9xm89xNL_VYwwO71519394054_1519394141[1]
ギャラリーラファイエットの有名お肉屋さん、
イヴ=マリ・ル=ブルドネックのイートインで熟成肉をいただいた時
→「ギャラリーラファイエットの有名お肉屋さんで実食!
お肉はもちろんとても美味しかったのですが、
テーブルに置いてあった塩がまた超美味で、むむむ!となったんです。
で、お店の方に聞いたら、ギャラリーラファイエットのこの同じ階で買えますよ、と。
そんなことで手に入れたのがこのゲランドの
「グラン・クリュ・ドュ・バッツ(GRAND  CRU DE BATZ)」の燻製塩、
「フルール・ドュ・セル・フュメ(Fleur de sel fumée)」。
9世紀から始まったゲランドの自然海塩作りですが、
この「グラン・クリュ・ドュ・バッツ」の歴史もまた長く
現在の経営者の前の前の前の前の前の…おじいさんが始めた10世紀から。
そして、上質な塩として広まったのは1660年、
当時の王様ルイ14世がお気に召したのがきっかけ。
今では有名シェフたちの間では知らない人はいないくらいのお塩だそう。納得です。
5sCwhK_KeKsJpgE1519397075_1519397168[1]
ギャラリーラファイエットでは4種類が置いてあって、
この「フルール・ドュ・セル・フュメ(Fleur de sel fumé)」14、20ユーロ、
「グロ・セル・グリ(Gros sel gris)」=灰色の塩7、90ユーロ、
「フルール・ドュ・セル(Fleur de sel)」=塩の花9、90ユーロ、
「フルール・ヴァン・デスト(Fleur vent d’est)」
=東風の花(東の風だけで乾燥させる)12、20ユーロ、
それからギャラリーラファイエットには置いてなかったのだけど
「フルール・ドュ・セル・ネージュ(Fleur de sel neige)」
=雪の塩の花というのもあるようです。
nUjpVPzxTS36_dM1519394224_1519394294[1]
そんな中で一番お高いこの燻製のお塩ですが香りがすんばらすぃ。
これをつけていただいたイヴ=マリ・ル=ブルドネックさんのお肉が
まあ、美味しかったこと。
白身のお魚や天ぷらでも美味しいだろうな、と思っております。
あ、新鮮な白身のお刺身も美味しそう♪
塩というと我が家の一番のお気に入りは
メゾン・ドュ・ラ・トリュフのトリュフ塩(18ユーロ)ですが、
いやぁ、これ負けておりません。使うのが楽しみ過ぎです!
RU7HvstFpw1e27C1519394444_1519394556[1]
さて、ギャラリーラファイエットのこのお塩の売り場をちょっとご説明させてください。
地下一階、中央の野菜売り場をはさんで、お魚屋さんやお肉屋さんイヴ=マリ・ル=ブルドネックのちょうど反対側の調味料売り場です。
zQzKOs4vntLHyjA1519394667_1519394754[1]
通路を少し進むと右側にお塩のコーナーがあります。
rDGysMexWIcJOuR1519394845_1519394928[1]
缶入りで軽いのでお土産にも最適。
美味しいものに目がない人がこれもらったら嬉しいと思います!
私は今度は「フルール・ドュ・セル・ネージュ(Fleur de sel neige)」を
置いてくれるようになったらそれもお試ししたいです。
きっと細かくてふわっとしてるのかなぁ…。
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!