前回は手術前半の状況をご説明させていただきました。
フランスで人生初の手術!
さて、カーテンに仕切られた(カーテン開いてたけど)
一角へと運ばれました。
ここで麻酔をかけられるようです。
やって来たのは面会したインド系先生ではなく、
アフリカ系の女性の先生。
この先生がまあとてもとても優しくて。
私が震えているので一生懸命リラックスさせようと、
麻酔の手順1つ1つ始まる前と終わるたびに、
深呼吸して。そうそうジェニアル!(素晴らしい!)
ゆっくりゆっくり深呼吸よ。そう!ジェニアル!(素晴らしい!)
と何十回ジェニアルを言って励ましてくれたことか。
おまけに麻酔を打つのも上手であまり痛くなかったんです。
そのおかげで無事麻酔がかかってきました。
そしてしばらくして左手はまったく感覚がなくなりました。
ちなみに麻酔は腋から注入されました。
脇の下というのは成分を吸収する率が
腕の内側に比べ3倍以上もあると聞いたことがあるので、
それでか、と。それから変な話しですが
日本で永久脱毛しておいてよかったなぁ、と。
してなかったら痛くて手入れどころじゃなかっただろうから
恥ずかしかったなぁ、なんてことも、
仰向けでつくづく思っておりました。
そして間もなく看護士さんがやって来ていよいよ手術です。
手術室に運ばれると私の鼓動がめちゃくちゃ早くなり
心臓が苦しくなってきて、呼吸がうまくできなくなりました。
びっくりした看護士さんが、大丈夫?と。
手術が初めてで恐くて心臓が苦しいです…
と言葉途切れ途切れに伝え、
何とか落ち着こうとゆっくりゆっくり深呼吸。
そこに面会したフランス系先生がやって来て、
看護士さんが、彼女は手術が初めてで恐がっている、と説明。
すると先生、僕も手術初めてだよ!とジョーク。
それで私も小さく苦笑。
先生今度は自分の青い手術着を大きく広げて、
ここは海だ!と服をパタパタ。
私、また本気の苦笑。
でもこれで呼吸が落ち着いていったのです。
その後はこの先生も鼻歌を軽く歌ったりしていて、
看護士さんとジョークも言ったりしていて、
やはり手術室の中でさえもラフ。
そして目を閉じて見ないようにと決めていたけど、
身体縦半分に幕が張られたので見えないようになり、
手術が始まりました。
腕を持たれる感覚はあるけど、
まるで肩が持ってる腕を誰かが持っているような感覚。
でも見えないし痛くないし麻酔して手術の感覚がわかったので
少しほっとしたのかいつのまにか眠っていました。
そして気がついた時は手術が終わって運ばれる直前。
一番の山は終わりました~。が、この夜がきつかった…。
で、学びましたよ。手術の後がまた大変なんだな、と。

               来週くらいにつづく

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!