RIMG51900 - Copie
「シェ・ジェジェンヌ」はこの夏もご近所さんやプチヴァカンス感覚の方々で相変わらずの賑わいで、冬期は休業になって閑散として誰もいないのが嘘のよう…。
RIMG51898
このお店は「ウジェンヌ・ファヴルー(Eugéne Favreux)」
という男性がキャラバンでマルヌのこの地にやって来たのがはじまり。
そこに川船もやってきて係留するようになると、小さなダンスホールのようなものが出来、人が集まり、マフィアも絡んでいたようでしょっちゅう警察もやって来ていて。
けれど1914年にその船で火事が起こり、すべてが燃えてなくなり、
「ガンゲット」が全盛期に入っていた1918年に最初にキャラバンでやって来た
「ウジェンヌ・ファヴルー」の名前からとって「シェ・ジェジェンヌ」が誕生したそう。
RIMG51965
そんな昔々のマルヌ川の風景。
あちこちに小さなプラージュがあり、夏にはこんな風に水遊びを楽しむ人がたくさん。
でも遊泳が禁止になってプラージュはなくなり、
今はプラージュの跡形だけが残っています。
RIMG51967
これはヴァカンスでマルヌを訪れた方々フォト(すべて家にあったポストカードから)。
この時代の人々にとって避暑地だったんですねぇ。
RIMG51905 - Copie
そしてたくさんの「ガンゲット」のお店がなくなり、でも数少ない残っているお店の1つである「シェ・ジェジェンヌ」は今もここにあって、そこには古き良き時代と今のマルヌの夏時間とが心地よく混ざって流れる何とも言えない空気感があって。
ここはいつまでも、ほんといつまでも残っていて欲しいと思うお店なのです。
RIMG51902 - Copie
で、そんなノスタルジックな「シェ・ジェジェンヌ」のほとりにカヌーを留めて、
ちょうど空いていた川辺のテーブル席で私たちも小さなヴァカンス夏時間です。
RIMG51912 - Copie
そうしたら、そのカヌーのそばにたくさんの大きい川魚~。
お客さんがパンやフライドポテトを投げたりするので
魚さんたち知っていていつもいるのだそう。
ちなみにお魚は「ウグイ」だそうで、食べられるよ、って旦那。
で、ここで釣りしたらすぐ釣れちゃうねぇ、な~んて話したりして。
RIMG51913 - Copie
のどかなで爽やかな時が流れていきます。
けれどここには止まったような時もあって…。
RIMG51920 - Copie
お店の外のテラス席は子供から若い人たちから大人さんまで幅広い客層なのですが、
店内に一歩入ると、
RIMG51914 - Copie
ダンスホールでダンスを楽しむ大人なマダムとムッシューたちばかり。
この、お店の外と中のとたんに違う差がまた面白くて。
特にこの日は日曜日だったのでそれが際立つのです。
RIMG51918
でも皆さんが楽しむ姿が生き生きとしていて見ていてこれまた楽しんです♪
ちゃんと素敵におめかしもしてね。


さて最後は、
このマルヌやセーヌの「ガンゲット」で出されていた白ワインを楽しく歌った
1964年のLina Margyの曲
「オオ!ル・プティ・ヴァン・ブロン(Ah! le petit vin blanc)」
でお別れです。
それではまた来年、お会いしましょう~。なんちって。



住所・・・162 bis allée des guinguetta quai de polangis 93340 Joinville-le-pont
TEL・・・01 48 83 29 43
HP…「Chez Gégène
※春夏の営業で冬期は10月中旬から休業になります

          おわり

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!