ここ数週間の間、思っていたことについて、
書かせてください。

フランスに感染者が拡大し、亡くなった方がどんどん増えて、
悲しいし、怖いし、不安です。
毎日ががらっと変わっていったので戸惑いもあります。
そんな気持ちやフランスの様子を、
自分のわかる範囲で、その時感じたことと一緒に書いてきました。
書いていて、多くの方がフランスの状況を知りたいと感じました。
ただ同時に、一部のフランス在住者たちのブログ間で、
毎回何かしらのコロナウィルス記事で、
まるでコロナ記事合戦のようになってることに、
これは利用ではないか、と、
何とも言えない気持ちになっています。
タイトルにキーワードを巧みに取り入れたり、
大袈裟な言葉や感動的な言葉を使ってみたり、
他の在住者の方のブログの興味深い部分を、
自分の記事として利用して書いたり。
そうやって集客を増やすのも1つのやり方かもしれません。
でも今のこの事態の中でそれは
決して気持ちのよいことではありません。
じゃ、こう書いた私はどうか?と自問自答してみると、
流された部分があるのは否めません。
私は今、外出禁止(制限)に少し慣れて、
ウィルスの不安を抜けば、家で穏やかに暮らしています。
でも同じ時間、医療現場では
たくさんの患者さんと従事者の方々が戦っています。
今日もニュースで、病院が足らなくてストラスブールからTGVで、
フランス全土へ運ばれる呼吸器をつけた重症患者さんと、
たくさんの機材を持って防護服で乗り込む方々の姿を見ました。
せつなくなります。胸が苦しくなります。
でも私は現場にいません。
ただの一主婦で家にいるだけです。
もし、本当にこのコロナの大変な状況を伝えたいというなら、
パリ在住ライターだ、プロの書き手だ、という誇りがあるなら、
くだらない競争心を燃やすのではなく、
人の記事をチェックしてから自分の記事を決めるのではなく、
ご自分の感じたことをご自分の言葉でお伝えください。
私は今日改めて軌道修正して、
この奇妙に静かで悲しい日々を、
コロナがこんななっていなかった楽しいパリの日々を、
フランスの美味しいものたちを、
その時感じたままに綴ろうと思います。
それと、フランス在住の方のブログで参考になる情報は、
これからもどんどこシェアさせていただこうと思います。
ということで次回はなんかこう楽しい内容にしたいです。
たぶんですけど。わかりませんけどね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!