juin 2019

R0009495
先週末の日曜日は自転車で近所の森の中のブロカントへ。
今、花粉絶好調なのだけど。
R0009497
でもこの日はかなりお気に入りをゲットできたので、
目がものすごく痛くて涙が止まらなかったのだけど、
ニンマリ♡
…………………………………………………………………
ということでゲットしたものをご紹介。
R0009550 - コピー
先ずは古いカフェオレボールで何と4つで2ユーロ。
カフェオレじゃなくスープやアペリティフのおつまみ、パン入れにする予定。
カフェオレは取っ手がないと飲みにくいのですもん。
R0009552 - コピー
そしてこれは特に気に入ったもの。
フルーツパンチ入れかな?
旦那が50年代か60年代のものじゃないか、って。
苺の柄がめちゃくちゃかわゆし。
セットで5ユーロです。高くないです。
R0009553 - コピー
これはもう、持っているだけで満足してしまいそう。
でもやっぱりちゃんと使いたいです。
R0009561 - コピー
フルーツサラダや果物を使ったスープもよいかな。
あ、このスープ、よいかもしれません♪
Cpicon トマトと苺のガスパチョ♡ヴェリーヌ仕立て by ルロワ・モワ
よし。これ久しぶりに作りましょう!
器のために料理を作るというのも、それまたオツ?!
R0009568 - コピー
ちょっと古い麦わら帽子は2ユーロ。
今の季節、帽子は必需品なので服に合わせて、
いくつあってもいいんですよね。
R0009573 - コピー
ジャ~ン!これは70年代風のサングラスです。
H&Mのもので1ユーロ。
私はこういう大きなサングラスはまったく使わないのだけど、
旦那が、可愛い言うので買っといてもらいました。
でもこれが意外に便利なことに気づいちゃったんです。
と言いますのも、目をしっかり覆うので花粉よけにちょっとなるし、
顔半分近く隠れるのでシミ予防にもなりそうなんですよね。
フランスの夏は目の保護のために子供も大人もサングラスが必需品なので、
その中でだったら使ってもぜんぜん違和感なしです。活用したいと思います。
R0009583 - コピー
そして最後はこの、小さな小さなカメラ型チャームのネックレスで50サンチーム。
R0009585 - コピー
モノトーンのシンプルな薄手セーターとジーンズにつけたいかな。
って思いながら、す~ぐ忘れちゃうのだけど。
でもこれはほんと気に入っているので
大事アクセサリー箱にしまっておきたいと思います。
森の中ブロカント、素敵なものたちに出会えました♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0008144 - コピー (2)
担当サイト→ハネムーンSのフランス特派員最新記事のお知らせです。
今回はパリをちょっと離れ、
電車で1時間半の世界遺産の街「プロヴァン」のご紹介です。
パート①では、プロヴァンの街、古都の地下、バラ園を。
パリから日帰りできる中世の街プロヴァンへ!
ハネムーンにおすすめの現地ツアー


そしてパート②では、お城のような美しいホテルを。
パリから日帰りできる中世の街プロヴァンへ!
ハネムーンにおすすめのプチ・シャトー・ホテル

R0008095 - コピー
プロヴァンはフランスの中でも特に保存状態の良い中世都市。
世界遺産ですが観光客が多過ぎず、静かでゆったりとしているのも魅力。
そして古くからバラの街としても知られていて、
今がちょうどバラの季節なんです。
R0007921 - コピー
パリから日帰りできる距離ですが、
中世都市であり美しい田園も広がっているので、
一泊してパリとは違う時間の流れを感じていただくのもよいと思います。
ですので今回は美しいホテル&レストランもご紹介。
これが日本の媒体初ご紹介となります。
R0007946 - コピー
フランスで有名なデザイナーが手掛けていてロマンチックです!
R0008047 - コピー
でも、ガーデンテラスでアペロのみの利用が出来るのも嬉しい。
私も一杯してまいりました♪
R0008151
毎年中世祭りがあって、
今年は6月15日と16日だったので終わってしまったのですが、
次回を狙っていただいてもよいと思います。
R0007965 - コピー
私も何度か訪れているのですが、何度行っても素敵な街。
でもやはりバラの季節が一番おすすめかな。
秋にも咲くのでこれからパリ旅行をご予定の方に参考にしていただけますし、
それから飛行機に乗らなくても
数分でバラの季節の中世の街の様子を楽しんでいただけます。
お時間がありましたらちょっと見ていただけると嬉しいです。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0009547 - コピー
本日レシピご紹介パート②でございまして、
「アボガドのアンチョビガーリックフレッシュトマトソース」です。
カニキュールでぐったり気味なので、パワーをつけようと、
今回はちょっとニンニクしっかりめ使い。美味しいです!
火はほんの2、3分くらいだけ使います。
なのでキッチンは暑くなりません。
フランス在住のエアコンのないお宅でも(我が家も)
作っていただけます。大丈夫。
調理ポイントはアンチョビガーリックトマトソースの、
トマトは、ガーリックとアンチョビを炒めた後、冷めてから後混ぜ。
これでトマトのフレッシュな酸味が加わって、グッドなんです。
このソースは長年作っている簡単ソース。
魚のカルパッチョや豆腐にも合います。
思い出して今回アボガドに合わせてみました。
アンチョビガーリックソースのレシピはたくさんあるけど、
+後入れフレッシュトマトスタイルというのがちょびっとオリジナルです。
それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………


