R0010586 - コピー
インゲンが美味しい季節ですね。
フランスでは「アリコ・ヴェール(haricot vert)」って言うのですが、
こちらでも、どこのマルシェでもお買い得になっております。
ということでインゲンちゃんレシピ、
「インゲンと玉ねぎとツナのバター醤油甘辛」のご紹介です。
和食系でごはんのおかず系で副菜的です。
ぜんぜんしゃれていないですが、
玉ねぎとツナの醤油バター甘辛がインゲンにからんで
な~んか食べちゃう美味しさです。
甘辛の甘みは火を通した玉ねぎの自然な甘さですが十分です。
我が家は、そんないつもフレンチじゃなくて、
平日はめちゃくちゃ野菜食べよう副菜ごはんです。
これもそんな中でささっと作った1品。
調理ポイントは、ただ順に加熱するだけなのでありませんが、
インゲンの太さによってレンジ加熱時間が変わってくると思うので、
それだけ調節してくださいませ。
お弁当のおかずにもよいのでぜひ活用してください。
ということで今日はレシピパート②がありますので、
早速材料と作り方、行かさせていただきますね。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・インゲン100g ・玉ねぎのみじん切り100g ・ツナ25g ・オリーブオイル大さじ2 ・塩ふたつまみ ・酒大さじ1 ・醤油大さじ1 ・バター5g ・粗びき黒胡椒お好み量

作り方
インゲンの端の硬いところを
少し切り、筋を取る。
さっと水にくぐらせてからラップをしてレンジで3分くらい加熱する。
柔らかく火が通っていればOK。
もしまだ硬いようだったらもう少し加熱する。
そのまま置いておき、触れるくらいになったらラップを外し、
キッチンペーパーで水分をふき取り、食べやすい長さに切る。
耐熱容器に玉ねぎとオリーブオイル、塩を入れ、さっと混ぜる。
ふわっとラップしてレンジで3分加熱する。
ラップを外し、インゲンとほぐしたツナ、酒、醤油を混ぜる。
ラップなしで2分加熱する。
最後にバターを混ぜ、粗びき黒胡椒をお好み量入れて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!