sOOnWX83LZIHXHI1524837356_1524837503[1]
クリニャンクールに行ったついでに駅のすぐ近くにある人気カフェ
「ラ・ルシクルリー(La REcyclerie)」にも寄ってまいりました。
ここは1930年代まで使われ、その後放置されていた鉄道駅を利用したお店。
74Qbx_QtRojYzpo1524837089_1524837225[1]
駅舎だったという店内は天井が高く光がいっぱい入る広々とした空間。
家具や雑貨はすべて中古品をリサイクルしたものが使われていて、
バラバラなのをセンスよくリフォームして寄せ集めるとかわいくなる、
っていうスタイルのお手本になります。
店内には中古品の修理をするアトリエなんかもあって、
実際、職人さんが作業しておりましたよ。
gXm_Qvbwm_fMiIK1524836614_1524836725[1]
日本の学校で使っていたような古い机なんかもかわいく色を塗って、
ラフに置くとこんな感じになりますよね。そんなお店、東京にもありそうだけど。
qVXJopWqPzadlHR1524836835_1524836959[1]
厨房もリサイクル家具&雑貨。色合いが微妙色×微妙色でかわいいです。
VhAwCJ7ToKJi3jb1524836151_1524836265[1]
建物だけじゃなく、外の長い線路脇もそのまま利用されています。
rKMHUYZsONRicTL1524835556_1524835634[1]
店内もかわいいけど、お天気がよい日はやっぱり外が気持ちよい♪
EZq8QbDwpo8KXbh1524836374_1524836492[1]
このそばではニワトリさんも飼われているし、小さなオーガニック農園もあって
そこでとれた野菜やハーブたちがメニューに使われております。
pgEnWxUA0hr7_em1524835910_1524836030[1]
クリニャンクールというと雑然としたちょっと注意も必要なところで、
蚤の市のために行く場所、といった感じだったけど、
このお店があるから行くっていう人も今は結構多いかもしれません。
8hqsqyRrvBQyWTz1524835715_1524835819[1]
線路の反対側は公園。ジモティの憩いの場となっております。
bOG4L2mxI9t3cWa1524835298_1524835374[1]
カフェは1ユーロから、ビールとグラスワインは3、5ユーロから。
平日のランチもデザートとコーヒーがついて13ユーロとお手頃。
週末の22ユーロ(ベジタリアンメニューは20ユーロ)のブランチも大人気のよう。
まずは蚤の市のついでに立ち寄って気軽に一杯からいかがでしょうか♪
住所…83 boulevard Ornano 18区
TEL…01 42 57 58 49
メトロ…④号線「Porte de Clignancourt」
HP…La REcyclerie
……………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪


ありがとうございます!