juillet 2018

FotoJet (477)

フランスが勝ちましたね~。
フランスチームは華があるけど、
実は地味ながらベルギーの方がすごいんでないの~、
な~んてちょっと思っていたものだから、フランスほんと強いんだ、ってびっくり!
で、試合が終わった途端静まり返っていた外の通りが、
クラクションだの何やら騒ぎ声だので騒々しくなりましたよ。
フランス各地も盛り上がったよう。シャンぜリゼもすごかったみたいです。
それはまたこの後ちょっとご紹介させていただきますね。
ということでまずは木曜レシピコーナーでして(覚えてる方少ないと思いますが)
冬の終わりくらいだったかしら。
超シンプル材料で作ってみたポルトガルのスープ
「カルド・ヴェルデ」風のじゃがいもとキャベツのスープが美味しかったので、
今の時期に合わせ冷製にしてみたら、これも美味だったのでご紹介です。
じゃがいもの冷たいスープと言えばヴィシソワーズが思い浮かびますが、
このスープは生クリームも牛乳もコンソメも〇〇だしも使っておりません。
でも、じゃがいもの優しい風味ととろみ、
そしてサボイキャベツのシャキシャキ食感がアクセントになってていいんです。
調理ポイントはなのでやはりサボイキャベツ。
これが入らないともの足りない味になっちゃうと思います。
サボイキャベツがなければ普通キャベツの千切りでもOK。
それとあえて胡椒は使わず優しい風味を大事にしております。
ポルトガル料理ってそれほど何でもかんでも胡椒は入れないんですよね。
で、これはお子様も大丈夫なのでご家族皆さんで召し上がっていただけます。
ガラスの器やかわいいグラスに入れればちょっとしたおしゃれな夏の1品になります。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・サボイキャベツの千切り70g(普通キャベツでもOK) ・水600ml ・塩小1/4) ・玉ねぎの薄切り50g ・皮をむいて薄切りにしたじゃがいも200g ・塩適量 ・EXVオリーブオイル大1+少々

作り方
小鍋に水を入れ、沸かし、沸騰したらキャベツと塩を入れ、
蓋をして中火で柔らかくなるまで15分くらい煮て火を止めておく。
別鍋を中火よりやや強めの火にかけ、オリーブオイルと玉ねぎを入れ炒める。
しんなりしたら①の煮汁だけ加える。
※キャベツは後で加えるので入れない。
ここにじゃがいもを入れ、蓋をして柔らかくなるまで煮る。
これをミキサーにかけ、ポタージュ状にし、鍋に戻す。
残しておいた煮キャベツを加え味をみながら塩をする。
この時とろみがあり過ぎだったら水と塩で少し調節する。
温かいのも美味しいのですが、今は暑いので、
冷ましてから容器を入れ替え、冷蔵庫で冷やす。
あればガラスの器かグラスに入れ、
EXVオリーブオイルを少したらして出来上がりです。
………………………………………………………………………

