前回は手術が終了したところまでお話させていただきました。
フランスで人生初の手術!②
で、無事手術が終わり、旦那と自宅に帰りました。
だんだん麻酔が切れてきてはいたけど、まだ、
しばらく大丈夫だったんです。
ところが夜中がきつかった~。
身体に金属が入っているようなキーン、という独特な痛み。
いや実際金属みたいのが入っていたのですが。
とにかくあんな痛いのは人生はじめて。
一晩中唸りました。
いつもはママが起きていると自分も一緒に、
とわんこたちは甘えっ子合戦のようになるのですが、
この時ばかりはどうしていいかわからず
そばで呆然と見つめておりました。
そして旦那も、こればかりは自分は何もしてあげれない、と。
いやいや手術ってものすごいことです。でもそりゃそうですよね。
身体にメスで穴を開けるのだもの。
ようやく少し眠れたのは朝方。疲れきってです。
次の日もその次の日もきつかったけど、
痛み止めも効いてきて、痛みは徐々に引いていき、
山は越えました。
ただこの痛み止め相当強かったようで、
ケガしてからほとんど何も食べていなかったこともあり、
人生初?とまではいかなくても珍しく便秘になりました。
で、休んでいたスムージーを再開し、
食欲はまったくなかったけれど
野菜だけでもなるべく食べるようにしました。
でも何も切れないのでスムージーは旦那に、
朝仕事に行く前に作ってもらって、
野菜も旦那が電動野菜切りでドンとまとめて作ったサラダや
買ってきたものやレンチンのもの。
+カルシウムとカリウムたっぷりのお水「ロザーナ(Rozana)」。
それでお薬を飲んでいてもお腹は元通りになりました。
やはり野菜とお水はとてもとても大事ということです。
それと、ネットで骨折を早く治す情報をいろいろ見ていたら、
ある方が、お医者さんに治りが早くてびっくりされた、
理由かはわからないけどとにかく毎日よく寝た、
と書いていらっしゃったので、
私もとにかくたくさん寝るようにしました。
そのおかげか、入れていたピンでの骨のくっつきが、
とてもうまくいき、ここは海だ!と言ったお医者さまも
私が若くないこともあってかかなりびっくりしてたんです。
スュペール!(super)を何度も呟いていたくらい。  
そのピンを取る時の小手術もかなり緊張したけど、
無事すぐ終わり、その後はギブス包帯を数週間。
固い包帯で不自由だったけど、
指はなるべく動かした方がいいということだったので、
痛くても気をつけながらパソコンをし、
料理も右手中心に出来ることはするようにしました。
これがリハビリになってとてもよかったと思います。
ギブス包帯が取れた後はフランスの運動療法キネ(Kiné)に
週2回通い、家でもリハビリと出来る限りの家事。
とにかく早く治りたい、料理を好きなようにたくさんしたい、
またパリを1人でぷらぷら歩きたい、仕事の記事も書きたい、
その気持ちでいっぱいでした。
そして先週でキネ通いが終了。まだ完全ではないけど、
後は普段の暮らしの中で自然にリハビリです。
でもしたかったことがほとんど出来ているので嬉しいです♪
小さな骨折ですが、いつものことが普通にできる、
というだけで十分幸せなんだ、と改めて気づかされました。
各先生方、看護士さんたちがはじめてレントゲンを見て、
全員が「ウララ~。こんなのはじめて見た」と
びっくり二度見のZ手首から3ヵ月ちょっと。
もう動かなくなるかも、と最初過ぎることもあって、
そうなっても受け入れようと覚悟していたけど、
先生にも看護士さんにもキネの運動療法士さんにも、
そして旦那さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
あ、それから、手術の傷がとても小さくてびっくりしました。
キネの療法士さんも、このケガでこの傷で済むのか、
と目を凝らして見ておりました。
今は内視鏡を使うので小さくて済むんですね。
21世紀の技術の進歩はすごいなぁ、ありがたいなぁ、
とつくづく感じました。
だからノートルダム寺院の再建も速いんじゃないかな、
と思ったのですよね。
ということで私の骨折&手術&リハビリのお話は以上となります。
皆さま、私のようなドジなことにならないよう、
どうぞ道でも階段でも十分ご注意ください!

              おしまい

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!