エマニュエル・マクロン大統領が火曜日にTV演説を開くとお伝えしたのですが、
結局、フランス全土から市長や村長を600人招いてのTV討論の形でした。
が、途中からムッシューマクロンの長々1人舞台演説でチャンネルを変えました。
ちなみに生放送は15チャンネルの「BFM TV.」。やっぱり。
…………………………………………………………………

さて、フランスに来て気が付いて長年疑問のことが今日のタイトルです。
フランスに住んで11年めになるのですが、口臭が強い人がとても少ないんです。
今まで他人で気になったのがほんと、1人とか2人とか。
日本にいた頃は職場で、1メートル離れててもきつい人がいたり、
満員電車で顔が近いときつい人がいたりして、結構な頻度でした。
でもそれはそれぞれ磨きが足らない人もいるだろうし、
体調とか内蔵が悪いとかでもあるんだろうな、
と思っていたのです。が、フランスに来たら、めっちゃ少ない。
かと言って、日本のようなよく考えられた歯ブラシがあるわけでもなく、
磨きにくい大きめ歯ブラシで、しかも旦那もですが結構適当な磨き方。
歯磨きしっかり派の自分には考えられないんです。
あんな磨き方じゃ汚れとれないでしょう、と。
体調や内臓の調子が悪いだってもちろんフランス人だってある。
でも口臭がない不思議。
これはもう体質、と言うか、体質&歯の質の違い?
ただし、入れ歯は結構早いみたい。
ご近所さんでも60歳過ぎで入れ歯の人が結構いて。
60歳で入れ歯って早いですよねぇ。やはり適当な磨き方のせいかしら。
その入れ歯は、フランスの歯科医は高いので、
東欧の費用の安い国に行って作ってきたそうです。

で、体臭です。これはやはり日本よりずっと多くて、
正直、倒れそうな時も今までありましたし真冬でさえも気になることがよくあります。
まず体質があるだろうし、あとはやはり食べ物ですよねぇ。
とにかくフランス人は肉食星人ですから。
旦那も真夏の超暑い時、たまにあるので、そんな時はmoiちゃんすぐイエローカード!
するとすぐ制汗スプレーしに行っております。
でも制汗スプレー、ガンになる危険性があると言われているんですよね。
なので、自分も真夏の暑い日、出かける時だけは使いますが、
ほんとにちょっと、1秒くらいにしております。
口臭も気をつけておりまして、ミントのボンボンはいつも持っているし、
出かける前日からニンニク系生ネギ系は食べないようにしております。
ニンニクたっぷり餃子なんかはめちゃくちゃ美味しいけど、
後がきついですからねぇ。周りが。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!