先週末、旦那の自転車愛好会の仲良しローランさん宅に、
お呼ばれディナーに行ってまいりました。
今回がはじめてのご訪問でしたが素敵なお宅。
奥にツリーが見えますが、フランスでは街でもですが
クリスマスツリーをまだ飾っているお宅がたくさんなんですよ。
Foto (199)
実はこの日はパリの街を自転車や車で走るトラヴェルセ・ド・パリ。
私も去年の冬は参加しました。その時の記事はコチラ。
ラ・トラヴェルセ、早朝のヴァンセンヌの風景
ラ・トラヴェルセ、前半はモンマルトルの丘まで
ラ・トラヴェルセ、後半はコンコルド広場
ラ・トラヴェルセ、そして誰もいなくなった
でも今年は旦那だけに行ってもらって私は自宅でゆっくり。
ちなみに第19回目の今回のテーマは「la bande de dessinée 」=漫画。
このために旦那も変なちょび髭を生やして抜け歯の仮装小物も
わざわざ買ってきてつけて行っていました。
Foto (200)
で、夜はここにお呼ばれ。
ディナーの前はアペリティフタイムで、
バーカウンターでローランさんが飲み物を準備してくれます。
Foto (197)
おつまみは奥様がさっと作ったトマトとチーズのプチトースト。
美味しくてカリカリパクパクいただきました。
でもフランスのアペリティフタイム、とにかく長いんです。
この時も7時について約2時間近くのアペリティフ。
Foto (198)
私たちともう1人のお客様はボルドー近くの美しい街からトラヴェルセに参加した、
物静かでおっとりしているアントニーくん。
彼もフランスの古い漫画のキャラクターのマネをしているので
着ている服のスタイルが古めかしいですが、まだ19歳。
フランス人あるあるのよくしゃべる旦那とローランさんとは対照的。
Foto (201)
ローランさん宅もわんこっちが2匹おります。
この子は2年前赤ちゃんの時、何と、
奥様が家のすぐ前のパーキングで捨てられているのを発見。
今はここで幸せに暮らしております。
もう1ぴきは恐がりちゃんでパパとマモンの後ろにいつも隠れておりました。
Foto (202)
旦那に負けず劣らずチャリキチのローランさんのガレージは
古い自転車でいっぱい。
以前はカーレースが趣味だったそうですが、
お金がかかるし自転車が楽しくなって止めたそう。
Foto (203)
ローランさんもアンティークやブロカントの雑貨が大好き。
Foto (204)
お宝がたくさんありましたよ~。
Foto (207)
お食事はスモークサーモンやパテ・ド・カンパーニュ、リエットをいただいて、
メインは牛肉と野菜のココット煮。
とろりほろほろ柔らかく美味しく煮込まれておりました。
Foto (208)
その後はチーズ各種。フランスではチーズは必ずメインの後になります。
Foto (209)
このチーズはアントニーくんのご実家で作っている、
ラベルルージュ(フランス政府公認品質)のシェーブルチーズ。
さすがラベルルージュであっさりまろやかで美味。
シメはガレット・デ・ロワでしたが私はもうお腹がパンパン。
気が付けば夜も更けていましたが楽しい時間でした。
そうそう、でもローランご一家、半年後に住み替えで
別のパリ郊外の街に移り住むのです。
こんな素敵なお宅だけど今度はさらにもうちょっと大きいよう。
うちは旦那が家からすぐの職場なので、そういうの無理だし、
小さな家でもうちょっと広かったらな、と思うのでめちゃくちゃ羨ますぃ。
知らない街に行くのも大好きだしまたお呼ばれしたいです~。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!