あ~んど。
昨夜、試合終了直後のシャンぜリゼの様子がTVで放送されました。
FotoJet (517)
左にはインタビューに答えているオリヴィエ・ジルー選手の映像。
イケメンだしプレーしてる姿はかっちょいいしで、
一見セクシーやんちゃ系に見えますが、
話をする様子は落ち着いていてちょっと控えめにも感じました。
意外です。ちょっと好感度大♡
グリーズマンは見た感じのまんまでやんちゃっぽくてかわいかったです。
FotoJet (518)
それにしてもシャンゼリゼはまるで年末のカウントダウンのよう。
フランスの勝利を喜んだ人々が繰り出して大騒ぎになっていましたよ。
FotoJet (519)
でもこんな時はスリも多発!そしてメトロは大混雑!
FotoJet (520)
日曜日の決勝戦の時はどうなることやら。
エッフェル塔も大画面が設置されるとかで、もしフランス勝ったら、
パリのあちこちですごいことになりそうです~。
でもとりあえずは今夜のイギリス対クロアチア戦観戦。
ってかクロアチアの選手の名前ってほとんど〇〇ッチだから頭がこんがらがっちゃう~。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (497)
いよいよですね~。
たぶん今夜8時には外にはほとんど人が通らないでしょう。
わたくしも冷凍ピザと赤ワインを準備して応援準備OK!
(食べ物の準備かい!と自分突っ込み~)
でも…フランスもベルギーも応援しているんですよ。
こういった私みたいな人、結構多いです。
と言いますのもお隣同士ですし、ベルギー人もベルギー系フランス人も、
フランス多いですからね。我が家お隣パトリスさんもベルギー系フランス人。
各ニュースでも、お隣同士の対戦だね、ってよく言っておりまして、
ベルギー国境の住人さんは両国の国旗を飾っている家も多いよう。
それからブリュッセルでは多くの職場が、
今夜は応援に備えて仕事が早く終わるんだそうですよ。
旦那もフランス戦が午後4時からの時は仕事が早く終わっておりました。
とにかく楽しみです!いい試合になるといいな。
ということでマルシェ帰りのごはんのご紹介です。
まずはフランス総菜屋さんでお得になっていたバスクのバイヨンヌの生ハム。
これがと~っても美味しかったんです♪
ちょっとコクのあるうまみがイベリコ豚の生ハムっぽかったかなぁ。
FotoJet (498)
お次はマルシェのアジア総菜屋さんで買ってきた
ネム(ヴェトナムの揚げ春巻き)で、たっぷりのミントとレタス添え。
我が家は必ず家で揚げ直しておりますが、
これで美味しさがググンとアップ。
たとえネムだけ10個出されてもサクサク食べれちゃいそうです~。
(それだけ美味しいってこと伝えたい!)
個人的には生春巻きより好きかもです~。
FotoJet (499)
これまたフランス総菜屋さんで買ってきまして、
サーモンとほうれん草のキッシュとトマトのファルシーです。
どちらも最後に少し残っていたものでお買い得。
キッシュは王道ですがあっさり。ファルシーは結構肉々しいんですよ。
どちらも家で作ろうと思えば作れますが買ってくるとラクチン~。
ポルトガルバーで4杯もバラ色シュワ子さん飲んじまったから作るの無理無理~。
FotoJet (500)
メインは前日に作っておいたローストポークを厚切りにして、
さっと焼いてハムステーキ風にしたものと冷凍ローストポテト。
やはり前日にメインを作っておくとラク!
でも準備はしっかりやっておきまして、
2日前にマリネ、次の日に低温で焼いて冷蔵庫で一晩寝かせしました。
牛肉ステーキもいいけどハムステーキも美味しいです。
2人じゃ食べきれない量だったので、薄切りハム風にして、
ご近所ジャン・ピエールさんの奥様と、
パトリスさん家にもおすそ分けしたら、とても美味しかったよ、と。
シンプル味にしたのも豚の甘さが引き立ってよかったよう。
市販の加工肉類にたくさん使われる添加物も入ってなくて安心なのもよいよい。
身体のためになるべく添加物はとりたくないですからね。
でも、ときどき食べる夜中のインスタントラーメンの美味しこと…。
ということで、それではまた次回に。
次回はどっちがどうなったかわかってるんですね。ドキドキ。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (488)
週末は自転車で行ける距離でのブロカントがなかったので、
朝ゆっくりと過ごしてからわが街日曜マルシェへ。
FotoJet (485)
いつも通り、ポルトガルバーは大盛況で満席だったのですが、
ちょうど空いたテーブル席に座れましていつものバラ色シュワ子さん。
でもこれはここでよく会う顔馴染みさんの奢り。
この後2杯めもまた別の顔馴染みさんが奢ってくださって。
FotoJet (486)
そして3杯めはデジーのパパが奢ってくださったんです~♪
デジー&パパに会うの久しぶりで旦那の知り合いも入れ4人(+1ぴき)でおしゃべり。
デジーパパはここのところ、友達が働いている別街マルシェに行っていたんだそう。
それで会えなかったのか~、と私たち。
別街マルシェも雰囲気いいよ、ってパパさん。
じゃ、今度そこ行ってみようか、って私たち。
FotoJet (487)
この後は私がデジーを抱っこ引受け。
暑かったからお水飲ませたり、ちょっと水シャワーかけてあげたり。
少しの時間でもお世話できるのが嬉しいキュートガールちゃん♡
で、奢ってもらってばかりじゃあれなので、4杯めは旦那の奢り。
デジーパパもカフェの後、赤ワインで乾杯。
この時の話題はいろいろでしたが、日本代表サッカーチームの話題も。
もちろんいい試合だったこともですが、ロッカーが綺麗だったことや
サポーターが試合後ゴミを拾っていたことなどなど。
世界中で話題になってますね~♪
FotoJet (489)
途中ではやぱり顔馴染みさんのポルトガルのムッシューが通りかかって。
このムッシューもキュートなんです♡
FotoJet (490)
ほろ酔い気分の時はたくさん話かけられるんですよ、ポルトガル語で。
こちらはまったくわからないのですが、それがまたなんか可笑しいんです~。
FotoJet (492)
それからすぐ近くのテーブルではちびっ子たちがチェスをしておりまして。
フォトいい?ってお願いしたらパパママもちびっ子たちも快くOK。
FotoJet (493)
でも何やりちびっ子たちヒソヒソコソコソ話。
なんだなんだ、なに話してるのさ?ちょっと聞かせて頂戴よん、みたいな。
おかしなキュートボーイたちです♡
FotoJet (491)
4杯も飲んじゃった後は急いでこの後のごはん用のお買い物です。
1時近くだったからいろいろお買い得!
そして最後には。
FotoJet (494)
マルシェナンバー1ブロンド美女がいる八百屋さんへ。
この美女がいるからこのお店と決めておりま~す。
FotoJet (495)
いつだって気さくで愛嬌があって大きな声で元気に新鮮野菜&フルーツ販売中!
FotoJet (496)
この美女はですねぇ。
キュート&演技派!

