RIMG6623 - Copie
文豪ヴィクトル・ユゴー(1802-1885)が1832年から1848年までの16年間住んだのは、ヴォージュ広場(当時はロワイヤル広場)に面したこの赤レンガのアパルトマンの2階部分(日本でいう3階)で、広さは280㎡。
RIMG6624 - Copie
1902年に「Maisons de Victor Hugo」、ヴィクトル・ユゴーの家という美術館として開館し、現在は0階(日本でいう1階)から美術館関係の敷地となっています。
RIMG6628 - Copie
当時30歳だったヴィクトル・ユゴーはすでに「ノートル・ダム・ド・パリ」などで成功を収めていて、妻のアデルと4人の子供とでこの邸宅に移ってきたそう。
RIMG6639 - Copie
で、まずは控えの間でユゴーと家族の肖像画などが飾られています。
RIMG6646 - Copie
次はこの赤いサロンがあって、ここにはテオフィル・ゴーティエやアレクサンドル・デュマも集まり、論議を交わしていたとか。かなり広かったですよ。
ここで当時の文化人たちは何を飲んで何を召し上がっていたのでしょうか。
今だとリッチなフランス人宅だと、アペリティフのおつまみにお鮨を注文する、
な~んて話も聞いたこともあるけど…
RIMG6641 - Copie
ユゴー自身の彫像も当時のまま同じ場所に置かれていました。
欧米人の家にはよく家族や自分の写真がところせましと飾られていますが、
それもちょっと同じ流れなのでしょうか。
そういえば我が家も旦那の家族の写真が結構あちこちに。
RIMG6680 - Copie
ここは、ユゴーがナポレオン3世の帝政に反対し1851年以降、ベルギーのブリュッセルを経てブルターニュ近くの英国の島「Guernesey」に亡命していた時に住んでいた家の再現の中国風サロン。
RIMG6654 - Copie
スペシャルで印象的なお部屋でございます。
RIMG6679 - Copie
1848年にユゴーがこの家を引き払った後はまた別の人たちが住んで、間取りは当時のままではないそうですが、それでもこうしてユゴーの趣味が伝わってきて興味深いのです。
RIMG6660 - Copie
ここは中世のネオゴシック様式の食堂。
RIMG6659 - Copie
当時使われていた鏡が当時の写真と共に展示されていました。
RIMG6663 - Copie
これも実際に使われていた引き出し。
この奥にはユゴーの最後の住まいとなった16区のアパルトマンの寝室も再現されておりましたが、ユゴーの亡くなった時と思われる写真がありましたので撮影は控えさせていただきました。
RIMG6684 - Copie
戻る際、赤いサロンを再び通ると、学校の課外授業でしょうか、
美術館の人に説明を受けるティーンエイジャーたちが。
みんなとても真面目に真剣に聞いてましたよ~。
私のティーンエイジャーの時と大違い…
RIMG6687 - Copie
この家の16年間の間にあの「レ・ミゼラブル」の執筆も始まったそう。
そしてこの16年の間に妻アデルが文芸評論家のサント・ブーヴとアマンの関係になり、ショックを受けたユゴーですが、その後長く連れ添うことになる女優のジュリエット・ドゥルーエとの出会いがあり、でもでもその他にも何人かの女性との恋愛遍歴もあったようです。
RIMG6631 - Copie
議員として政治活動もし、そして83歳で亡くなりパンテオンへと埋葬されています。
RIMG6671 - Copie
アパルトマンの一部が美術館になっているのでこじんまりとしておりますが、
ヴォージュ広場に来た際に寄ってみるのになかなかよいところ。
それと、受付の女性の方がと~っても優しくて感じがよかったのです。
素敵な対応ってなんて素敵なんだろう、って思いました!

住所…6 place des Vosges 4区
TEL…01 42 72 10 16
開館時間…10時~18時
休み…月曜日、祝日
入館料…常設展は無料
HP…「Maisons de Victor Hugo

さてさて、ここヴォージュ広場近くにはもう1つ、やはり常設展示が無料の
「カルナヴァレ美術館」があるのですが、今回はまずこのヴィクトル・ユゴーの家を。
大きめカルナヴァレはまた近々じっくりレポさせていただきたいと思っております。
あとですね。今日からフランスは夏時間となりました~。
昨日までフランスとジャポンは8時間の時差でしたが今日から7時間。
これからどんどこ日が長くなってきて嬉しいです~

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!