材料(2人分)
・完熟アボガド1個 ・レモン汁大1 ・オリーブオイル大2 ・ニンニクのみじん切り1個分 ・アンチョビのみじん切り2枚分 ・赤唐辛子の輪切りお好み量 ・トマトのみじん切り大2 ・塩少々

作り方
小鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ中火よりやや強めの火にかけ炒める。
香りがしっかりたったらアンチョビと赤唐辛子を加え、
20、30秒炒め、火からおろし、冷ます。
冷めたらトマトを混ぜ、味を見て足らなければ塩をお好み量混ぜる。
アボガドの皮と種をとり、薄切りにし、レモン汁をかける。
皿にアボガドを並べ、①のアンチョビガーリックトマトソースをかけて、
出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

R0009530 - コピー
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
今週、フランスはカニキュール(三日以上続く猛暑)が来ていて、
きついことになっております。
パリは秋冬はもちろん、春夏でも涼しいことの方が多いので、
とにかく暑さは人間動物もわんこたちも身体に堪えます。
私も日本の暑さを知っていたはずなのに、
やはり住んでる地域の風土に慣れるというのがあるんですねぇ。
今週はとたんに食欲をなくし、料理もとにかく
なるべく超簡単なものになっております。
ということで火を使わず、旬のキュウリを使ってサンドイッチを作りました。
もう書きましたけど、本当に食欲がなくて、
でも自分レシピなので味見だけはしっかり、と、
一切れ食べたのですが。
美味しくて結局3切れ食べてしまいました~。
食欲ない、言ってて恥ずかすぃ。ぷぷ。
旦那も一口食べて、す~ぐ、美味しい♪って出ました!
調理ポイントは、ネギを入れること。
実は少し前にご紹介させていただいたこのレシピで。
アボガドとクリームチーズとネギのわさび和え、海苔添え
クリームチーズ&ネギ、合うなぁ、って思ったので、
このサンドイッチが思いついたのです。
キュウリのサンドイッチは超ポピュラーですが、
キュウリ&クリームチーズ&ネギの組み合わせは
検索してもなかったのでちゃんとオリジナルです。
パンはお好きなもの、あるものを利用なさっていただいていいのですが、
この具には柔らかめのパンが合うかな、と思います。
それと、日本のキュウリよりも水分がずっと多い
フランスのキュウリも今回はそのまま使っております。
ただし塩胡椒して置いた後、キッチンペーパーではさんで、
しっかり水分を吸い取ってあります。
これ、かなり大事ポイントです。
それでは材料と作り方です。
………………………………………………………………

材料(2人分)
・キュウリ100g ・クリームチーズ40g ・細ネギまたはわけぎ、シブレットの輪切り大さじ4くらい ・バター15g ・サンドイッチ用食パン4枚(お好きなパンでどうぞ) ・塩胡椒少々

作り方
キュウリはスライサーで薄い輪切りにする。
塩胡椒を軽く振って10分くらい置き、
出てきた水分をキッチンペーパーではさんでしっかりとる。
キュウリを置いている間に、
クリームチーズとネギを混ぜておく。
パン4枚の片面にバターを薄く塗る。
2枚にキュウリを均等に並べる。
残りの2枚にネギ入りクリームチーズを均等に塗る。
キュウリを並べたパンにクリームチーズを塗ったパンをかぶせ、
サンドイッチを2つ作る。
お好きな大きさに切っていただいて、
お皿に盛って出来上がりです。

………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!
旧炉

v2dTLfzlzCFx7HO1561488193_1561488252[1]
先週の土曜日6月21日はパリ市内のフェット・ド・ラ・ミュージックに行ったのですが、
場所は特に決めず適当に無料ライブを渡り歩こう、って感じだったのです。
で、生演奏はやはりいいのだけど、少し聴いたら次へ、をしていたのですが。
あるカフェでの演奏がドアーズの「Break On Through」。

これは思わず足が止まって聴き入って、そして乗ってしまいました~。
R0009306 - コピー
そしたら今度はステッペンウルフの「Born To Be Wild」!

