RIMG8389 - Copie

去年の秋、ポーちゃんが突然空に行きました。
様子がおかしくなって病院に着いた時は手遅れであっという間で。
心臓のどこかが突然壊れたようだと先生に言われました。12歳でした。
その夜はどこにぶつけていいかわからない怒りと悲しみで旦那と泣き明かしました。
8歳の時に里親探しのイベントで出会った女の子。
恐がりで優しくていつだって控えめな子。
来たばかりの頃はしょっちゅうビクビクしていて長い棒を持っている人がいるとぷるぷる震えて歩けなくなった子。
頬のところに叩かれた傷跡が残っていました。
でもだんだん新しいパパとママに甘えっ子になって、夜はママのそばでママを見つめながら眠るようになりました。
たった4年しか幸せ(そう信じています)じゃなかったことに怒りがありました。
8年も幸せじゃなかったことに怒りがありました。
ズルい人や卑怯な人が目にもつきました。
神さまはいないと旦那と言い合いました。
もしいたら私たちにしても、あんな心優しいポーにこんな残酷なことしない、と。
私たちの知らないポーの8年間を知りたくて、引き取った愛護センターにも行きました。
前の飼い主のことは話せないと言われたけど、1つだけ知ることが出来たのは、
ポーとあともう1匹のわんちゃんとである家から救出されて三ヶ月間センターにいてうちに来たこと。
たったそれだけでも知ることが出来て少しだけ嬉しかった。
でももし前の飼い主のことを知ったら…その足で向かって怒りをぶつけていたと思う。あの時の自分だったら。
もう1匹の子が今幸せに暮らしていることを願います。幸せになる権利があると思う。
今は思い出して、悲しむことより、かわいかったなぁ、って思うことが多くなりました。
ポーは空に行ったと思えるようになりました。
誰かが悲しんで泣いている間は空に行けない、と言う人もいるけど、
泣いてる間ポーは行こうとはせずそばにいてくれたと私は感じました。
そしてパパママの悲しみが癒えた頃、ポーのことだからそっと空に行ったと思います。

RIMG36587 - Copie

お庭でもたくさんの時間を一緒に過ごしました。
お散歩が大好きで大好きで。
亡くなる前の日は降ったり止んだりの小雨だったので行かなかったのが今も少し心残り。
ごめんねポー

RIMG37985 - Copie (2)

去年の夏のはじめ、カニキュールの時は知らない間にお庭に穴を掘ってこんな風に気持ちよさそうにちゃっかりネンネしてました。
ときどきおかしなことやるのがまた愛らしくて。
きっと今頃は旦那の亡くなった奥さんが見守る中で、ねこちゃんカシュンとわんちゃんトュトュンと一緒にいるかな、って思っています。
わんこやねこちゃんと暮らせることの幸せを知ること出来て私は本当に幸せ者です。
そしていつも思っています。

パパママんとこに来てくれて出会ってくれて本当にありがとう
ず~~っと愛してるよポー

って。


…………………………………………………………………………


いつもこのブログを見てくださり、応援してくださっている皆さま、
ポーちゃんのこと、ご報告が遅れたこと申しわけなく思います。
あまりにも突然で信じられなくて時間が必要でした。
そして本当に落ち着いた時にお伝えしようと決めました。
感じたこと、書きたいこと、忘れたくないこと、それからポーの夢もたくさん見て、
たくさん書き留めてもいたのですが、
今はそれらをここで全部書かなくてもいいと思うようになりました。
自分の心に留めておけばそれでいいのだと。
そう思えるようになってこうしてお伝えできる今が不思議です。
やはり時間、ですね。
そして次回は新しいご報告があります。
新しい家族のことです。
ポーも空から喜んでくれていると思います。
      
…………………………………………………………………………


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですがポチッっとクリック応援していただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村