R0007638 - コピー
最近夫婦で気に入っていて毎週のように作っている1品でして、
「魚の黒ゴマパン粉ソテー」のご紹介です。
きっかけは自分レシピのコチラ。
フレンチ風おつまみ。アスパラガスの黒ゴマパン粉焼き
黒ゴマパン粉使いがグッドだったので、
この時にお魚でもきっと美味しいな、と思い結構すぐやってみたんです。
そしたら思った通り美味しかったんです♪
しかもアスパラもですが、黒ゴマの程よい香ばしさと風味でソースやたれ要らず。
いいお塩をちょっとつけるか、レモンをぎゅっとしぼるだけで十分なので、
メインおかずになるけど簡単なんです。
調理ポイントは今回サバを使っていますが、
塩を振って15分おいたら出た水分をキッチンペーパーで優しくとること。
これで臭みがとれます。タラでも作って美味しかったのですが同じ要領になります。
他にもアジや鮭、マグロでも美味しいだろうな、と思っているので、
近々やってみたいと思います。
あ、アジもフランスにあるんですよ。
「シャンシャール(chinchard)」って言います。
おフレンチな名前でしょう?リシャールとかピエールみたいなねぇ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・今回は骨が抜いてある新鮮なサバ200g ・卵(水大さじ3、薄力粉大さじ4) ・なるべく細かいパン粉カップ1 ・黒ごま大さじ1と1/2 ・オリーブオイルまたはごま油、サラダ油適量 ・いいお塩少々 ・くし形レモン適量

作り方
サバは食べやすい大きさに切って塩を振り、
15分置いたら出てきた水分をキッチンペーパーでふき取る。
バッドに卵を溶き()内のものを混ぜる。
別のバッドにパン粉を入れ黒ごまを混ぜる。
フライパンを中火よりやや強めの火で温めオリーブオイルを入れる。
①のサバを卵液、パン粉の順につけ、
フライパンに皮を下にして入れていく。
火を調節しながら両面こんがり焼く。
キッチンペーパーをしいた皿にとる。
盛り皿にサバをのせ塩とレモンを添える。
お好みでレタスなども添えて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!