さらに盛り上がる盛り上がる!
R0009314 - コピー
で、ミュージシャンたちもビール飲みながらタバコ吸いながらで、
超ラフでアットホーム。
R0009324 - コピー
酔っぱらって踊りだす人も。
ボーダーシャツの彼女はキャメロン・ディアスに似ててキュートなんだけど、
変な踊りしててみんなにウケてて可愛かった♡
R0009326 - コピー
ミュージシャンたちも超ノリノリ。
なんだ、このカルティエめっちゃサンパティック(感じ良い)だな、って。
Cjjq5Gssxs0VW5y1561487464_1561487522[1]
くわえタバコ似合いますね。渋い。
今は健康志向のミュージシャンも多くて、それもいいと思うのだけど。
好きな音楽やって好きなタバコ吸ってビール飲んで。
人それぞれで自由でいいな、ってこの時思いました。
ま、私が家族だったら心配だけど…。
R0009336 - コピー
彼らの演奏は60年代から今の曲までバラエティに富んでるので、
年代にかかわらず楽しめるのがよかったんです。
R0009339 - コピー
通りかかって立ち止まる人がどんどん増え、
小さな街角は大盛り上がり!
R0009346 - コピー
ほんとは、ちょっと音楽聴いたら、お気に入りビストロに行こう、
って話してたのだけど、ここが楽し過ぎてビストロごはんは中止~。
しかも気づけばこの時点で9時半近くになってしまっていた!
なので、カフェの冷えた白ワイン片手にダンスダンス。
R0009356 - コピー
ドラム担当のギャルソンくんは一番若いけど一番落ち着いていて、
ビールたくさん飲んでたけど演奏のタイミングを後ろで冷静に見てました。
かっちょよかったぞ。
R0009368 - コピー
このお店はバーでも何でもなくほんと普通のカフェなのですが、
フェット・ド・ラ・ミュージックのこの日はこうして毎年プチライブ会場になるもよう。
R0009369 - コピー
空がまだ明るいので夕暮れチックな気分でいるけど、
この時すでに10時半過ぎ。
R0009374 - コピー
途中ではわんこを抱っこしたマダムがお隣になってお話。
わんちゃん、左目を病気で失っていたのだけど、
ママにしっかり抱きしめられ愛情いっぱい注がれているようでした。
甘えっ子でめちゃめちゃ可愛かった♡
愛されてる子を見るのは嬉しい。
obB2cMEg7gI5ECL1561487563_1561487587[1]
11時近くになってようやくパリも夕闇。
R0009379 - コピー
演奏を終えたミュージシャンたちが観客たちと飲みながらお話。
R0009384 - コピー
くわえタバコの彼です。なかなかのイケメンですね。
R0009390 - コピー
で、この後も今度はボーカルさんは別の方と組んでヒップホップ。
ドアーズからヒップホップまでいろいろ歌ってました。
音楽が好きでジャンルに関係なく好きなもの、興味を持ったものはやるんだな、と。
ラップは音楽じゃない、なんていう頭の古い?人(旦那)もいるけど、
私は聴いてて心地よいリズムがあれば全部いいと思うし、
しっかり音楽だと思っております。
ということで、パリのフェット・ド・ラ・ミュージックは、
大きな会場での有名ミュージシャンももちろんいいのだろうけど、
こうして街角のバーやカフェの即席コンサート会場で、
有名じゃなくても自分が好きな音楽をやっているミュージシャンがいたら、
それをラフに楽しむ、というのが、年に一度の
このフェット・ド・ラ・ミュージックの楽しさかな、と私はですが感じました。
それと電車の切符なのですが、フェット・ド・ラ・ミュージックの日は
私の利用するRER線は、パリに行く時に1枚買えば、
それで朝までパリ市内のメトロも乗り放題、
そして帰りもそれを使えました。
知らなかったからびっくり!
でもこれかなり嬉しいです♪
なので、来年もパリがいいかな、まずこのカフェに来ようかな、
なんて思いました。
来年のこと言うと鬼に笑われちゃいますけどね。

………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

↑このページのトップヘ