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R1160592
フランス対ベルギーか。すごい戦いになりそうです~。
でもベルギー、めっちゃ底力がありそうやわ~。
ということで、今年初めて実をつけた我が家のお庭のぶどうです。
果物の中でぶどうと桃が一番好きなので嬉すぃ♪
それとぶどう棚って雰囲気ありますね。
あれがしたくて植えたのですが、
今まさしく旦那手作りの棚にぶどうの葉がからんでおります。
R1160596
ごはんをいただくのはその下のターブルです。
で、まずは庭咲きのマーガレットとラベンダーを飾りまして。
R1160582 - Copie
おつまみはそのぶどうの葉で作ったギリシャの料理「ドルマドキア」と、
野菜をロースハムで巻いて作った1品。
でもぶどうの葉はお隣パトリスさん家のも混ざっております。
パトリスさんとこのぶどうも今すごい元気なんです。
ロースハム巻きは思いついてささっと作ってみたら美味しかったのですよ。
これはまた分量量りながら作ってレシピをご紹介したいと思っております。
R1160585
お次はシンプルなグリーンサラダですが、
あるお店でいただいたスタイルがとても美味しかったので、
家でも作るようになり今では我が家の定番です。
R1160586
お魚は買っておいた冷凍食品で、ホタテのグラタンです。
以前もいただいたことがあって意外にホタテたっぷり。
ホタテ大好きなので嬉すぃ。
R1160590
お肉のメインはバスク地方の煮込みで前日にココット鍋で煮込んでおいたもの。
お肉柔らかでソースもくどくなくて美味しくできました。
旦那ちょっと絶賛気味。肉食星人ですからね。
添えたのはブルグルのピラフ。
実はぶどうの葉のファルシーも今回ブルグルを使ってみたのです。
定番はひき肉やお米ですが、ブルグルでもうまし。
プチプチモチモチの食感がたまりません。
まだまだぶどうの葉がたくさんあるので、
今週またドルマドキア作り、がんばりますよ~。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

