカも中途半端に残っていたものでして、
たとえばアスパラガスを皮で巻いて揚げるだけのが定番美味しいので、
パプリカはどうかな、と。一応ネットで検索したら、
パプリカだけ春巻きはなかったので、ないね、じゃ、やってみようと。
そしたらアスパラに負けないくらい美味しかったと、ま、こういうことなんです。
で、今回は残りもの使いだったのでパプリカだけですが、
「夏野菜の簡単巻くだけ春巻き」的に、
このパプリカだけ春巻き、アスパラだけ春巻き、ズッキーニだけ春巻き
(ズッキーニだけ春巻きは検索ですでに作ってらっしゃる方がいらっしゃいました)
なんかの夏野菜盛り合わせにしてもいいな、と。
野菜だけだけどちょっとリッチな感じになると思います。美味しいし。
あと、カロリーが気になる方は揚げないで、
オーブンかオーブントースターで焼いていただいてもよいですね。
ということで今回は材料と作り方はないんです~。
お子様も喜んで食べてくださるかな、と思いますし、おつまみにも最高です!
残ったので十分なので機会がありましたらどうぞお試しください。
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (306)
今週はちょっと肌寒いパリなのですが、そしたらジャポンもそうみたいで、
一緒だなぁ、やっぱりつながっているのかな、
と思ったのですが、いや、偶然ですね。
なんせ飛行機で12時間くらいかかるし、地図見てもめっちゃ離れてますもんね。
せめて6時間くらいだったらいいのになぁ。
あと100年くらいしたら速い飛行機出来てるんだろうなぁ。
うん、あきらめましょう。
さてレシピコーナーでして、夏野菜が美味しい季節ですね。
ということでそんななっちゃんお野菜を使って
「カラフル夏野菜のスパゲティー、アンチョビ醤油風味(麺つゆでもOK)」
のご紹介でございます。で、もう言っちゃわせていただきますが、
主な具材は夏野菜と調味料も兼ねているアンチョビで、
お肉系はなしですが大丈夫。美味しいです!ぜんっぜん物足りなくありません!
アンチョビ醤油風味ともうしましても醤油の方はほんと隠し味程度で少し。
でもそれくらいが野菜の甘さの邪魔にならなくていいんです。
調理ポイントはなのでお醤油少しってことと、
(お醤油を少しの麺つゆにしてもOKです)
あとはスパゲティーをアルデンテに茹でることくらいです。
それでは材料と作り方です。
あ、それから次回も夏野菜を使った超~簡単なおつまみをご紹介します。
レシピの材料と作り方書かなくてもいいくらいなんですが美味しいんです♪
はい、じゃ、材料&作り方です~。
…………………………………………………………………………

材料(2人分)
・根本を切ってそこから少し皮をむき斜めに切ったアスパラガス2本分(ズッキーニでも美味しいです) ・食べやすい大きさの千切りにした赤と黄のパプリカ150g ・へたをとって粗みじんにしたトマト120g ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・アンチョビのみじん切り6~7gくらい ・お好みで赤唐辛子の輪切り適量 ・オリーブオイル大2 ・酒大2 ★スパゲティーのゆで汁おたま半分くらい ★塩適量 ★醤油小1くらい ・スパゲティー180g  ・お好みでレモン半月切り適量

