wmqE6yxVN5tUIHH1519737037_1519737135[1]

ちょびっと忙しいので早めの更新です宜しくです。
日本ではまだまだお野菜が高いようですね。
私が日本にいた頃は季節の野菜がそんなにすんごく高くなる、
ってあまりなかったように思うのですが、これも時代の流れですかねぇ。
パリの話になりますが、ガール・ド・リヨン駅のホームにあった、
1ユーロちょっとでグラスワインが飲める立ち飲みカフェも
いつのまにか閉店していてびっくり。なんかとても寂しかったです…。
ということで、まだお手軽な方かも野菜、じゃがいもさんを使って、
「じゃがいもと皮つきにんにくのハーブロースト」のご紹介です。
少し前の週末ごはんの付け合わせで作ったらシンプルで美味しかったので、
分量を量りながら作ってみました。
でもにんにくたっぷりなので作る日チョイスのこともあったんですよ。
試食係の旦那が翌日、人様にご迷惑かけたらよくないですからねぇ。
ただし、にんにくさん、時間をかけてじっくりローストするので、
思ったよりはあとでにおいません。
生のにんにくとかにんにくがっつり餃子の方が、あと、きついかも。
とは申しましても翌日お休み日の方が安心して召し上がっていただけると思います。
さて調理ポイントですが、にんにくを皮つきのままローストってのが大事。
皮つきのままじっくり焼いたにんにくは蒸されてホクホクとろ~っと柔らか美味。
記載分量じゃ足らないかもしれません。
材料全部耐熱容器に入れてその中で混ぜてあとはオーブンまかせなので、
1時間焼きますが、ほとんど放りっぱなし。
その間に他のものを作っていただいても、お掃除していただいても
パックしていただいてもスマホしていただいてもピアノ弾いていただいても大丈夫。
ちなみにわたくしはサラダを作って、洗い物を食器棚に戻して、
それからちょっと部屋の片づけなんかもしちゃいましたよ。
それでは超簡単ですが材料と作り方です。
…………………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・皮をむいた小さめのじゃがいも10個くらい(または大きめであれば半分に切る) 
・大きめの皮つきニンニク6~7個 ★オリーブオイル大3 ★小さめに千切ったバター20g ★いいお塩小1/2くらい(ハーブ塩でもOK) ★粗びき黒胡椒適量 ★プロヴァンスハーブ小1(またはタイムやローズマリーなどのドライハーブを数種類合わせて使ってください) 

作り方
オーブンを210度で予熱開始する。材料を切るなど準備する。
耐熱容器にじゃがいもとにんにくを入れ、★も入れ、手で混ぜ馴染ませる。
これをオーブンに入れ、210度で1時間、
途中じゃがいもを返して均等に火が通るようにし、焼き汁もさっとかけじっくり焼く。
いただく時、塩気が足らなければお好みに少しふってお召し上がりください。
…………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!