R0010961 - コピー
南フランス、エクス=アン=プロヴァンスのカリソン(Calisson)の老舗店、
「ル・ロワ・レネ」の支店の前を通りかかったので、
食べたことがなかったので買ってみました。
カリソンはアーモンドとメロンの砂糖漬け、オレンジの皮などを混ぜたペーストを
ひし形の型に入れて固めたもの。
幸せのお菓子と呼ばれているのですが、それは、
15世紀、プロヴァンスのルネ王が、笑顔のないジャンヌ妃との結婚の際、
彼女を喜ばせようと、宮廷の菓子職人にこのお菓子を作らせ、
結婚式でジャンヌ妃がこのお菓子を見て笑顔を浮かべてくれたことが由来だとか。
なんだかこのお菓子にぴったりなスイートなお話ですね。
R0010959 - コピー
ここのはいろんなフレーバーが揃っています。
旦那も食べたことがなかったので2人で初お試しです。
さてさてお味は?
ほどよくねっとりしていて甘いけどくどい甘さではないし、
フレーバーも自然な風味なので食べやすい。
正直私たちは、すごく美味しい、とまでは思わなかったけど、
想像通りの素朴なお菓子です。
でも素朴な中にも繊細な風味があります。
紅茶やコーヒーに1つ2つさりげなく添えられていたら良いかも。
お値段は小さな可愛いカリソンが21個入りで10ユーロ。
日持ちもするので、珍しい可愛いお土産として
お味見的に喜ばれるかもしれません。
メーカーによってはフレーバーがきついものもあるようなので、
購入の際はできれば味見することをおすすめします。

住所・・・8 Rue Lévis 17区
TEL・・・01 44 71 95 28
HP→Le Roy René

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!