RIMG41221 - Copie

お料理の方がちょっとたまっているのでレシピご紹介続けさせてくださいませ。
今回は超お手軽「もやしの酢醤油ナンプラー和え」です。
えらい庶民的で日本の台所のお助け食材な感じもやしさんですが、こちらでもスーパーで超お気軽に買える食材なのです。袋詰めされたものもあるけれど、大箱がどかん置かれてて、ビニール袋に好きな量を詰めて買うスタイルが多いかな。で、結構こっちの人買ってますよ。でもいったいどんな風にして食べてるのかしら、ってちょっと思います。こっちでもやしの入ったお料理と出会うとしたら、たくさんあるアジア惣菜屋さんやレストランでの炒め物やフォーなど。これらをフランス家庭でまめに作っているとは想像出来ないので、バターソテーなんかにでもしてるのかなぁ。それとも私なんぞが思うよりおうちアジアン浸透しているのだろうか?今度ご近所マダムに聞いてみよう。うんうん。けどもやしのバターソテーも美味しくてわたくし大好きです~。粗挽き黒胡椒をガリガリっときかせてね。あ、でもそじゃないそじゃない。今回はレシピカテゴリの「身体に優しいレシピ」に入るバターなしついでに肉もなしの1品。実は「身体に優しいレシピ」カテゴリを作ってから我が家は平日はほぼベジタリアン。そして週末はお肉や魚介やバターやチーズ、生クリームなんかも使ったものをいただく食スタイルになっているのです。でも無理してとかじゃなく、野菜が美味しい!ってことを改めて感じるここ最近でして。ちゃんと美味しければベジタリアン食生活でもしっかり満足できるんだなぁ、と。また言っちまうけど昔肉ばかり食べてた我が家のフランス男もこのスタイルでまったく大丈夫って。昆布たっぷりの煮物もだしがうまいなぁ、って言っております。というわけで、とにかくレシピご紹介です。ポイントはもやしの歯触りがしっかりシャキっと残るようさっと炒めて、火を止めてから玉ねぎを混ぜること。これで玉ねぎもシャキっなんです。材料も調味料も少ないけれど酸っぱ美味しくてごはんがすすみますよ~。


………………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・にんにくのみじん切り1片分 ・赤唐辛子の輪切り1/3本分 ・オリーブオイル大1と1/2 ・もやし300g ・紫玉ねぎの薄切り130g分 ★米酢大2 ★ナンプラー大2/3 ・醤油大1弱 ★粗挽き黒胡椒少々 ・パクチーのざく切り15gくらい

作り方
①フライパンににんにく、赤唐辛子、オリーブオイルを入れ中火にかけ炒め、香りがたったらもやしを入れ、火を強くして15~20秒くらいさっと炒め、火を止める。紫玉ねぎを入れ軽く混ぜたら★を入れさっくり混ぜて馴染ませ、最後にパクチーも混ぜ、お皿に盛り出来上がりです。

※辛いのが苦手な方は赤唐辛子を抜いてください。なくても美味しいです。普通玉ねぎの場合は辛みが強いので、少し水にさらしてほどよく辛みを抜いてからお使いください。最後に味を見て足らなければ塩で調節してください。でもお酢をきかせることで結構しっかり味になっているので、なくて十分かなぁ、と思うのですが。
………………………………………………………………………………………………………


おまけ

RIMG40518
そんなベジタリアンな平日食生活の中で、ときどき無性に食べたくなって、朝とお昼の間にたまに(ここフランスじゃ貴重ですから)いただいているのが永谷園のお茶漬け~。ほんっとに美味しい~。でも旦那はこのお茶漬けの、ごはんが水気にしっかりつかってる感じが納得いかないようで、なんか変~苦手~、って。なんやかんや言ったって、まだまだな男です。
RIMG40520
でも私だけで1人占めできるし、1人で立ったままさらさらっと食べるのがまた日本の台所チックで味わいがあっていいんです。他社のお茶漬けもいただいたけれど永谷園がな~んかやっぱり美味しいんですよねぇ。どうしてかなぁ…


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです! 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