Foto (327)
ちょっと前に新米女性裁判官のドキュメンタリーを観ました。
これはその中の本物裁判中のワンカット。
私服の上に羽織った裁判官の黒い制服に
赤い大きなイヤリングがとても印象的。
外すことはせず、いつもの自分の好きなスタイルに仕事着着用。
フランスらしいなぁ、と思いながら観ておりました。
学校の女性の先生がたとえば学校内のTVのインタビューで出てくる時なんかも、
しっかりメイクをし、胸の谷間を強調し、大きなアクセサリーをつけている、
なんていうのも結構よくあります。
撮影を意識していつもよりおしゃれしてくるのでしょう。
これもまた面白いなぁ、と思って観ております。
役所の公務員さんは夏はタンクトップで
タトゥーが入っている人もたまにですがいますし、
看護師さんも仕事中もたれ下がりタイプのピアスやネックレスをつけていたり、
タトゥーが入っている男性看護師さんもいます。
どれもこれも日本だとたぶん問題になるし、
逆に問題にならないようにその前に気をつけることですね。
私もフランスに来たばかりの頃は役所の人がタトゥーか~、
と正直びっくりしておりました。でも今はすっかり慣れ、
あれこれ言われないのは悪くないな、と思うようになりました。
私は大きなアクセサリーより小さい方が好みですけどね。
本人がよきゃいい。それだけのことなのです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!