IMG_0122 - コピー
フランスに来る時に、お刺身とお寿司と日本のお笑いについてはある程度、
気軽に食べれなくなる、楽しめなくなる、と覚悟して来ました。
でも、たこわさは地味だったのでまったく考えませんでした。
で、フランスに来て、思った以上にお寿司が浸透していること。
そして生ものを使わなくてもお寿司が作れること。
マルシェで買った魚で、作ろうと思えば生のお魚のお寿司も作れること。
それらをフランス生活10年間で学びました。
そんな時に、ご近所さんの、
日本によく行く日本好きの青年が大好物と言った「たこわさ」。
「たこわさ」ですよ。渋い。
それで「たこわさ」に改めて自分の中でスポットが当たったのです。
いんや、「たこわさ」いんやいんやいんや、たまらん。
IMG_0121 - コピー
で、マルシェでタコが特売だった今日、買ってきて、
茹でて「たこわさ」作りましたよ~。
いや~、美味しい。いくれでも食べれる!
旦那と競争のようにいただきました。
茹でた、たことわさび、そして醤油、何でこんなに合うの?
アメリカでは、一度食べるとやみつきになると言われてそうな。
食べ物の文化は違っても、
美味しい、という感覚はそれほど変わらないんですね。
これはいつか我が家のフレンチパーティーでも一度お出ししたいです。
今日はマルシェのお魚屋さんで、
たことアジにばかり目がいったわたくしです。
アジの理由はまた近々。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!