FotoJet (165)

水曜日ですがレシピコーナーでございます。
ってか最近は木曜レシピコーナーだけじゃなく
このように他の曜日も週2か週3くらいでレシピご紹介になってます。
レシピ考えモードが入ってそれが最近たまたまうまくいってるからで、
これがやっぱり失敗が続くこともあるんです。
気合いが入っていると結構だめで、
リラックスしてちょっと適当気味に作るとよかったり。
でも貴重な日本食材を使う時は気合いがやっぱり入っちゃいます…
さて、でも今回はフランス定番のウフ(oeuf)=卵と小さなココットを使って作る料理
「ウフ・ココット」のヴァリエーション版で
「キノコとベーコンのウフ・ココット」のご紹介です。
これは気合いまったく要らず作れまして、キノコとベーコンを炒めてココットに入れて、
生クリーム入れて、卵を割り入れてオーブンで焼くだけと超簡単。
が、キノコのうまみがたまらないかな~り美味な1品でございます!
moiちゃん的スペシャルと言えば、でもまたパクチーを散らしただけ~。
でもパクチー苦手でしたらパセリでも、ハーブなしでもじぇんじぇんOKです。
調理ポイントですが、
まずは、キノコを炒めた時に結構水分が出てきますがそれがなくなるまで炒めること。
これでキノコのうまみがぐぐんと出ます。
それと焼き時間。それぞれのオーブンで違ってくると思うのですが、
卵半熟とろりが大事なので、火を通し過ぎないこと。
ちなみにわが家のオーブンでは
210°で12分がスプーンを入れた時卵黄がとろ~っと流れてベストです。
この2つを気をつけていただくと美味しく出来上がると思います。
で、このウフ・ココット、いろいろヴァリエーションがきくので、
また美味しいの作ったらご紹介させていただきたいと思っております。
それでは材料と作り方です。
……………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・食べやすく切ったキノコ(今回はマッシュルームと舞茸に似たキノコの2種)100g 
・食べやすく切ったベーコン20g ・ニンニクのみじん切り1/2片分 ・バター20g 
・塩と粗びき黒胡椒少々 ・生クリーム100ml ・卵2個 ・あればパクチーかパセリのみじん切り少々

作り方
材料を切って準備をする。オーブンを210°で予熱開始。
フライパンにニンニクとバターを入れ中火よりやや強めの火で炒め、
香りがたったら、キノコを入れ炒め、水分が出てきて、
その水分がなくなるまで炒めたらベーコンを入れさっと炒め、
塩と粗びき黒胡椒で味を整える。
小さなココット2個に②のキノコを半量ずつ入れ、真ん中に深めにくぼみをつけ、
それぞれに生クリームを半量ずつ入れ、くぼみのところに卵をそっと割り入れる。
210°のオーブンで12~13分くらい焼き、卵がお好みの半熟加減になったらOKで、
取り出し、パクチーかパセリなどを散らして出来上がりです。
……………………………………………………………………………………
あ~んど。
FotoJet (169)
今日は霧の朝。
幻想的で好きなのしばらく眺めていたかったのですが、
ベベっ子たちがごはんごはんと大騒ぎでそれどころじゃありませんでした~
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!