FotoJet (476)

スーパーにわかなくせしてサッカー観戦に夢中なものですから
今回もレシピコーナーとさせてくださいませ。
んですが、美味しいです♪
しょっちゅうお邪魔させていただいているコチラのブログで、
→「Music Arena
紹介されていた横浜伊勢佐木町のイタリアンレストラン、
→「CHIKI CHIKI&TAN TANO@吉田町
のスパゲティーが美味しそうだったし食べたことない味っぽいし、
しかも自分海老好きだし、ということでマネして作ってみたんです。
そしたらこれが美味しかったんですよ~。
なので、ブログ作者さんprimex64さんに了解をいただきましてレシピをご紹介。
って自分実際にお店でいただいてないのでえらそなことは言えないのですが。
味ポイントは最後にたらすゴマ油もですが、
最初からゴマ油使うんじゃなくオリーブオイルでペペロンチーノスタイルで作っていく、
ってことと、海老、サボイキャベツ、生トマトという具材組み合わせも、
これまたいいんだと思います。総合で美味仕上がりになってると思います。
アンチョビとお酒使いはうまみも出そうと思ってmoiちゃん流で、
言われなくても言われてもわからない程度ですが、
うまみ出しの手助けになってると思います。
海老も入りますしお家パスタと言うよりお店パスタな感じで、
ちょっとスペシャル感があります。特別な時用でもいいかも。
たとえば、パスタ好きの彼氏に週末作ってあげるとか、
パスタ好きの彼女に作ってあげるとか、
自宅にママ友を招いてサラダをつけたパスタランチとか、
あとは…義理のお姉さまが、今日ちょっとお昼に寄らせていただくわ、ってな時に、
簡単なのに、お姉さんに、むむむ、やるわね、と思わせちゃいたい時とかね。
なんちってなんちって、ぷぷ。
っつかお店の味知らないのに再現とかずずしいかも。
よし、タイトルにイメージをつけておこう!
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………………

材料(2人分)
・サボイキャベツのざく切り60g(普通キャベツでもOKですがサボイの食感が◎) ・ブラックタイガーなどの海老10尾くらい(頭と殻と背ワタをとって塩でもみ洗いし水気をよくふいたもの)または小エビでもOK ・生トマトの角切り100g ・オリーブオイル大2 ・包丁の背でつぶしたニンニク1個 ・アンチョビのみじん切り2枚 ・赤唐辛子の輪切り1本分~(お好み量) ・酒または白ワイン大2 ・スパゲティーのゆで汁お玉1/3くらい ・塩適量 ・仕上げ用ゴマ油小2 ・あればパセリのみじん切り適量 ・スパゲティー180g 

作り方
スパゲティーを茹で始め、2、3分経った頃にキャベツも入れる。
フライパンを中火よりやや強めの火にかけ、
オリーブオイル、にんにく、赤唐辛子、アンチョビを入れ、香りがたつまで炒める。
海老も加えさっと炒めたら酒を振り入れる。
スパゲティーが茹で上がっていなければいったん火を止めておく。
スパゲティーがアルデンテに茹で上がったらゆで汁をとってから、
よく湯を切り、②にキャベツごと入れる。
再び火にかけ、ここで手早くトマトも加えさっと混ぜる。
味をみながら手早くゆで汁と塩でお好みに調味する。
仕上げにゴマ油を入れさっと混ぜる。
皿に盛り、あればパセリを散らして出来上がりです。
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