FotoJet (965)
昨日はクリスマス&年末用に買って冷凍しておいた残り市販品使っちゃおうごはん。
でもまだ冷凍庫に結構あるんですよねぇ。食っちゃるぞ!
さて、まずシャリュキュトリー(肉類の加工品)の盛り合わせで、
左から、我が家のお気に入りコンテチーズ入りの赤身のサラミ、
真ん中が超薄切りでひらひらが美味しい生ハム、
そして右のはスイスの「グリゾン」という地方のスペシャルな1品で
「ヴィアンド・デ・グリゾン(Viande des Grisons)」。
スパイスやハーブに漬けこんで乾燥させた牛肉の薄切りで、
これはシャリュキュトリーには入らないのですが、ま、近い感じです。
FotoJet (966)
お次は市販の焼いていただく用ニョッキで、
オリーブオイルとバターでカリッと焼いて、いつもはパルメザンをかけますが、
今回はチェダーチーズをかけてみました。チェダーもいけますねぇ。
ニョッキは定番の茹でていただくスタイルも美味しいけど、
焼くのがまたカリッとモチッとと~っても美味しいのです♪
私的には焼きニョッキの方が好きかもしれません。
あ、でも茹でてクリームソースのもたまらないけど…。
FotoJet (967)
メインは我が家の大好物のアルザス地方の郷土料理シュークルートで~す。
でも出来てたやつで温めただけで~す。
ドイツのザウワークラウトのキャベツを想像していただければわかりやすいのですが、
あの発酵キャベツとアルザスの特産品のソーセージやベーコン、
ハムなどの豚の加工肉とじゃがいもを煮込んだもの。
これをマスタードを添えていただきます。
程よい酸味であっさりで、わたしなんぞぁ、週に1度食べてもいいくらい好き。
なんだったらキャベツだけでもいいくらいです♡
ということで週末ごはんは以上です。
さて、長雨の影響のパリの洪水のニュースが日本でも伝えられているようですが、
セーヌ川もマルヌ川もちょっと大変なことになっております。
マルヌ川沿いのいくつかのカルティエも水浸し被害が出ていてホテルに避難する方々も。
我が家はマルヌ川のすぐそばというわけではないので今のところ大丈夫なのですが、
一昨年の春にも長雨による被害が出ての今回。
川沿いにお住まいがある方々の中には引っ越しを考えている方もいらっしゃるよう。
以前は冬のパリはほんと~に寒く雪もよく降っていて
外にたっていられないくらいだったのですが、
ここ数年であのすんごい寒さはどっか行っちゃいました。
寒いけど耐えられる寒さ。雪もほとんど降りません。
地球の天候の変化がほんと、来てるな、と思います。
……………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!