Foto (273)
先週の週末ごはんになるのですがご紹介です。
まずはサーモンとイクラのタルタル、ヴェリーヌスタイル。
ヴェリーヌとはガラス製の器に入れた1品のこと。
入れていくだけなのにちょっとオサレな雰囲気になるのがよいところ。
サーモンと相性のよいハーブ、ディルは冷凍していたものを使いましたが、
冷凍してもしっかり香りが残っているので使いきれない時におすすめです。
Foto (274)
お次はマルシェの鶏専門店で買った砂肝でコンフィを作り置きしていたので、
それを使ってフランスでは定番の砂肝のコンフィのサラダ。
少しクリーミーなドレッシングにしてみたらこれがよく合いました♪
Foto (275)
そして中途半端に残っていたコンビーフで久々に思い出して作ったコチラ。
Cpicon コンビーフとミントのスパゲティー by ルロワ・モワ
これは数年前、パリのビストロでいただいた
ラム肉とミントのパスタからヒントを得て出来たレシピ。
その日パリのお店でそれを選び、食べ、そしてコンビーフで代用と言うのは
確率的にもかなり少なく、誰でもすぐ思いつくものでもないと思います。
なのですが、日本人のフードコーディネーターだという方が
これとそっくりなパスタを自分のレシピとして紹介していてびっくりしました。
カノウヒナタという人のコチラのレシピです→コンビーフとミントのパスタ
レシピには著作権がなく、また、こういうことをされても
言いにくい風潮があるのも事実。
私と同じような経験を何度もし、悲しい思いをし、
レシピ紹介を考えてしまう人がたくさんいると思います。
これ以上言うのは我慢しますが、これからも気づいた時は、
このように超類似レシピも併せてご紹介させていただきます。
Foto (276)
メインはサヴォワ風のステーク・ハッシェで、
挽き肉のステーキにサヴォワのチーズ、ルブロションをのせて焼きあげ、
2色のじゃがいものピュレを添えました。
ステーク・ハッシェはフランスの王道メニューの1つ。
日本のハンバーグのように玉ねぎやパン粉、卵は入れず、
牛挽き肉のみで作ります。フランスではとにかく肉!
私は日本のハンバーグがめちゃくちゃ美味しいと思っているのですが、
ルブロションチーズをのせると、こちらもなかなかイケます。
でもやっぱり日本のハンバーグが世界一だと思いま~す!

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!