RIMG6371 - Copie
マルシェを後にし向かったのは今年初のブロカント市。
「ブロカント」とはフランスでは2通りの意味があり、1つは、アンティークが100年以上時を経たもののことを言いますが、100年は経ってないけど古いもののことをブロカントと言います。そしてもう1つの意味が、市民が(プロフェッショナルも少し混ざりますが)、家で眠っていたような物や使わない物を持ちよって、それぞれに露店を開いて売る、フランスのガラクタ市のようなもののことを言います。
このブログでもよくブロカントという言葉を使っていて、多くは週末ごはんで使うフランスでよく知られた慈善団体「エマウス」で買ったリサイクルのブロカント食器たちのことを指してきましたが、今回は今年初の後者の市民ブロカント市のご紹介でございます。
今年初と言うのは、パリ郊外は多くの場合、寒くなる頃にはほとんどブロカント市は開かれず、暖かくなってきた頃にまた始まり、そして長期バカンスが始まる7月の直前、6月末までは毎週末は必ずと言っていいほど、どこかの街やカルティエでブロカント市が開かれ、そして7月8月のバカンス休みはまたほとんど開かれず(皆パリを出てカンパーニュや海外に行くため)、そんなバカンス明け9月から、また秋の終わりまであちこちで開かれる、と、ま、こういう感じなんです。ただしパリ市内では冬もブロカントがときどき開かれていますし、地方なんかのバカンス期に人が集まるような場所は7月8月でもブロカントが開かれることもあるようです。
と言うことで、ここパリ郊外では今からがブロカントシーズン。
あたしたちみたいなパリ在住しかしパリの冬苦手人からすると、長い冬を超えてやっとこさ、春来たぞ~、みたいな明るい季節のはじまりシルシでもあるのです。
RIMG6377 - Copie
っつうことで、市民のガラクタ市ではありますが、各ご家庭に古いお宝があったりするもので。その中で気に入ったものをめっけるのが楽しいのです!
でも実はうちは旦那が長年のブロカント収集家なので、結構家にあるものとかぶります。
このマッチ入れのホーロー容器も、同じタイプ容器が結構家にゴロゴロございます。
でもわたくし年代ものだと知らなくてしばらく拭く時に結構適当に扱っていたのです。
RIMG6376 - Copie
この古い缶はフランスの60年代の人気人形劇「le manège enchanté pollux、margote」のもので、収集家もたくさんいるくらいの人気キャラクター。クリニャンクールの蚤の市なんかでも結構なお値段で売られているものなのです。で、一応旦那がお値段を聞いてみたら、25ユーロだよ、って。ブロカントにしてはとてもお高いです!ここはプロフェッショナルな人のお店だったので全部が高いお値段設定のようでした。
実は旦那もちょっと収集しておりまして同じものが家にあるのです。
それがコチラ↓
RIMG6524
絵柄は違いますが、同じシリーズ缶。
こういうものがかなりの量あるので、万が一本当に困った時は売りましょうね、とたまに話しております。
RIMG6373 - Copie
このブロカントは大きな駐車場を会場にしていて屋根があるのでたとえ雨天になっても店を開いていられるのがよいところ。通りや空き地などの屋根のない場所で開かれる場合は、朝から雨だと中止になるし、途中で降り出してきた時は個人でテントを作っている人はいいのだけど、その準備がない人はとっとと撤収しなくてはなりません。
ずぶ濡れになって大変なんです!
RIMG6374 - Copie
こんな相当年季もののチャリンコも売っていたりします。
お値段は150ユーロとのことでした。好きな人は好きだから興味を持つし、蚤の市の人が買い付けにも来たりします。
RIMG6378 - Copie
ここにも左の青い服とピンクの服の子たちが「le manège enchanté pollux、margote」のキャラクターさんで、でもかなり無造作に箱に放り込まれておりました。あとで旦那がネットで調べてみたら、結構レア人形だったらしく、買えばよかった~ちっくしょう~、と言っておりました。
………………………………………………………………………

さてここからがわたしたちが買ったものたち。
RIMG6521
先ずはこのガラス製の古い繊細な器でフルーツサラダや小さな前菜なんかにぴったりな感じのもの。8個で1ユーロ50サンチームでした。
R1129518 - Copie
お次はこのぬいぐるみさんたちで、ご覧の通りこれもかな~りの年季もの。
結構高いだろうなと思いつつ一応1ついくらかお値段を聞いてみたら2ユーロだよん、ってムッシューがあっさり。やった!思い、でも2人のうちどっちがいいかなぁ、って迷っていたら、1つあげるよん、って言われて。ええ~嬉すぃ!イェイ!って。こんな方もいらっしゃるので、とにかく高そうでもお値段を聞いてみるのが大事なのです。
※ピンクのバスケットは以前エマウスで買ったチェコスロバキア製の古いものです。
R1129524 - Copie
そして最後は中にバレリーナが入ったガラス瓶で古いものがところ狭しと並んだ店にあったもので、高いかな、とまた思いつつお値段聞いてみたら3ユーロだよ、って。2ユーロはだめですか?と申し訳ない感じでそっと聞いてみたら、う~ん、いいよ、ってまたこっちムッシューもあっさり。言ってみるもんですイェイ!
R1129490 - Copie
で、帰ってきてよく見てみたら、これオルゴールになっていて、裏のネジを回すとバレリーナが踊る仕掛けになっていたのです。気づいてびっくり!なんてかわいいんだ~♡ って。バレリーナってなんか甘くてそそられますね。
今回のゲット品は以上となっております。
………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!