RIMG7725 - Copie
我が家からパリ市内への通り駅でパリのターミナル駅の1つである、
「ガール・ド・リヨン(リヨン駅)」で上がる場所をうっかり間違えて、
久しぶりに3つあるホールの中のホール2にやってきてしまいました。
RIMG7721 - Copie
ここから皆さんフランスの高速鉄道TGVで、この駅名の由来であるリヨンや、ブルゴーニュ、ローヌ=アルプ、プロヴァンス、コートダジュールなどへ行き来するのです。
私もニースへ移り住む時もパリへ戻ってきた時もこの駅から、この駅へでした。
パリに戻ってきた時は住む部屋が決まってなくて、お友達のアパルトマンに数日お世話になったり、その後場末のホテルに移ったりしながらミルク坊やと住む部屋探し。
でも実はこの駅へ戻ってきたその時に親切にしてくれた駅員さんや、マクドナルカフェでマカロンをご馳走してくれた超照れ屋さんのアルジェリア系フランス人や、DJのアフリカ系フランス人に出会って。しょっぱなから人生初のモテ期があったのです!
その時の私の気持ちは、パリでミルクと野垂れ死にはしたくない、いやさせないぞ、
そのためには彼氏が必要だ、とダメダメちゃんの私は正直思っておりましたので、
来るものはまったく拒まず自分に合う人を求め皆と会っておりました(会うだけ)。
そして、ま、この後いろいろありまして今の旦那の嫁になりました。
肝心なとこはしょってるかな。はは。
いつかこんなこともちゃんと全部書けたらいいな、と思います。
さてさて、久しぶりのホール2で以前はなかったお店が出来ていまして。
RIMG7722 - Copie
それがこの「SUSHI DAILY」。列車の時刻掲示板の真ん前でこのホール2のど真ん中で。
その景観を見た時は、寿司もとうとうここまで来たか、とちょっと思いましたねぇ。
RIMG7723 - Copie
しかもちゃんとすごい種類のお寿司が揃っていて枝豆や大根サラダなんかもあるんです。
その前では、ママンが子供に、どのSUSHIがいいの?とか言って、
ちびっ子が、僕はこれがいい、とかいう会話をしていて。
今や、ピザ、ハンバーガーと並ぶ感覚でお寿司、なんだなぁ、と。
すごいぞ世界のSUSHI!世界のKITANOも!
RIMG7724 - Copie
で、このお店を調べてみたら、2010年に第一号店がリヨンに出来て、
それから2017年現在までの間にヨーロッパのキヨスクに600店舗以上まで成長。
すると、ここカルフールにも出来たとこと一緒だよ、と旦那。
わりとつい最近、いつも行くカルフールに大きめのSUSHIショップが出来て、
以前のSUSHIコーナーに比べググンと種類も質もupしたのですがここだったのです。
始めたのはYAMAMOTOさんという方でそのお店が評判を呼び、
その後大きくしたのはKelly Choiさんという女性の方だそう。
SUSHIは全て手作りされているそうで、ホームページの「NOTRE HISTOIRE」の左下の「Notre Marque,Notre Histoire」を見ていただくと詳しく出ております。
→「SUSHI DAILY
私もなのですが、日本に住んでいて海外旅行に行った際、どうしても和食が食べたくなる方は多いと思うのですが、キヨスクでお寿司が買えるのは結構嬉しいかなぁ、と。
しかも列車の中で食べれるなんてまさしく駅弁感覚。
これからゴールデンウイークもやって来るしフランスにいらっしゃる方の中には、
TGVを利用して地方へ行く方もいらっしゃるかと思いますので、
この駅や、やはりターミナル駅であるモンパルナスにもあるようなので、
このお店のことちょっと覚えておくと日本人にはいいかしら、と。
フランスだけじゃなくヨーロッパご旅行の方にもですね。

             つづく

※追記…昨日の夕方カルフールでお値段をよく見てきましたら、
まぐろとサーモンの握り寿司8カンと巻き寿司4切れで15ユーロ弱、
サーモン握り寿司と巻き寿司セットで10ユーロ弱などで、
カリフォルニアロール系やワカメサラダや餃子もありました。

………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ありがとうございます!