RIMG42956 - Copie

今週末はハロウィンですね~。しか~し、ここフランスでは盛り上がることはほとんどなく、ま、お子さんがいるご家庭ではこじんまりとパーチィーもあるようだけど、うちの周りでは子供たちが(ほとんどの子が仮装なし)ただピンポーン来て、お菓子頂戴~、ってそれぐらい。で、そんな時くらいは小さなボンボンとかだけじゃなく結構ちゃんとしたお菓子をあげるようにしている我が家です。なので子供たち、そんなお菓子もらうとラッキー!(シメシメ、か?)ってニンマリ顔したりして。あ、でもそのお菓子十分あるかな。後でちょっと見ておかなくちゃ。と言うことでその話から無理くりつなげて~の、今回レシピはちょうどきのことかぼちゃの秋の美味しい味覚があったのでお手軽だけどちょっとご馳走感覚があって楽しめるような1品を作ってみました。
1つで2種類の味を楽しむハーフ&ハーフな秋の「きのことかぼちゃのオープンオムレツ」です。
ハーフ&ハーフのアイディアはこのキッシュの時のもの。
1枚のパイ生地で作るハーフ&ハーフな豆腐のキッシュ
で、もっと軽い感じで作れていただけるハーフ&ハーフも欲しいな、思って思いついたのがこのオープンオムレツ。でも微妙な卵焼きっぽくなるかも的不安も過らせつつ作ってみたのですが、これが美味しく出来て、あんれっ、やった~、って。ソテーしてうまみがしっかり出たきのこと、甘みのあるほくっとしたかぼちゃの風味コントラストもよかったみたいです。で、これは冬味バージョンも春や夏バージョンも作りたいなぁ、と思っているところなのです。それでは早速材料と作り方行きま~す。

………………………………………………………………………………………………………
材料(2~3人分)
・卵4個 ・生クリーム大2(豆乳か牛乳でも) ・塩胡椒少々 ・オムレツ用オリーブオイル大1 ・オムレツ用バター10g ・きのこ120g(今回はマッシュルーム、しめじ、ジロール茸に似たシャントレル・ジュヌ=Chanterelle jauneなど3種使用) ・にんにくのみじん切り1片分 ・きのこソテー用オリーブオひイル大1/2 ・きのこソテー用バター5g ・塩胡椒少々 ・皮をむいて小さめに切ったかぼちゃ100g ・小さく切ったベーコン20g ・溶けるチーズ40g ・パルメザンチーズ大3 ・粗挽き黒胡椒少々

作り方
①ボールに卵をわりほぐし、生クリーム、塩胡椒を混ぜておく。
②きのこは軸があるものは少し切りとり、房のものは小分けにする。かぼちゃはラップで包んでレンジで1分20秒くらい加熱して、熱いのでやけどしないよう気をつけながら取り出す。
③フライパンににんにく、きのこソテー用オリーブオイルとバターを入れ中火に
かけ炒め、香りがたったらきのこを入れ、水分が出てその水分が飛ぶまでしっかり炒め、うまみを引き出し、軽く塩胡椒して皿にとっておく。同じフライパンにベーコンを入れ、軽く炒めたらかぼちゃを入れ、1、2分炒め、軽く塩胡椒して皿にとる。
 ④別のフライパンか又は洗った③のフライパン(我が家はテフロンではないので)を火にかけ程よく熱したら、オムレツ用オリーブオイルとバターを入れ、バターが溶けきる前に卵液を入れ、箸で優しく大きく何度か混ぜたら、火を弱火にし、溶けるチーズを均等に散らし、きのこソテーとかぼちゃソテーを半々にのせ、パルメザンチーズも均等に振りかけ、蓋をし、1分~1分30秒くらい蒸し焼きにする。蓋を取り、火からすぐおろし、お好みで大人さんは粗挽き黒胡椒を振る。フライパンのまま又はお皿に移して取り分けてどうぞ。

※かぼちゃの加熱時間はそれぞれのレンジによって調節してください。。
  
………………………………………………………………………………………………………

そしてハロウィンのためのレシピも貼り付けさせておいていただきますね。
かわいくて優しい味わいの前菜です→ハロウィン・パーチィーに🎃 かぼちゃのウフ・ミモザ
1つのカレーで子供と大人みんなで楽しめる→かぼちゃポタージュカレー🎃1種類のカレーでほんのり甘い子供仕上げ&ピリリな大人仕上げ
皆さまのハロウィンが楽しいお時間になりますように。


ご訪問ありがとうございます。
お手数おかけいたしますが応援していただけるととても嬉しいです。 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