FotoJet (166)

木曜レシピコーナーでございます。
昨日はフランスの定番家庭料理「ウフ・ココット」でしたが、
本日は和のような、でも中東の風味もどことなく感じる、レンジで簡単!
「蒸しナスの胡麻マヨレモンソース」のご紹介です。
和のような、と言いますのは、ソースに練り胡麻や醤油を使っているから。
でも中東の風味も感じるというのは、中東のヒヨコ豆のペースト「フムス」に入る、
EXVオリーブオイル、レモン汁、そして和と共通の練り胡麻も入るから。
なので料理カテゴリも迷うところですが、とりあえず今回は
「和食」のカテゴリに入れときました。
さて調理ポイントですが、今回はナスの切り方にちょっとオリジナル工夫してみまして、
ヘタを残して、切れ目を入れ、そしてラップで包んでレンジで3分。
これでちょっとレンジナスが豪華でダイナミック感も出たかな、なんて。
自己満足でございますが、どでしょうか、んなことないかな?
でもナスが小さめでしたら2個使いにしていただいて、
レンジの加熱時間も調節してくださいませね。
それとソースですが、今回は先ほど書きましたように、
練り胡麻、EXVオリーブオイル、レモン汁、醤油、そしてマヨネーズが主ですが、
EXVオリーブオイルの代わりに胡麻油にしていただいたり、
醤油の代わりに味噌やオイスターソースなんかにしていただいても
美味しいかなぁと思います。そうするとほんと和かアジアンになるかもですね。
あ、粒マスタードもイケそうかな?
ということで材料と作り方です。10分くらいで出来ちゃいま~す。
……………………………………………………………………………………

材料(2人分)
・あれば大きいナス1個(250g)なければ2個合わせて250gくらいで 
★マヨネーズ大2 ★練りゴマ小1 ★EXヴァージンオリーブオイル大1 ★レモン汁大1と1/2 ★醤油小1~ ★きび砂糖または砂糖2つまみ ★赤唐辛子の輪切り1/2本~ ★塩胡椒少々 
☆パクチー又はパセリや青ネギのみじん切り適量 ☆粗びき黒胡椒適量 ☆レモンの皮のすりおろし少々 ☆レモンの半月切り1切れ 

作り方
材料を切る、★を味を見ながらお好み加減に合わせておく、など準備をしておく。
ナスをヘタには包丁を入れず残したまま、皮をむき、縦に切り込みを入れ、ラップに包んで3~5分加熱し(それぞれのレンジによって時間を調節してください)、取り出しさっと流水にかけてから、ラップを外し、粗熱が取れたら、キッチンペーパー2枚で包み、優しく、でもしっかりめに水分をとる。
皿に★の胡麻マヨレモンソースをたっぷりしき、その上にナスを広げておき、☆を散らし、レモンを添えて出来上がりです。

FotoJet (167)
彩りにピンクペッパーを散らしましたが、なくてぜんぜんOK。
レモンをさらにぎゅっと絞っていただくとさらにさっぱりあっさりです!
……………………………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!