作り方
スパゲティーを茹で始める。
フライパンにオリーブオイルとにんにく、アンチョビ、赤唐辛子を入れ
中火よりやや強めの火にかけ炒め、香りがたったら、
アスパラガス、パプリカ、トマトを入れ、酒を振り、蓋をして、
中火で5分くらい蒸し焼きにする。
スパゲティーがまだ茹で上がっていなかったらいったん火を止める。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったら
ゆで汁をとってからよく湯を切り、②に入れ、
味をみながら★で調味して、出来上がりです。
いただく時、途中でレモン汁をしぼっても
少し風味が変わりそれもさっぱり美味しいです。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (297)
前日のパーチィーでいただいた赤いバラを飾っての、
(近々その様子もご紹介させていただきますね)
ブロカント&マルシェ帰りのお庭ごはんでございます。
私が準備している間、旦那はアペロをしながら読書。
いいなぁ…私もおフレンチ気分でしてみたい…。
さてそんなアペロのおつまみは、
買ってきたスペインのにんにくのマリネと、にんにく風味のハム。
にんにくは生なのですがしっかりマリネされているので、
後でにおいが口に残らないんですよ。
カリカリっととても美味しいです♪
FotoJet (298)
お食事1皿めはマルシェのフランスお惣菜屋さんで買ってきた、
私の大好物、サーモンの冷製と卵のゼリー寄せです。
どちらもくどくなくて美味しいんです~。
FotoJet (299)
お次も同じお店で買ったやはりお気に入りのタブレ(アラブのサラダ)。
でも本場のパセリたっぷりのものとは違う、
スムール(クスクスに添えるデュラムセモリナを使った粒粒)を使った
フランス風のもの。でもこれも美味しいんです。
特にこのお店のが!
でも最近、レバノン出身星シェフのタブレの作り方をTVで知ったので、
作ってみたいなぁ、と思っているのです。
本場のも美味しいんですよねぇ~。
作って美味しかったらレシピをご紹介させていただきたいです。
超ヘルスィーなんですよ。
FotoJet (300)
メインは旦那がバーベキューで焼いた、
牛肉の串焼き&私が揚げたポム・フリット(フライドポテト)。
で、お肉には軽く塩胡椒しただけで焼いてもらいまして。
FotoJet (302)
このお塩でいただきました。
→「超おすすめのゲランドの燻製の塩
やはりこのお塩美味!スモークした香りがたまりません。
赤身の牛肉にとてもよく合います~。
もう塩って言うか豊かな風味調味料です。
ほんとおすすめです!
FotoJet (303)
そしてデザートは今年初収穫のさくらんぼです。
どんどん出来ているので食べなくちゃです。
フランボワーズも今年はたくさん実をつけそうなので嬉しい♪
でもトゲがあって収穫の時は気をつけなくちゃなのですよね。
赤いかわい子ちゃんなんですけどねぇ。危険。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (286)
先週に引き続き、またまた自転車をがんばって漕ぎ漕ぎして
やってきたわが街マルシェでございます~。
ゼイゼイゼイゼイ…。
な~んて書いておりますが、
意外にまあまあへっちゃら。
3時間くらいは余裕で漕げますかねぇ。
FotoJet (287)
で、バラ色シュワ子さんで乾杯。
これから夏の終わりまでシュワ子さん、飲み頃です。
FotoJet (288)
すぐ前のターブルではトランプを楽しむ方々。
おつまみはマルシェで大箱で買ったフランボワーズ。
でも実はその前にバゲッドとかハムとか食べていて、
このフランボワーズはデザートなのです。
FotoJet (289)
こうやってほんとにリラックスしてデザートまで食べてトランプ出来ちゃう、
っていうのが外国の人っぽい。
私は今だにこういう本物のリラックスは出来ないので、
これ、ほんと違うなぁ、と思うのです。
手前の左の方は本物金髪ですがお鬚は茶色。
髪が金だからと言って必ずしも眉や髭も同じ色とは限らないんですよね。
それと子供の頃金髪でも大人になると茶色や黒になる人もたくさん。
子供の頃、自分も金髪だったのよ~、なんて言う人もたくさんいますよ。
FotoJet (290)
お隣のターブルには気さくなマダムとムッシューが座ったのですが、
マダムは柔道をやっているそうで、
剣道も興味があるのよ、弓道は素晴らしく洗練されているわ、
と熱く語り始め、しかも超詳しくていらっしゃって。
合気道をやっていた旦那と話しが弾む弾む!
で、柔道も剣道も弓道も合気道も武道はなんも知らない
日本人のmoiちゃん完全に蚊帳の外状態~。
でも実は、この状況はちょっと可笑しいかも、と1人心の中で楽しみ、
クスクスしていたのですが、おしゃべり大好きフランス人たち、
ほんと話が終わらないものだから、
普段おとなしめmoiちゃん(自分で言うのもあれですが)、
旦那に軍資金をもらい武道の話で盛り上がるフランス人たちを後にして、
ちょっくら1人マルシェ内お買い物旅へ。
FotoJet (291)
一番大きなお魚屋さんはだいぶ品薄。
肉食星人のイメージのフランス人ですが、
こうして見ているとお魚も人気ですねぇ。
わが街マルシェに限って言えば
お肉屋さんよりお魚屋さんの方がずっと混んでおります。
FotoJet (292)
人気フランス総菜屋さんもちょっと品薄。
FotoJet (293)
でもマルシェ閉店時間が近いので、おまけが増えてくるんですよ。
1パック買ったら1パックおまけ、とか3個で2個分のお値段、とか。
それは嬉しいのです!そりゃそうですよねねね?
お買い物を十分楽しんだ後は八百屋さんへ。
FotoJet (294)
この日のムッシューは旬のさくらんぼを大売出し~!
FotoJet (295)
袋かぶっておりますが、こうやってぜんっぜんかっこつけじゃないとこが好きなんです。
さくらんぼに合わせさくらんぼちゃんをするとこが好きなんです。
FotoJet (296)
でもやる時はやるイタリア男ですよ!
な~んてね。ぷぷ。

…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