RIMG50757
モンパルナスのメーヌ通り27番の「Le Clos Y(ル・クロ・イグレック)」を出て、そのまま100メートルくらい歩いて行くと、メーヌ通り21番があるのですが、
(フォト奥に小さく写っている黄色い外観のお店のその向こうが「Le Clos Y」)
RIMG50791 - Copie
そこにはひっそりと「Chemin du Montparnasse(シュマン・ドュ・モンパルナス)」があります。
RIMG50693 - Copie
はじまりはロシア人画家の「Marie Vassilieff(マリー・ワシリエフ)」が自分のアトリエのあったこの場所に食堂を開いたこと。
RIMG50759 - Copie
その食堂に集まったのがピカソやコクトー、マチス、モジリアニなどの芸術家たちだったそう。
FS_428 - Copie
この方がマリー・ワシリエフさんなのですが、
1884年にロシアで生まれ、1905年にパリに来て、ここで生き、
そして1957年に亡くなった場所が私が今住んでいる街からもほど近いマルヌ川沿いの街「Nugent-sur-Marne(ヌジョン・スー・マルヌ)」でした。
私も大好きなマルヌ川をこの方も晩年、歩いて、見つめていたのかもしれないな、と思うとなんだか不思議な感じがいたします。
RIMG50763 - Copie
現在は小さなアトリエやオフィス、お花屋さん(日本人女性のお店)があるのですが、
この日は土曜日なのでひたすら静まり返っていました。
RIMG50768 - Copie
私がここに来るのは2度めで、1度めはずっと昔、まだ日本に住んでいて1人旅でパリに来た時。
その時はパリの街のことはもちろん歩き方もまったくわからなくて、大きなモンパルナスの駅のまわりをぐるぐる歩いて、見つけたと思ったら本当に小さくてひっそりであっけなくて。
ちょっと拍子抜けした感も実はあったのですが。
RIMG50770 - Copie
旅の人ではなくパリの住民(現在は郊外ですが。ぷぷ)になった今は、
これでいいんだなぁ、これがいいんだなぁ、と。
RIMG50775 - Copie
今回訪れてみて改めて思いました。
RIMG50781 - Copie
子供の頃、教育TVで「モンパルナスの灯」というモジリアニの伝記映画を観て、
恵まれないまま行倒れのようにモジリアニが死に、それを見届けた彼の才能を知っていた画商がモジリアニの住まいに行き、何も知らないモジリアニの妻にいい顔をしてかたっぱしから絵を買いとる…
その最後の悲し過ぎる場面が忘れられなくて1人旅の時に訪れてみたのですが。
映画を観た子供の頃から何十年経った今も、
モジリア二の最期、悲し過ぎる、画商ひど過ぎる、ってやっぱり思います(子供の頃と精神年齢も変わってない?…)
あの映画でモジリアニの妻を演じたアヌーク・エメがまた本当に綺麗で。
それもまた忘れられません。
今気がついたのですが、映画が作られたのが1958年で、マリー・ワシリエフさんが亡くなったその翌年。映画ではないモジリアニの姿を知っていたマリーさん、モジリアニの伝記映画が作られることは知っていて亡くなったのでしょうかねぇ…
RIMG50787 - Copie
そんなわたくしごと小さな思い出(思い入れ?)もあっての、
この「Chemin du Montparnasse」。
マリーさんのアトリエ跡の小さな美術館「Musée du Montparasse」もありますよ。




住所…21 Avenu du Maine 15区
メトロ…「Montparnasse-Bienvenüe」④⑥⑫⑬号線
美術館のHP→「Musée du Montparnasse

※追記…つづきます。

…………………………………………………………………………


小さなお散歩に最後までおつきあいいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村
ありがとうございます!