フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について 
このブログは何年もの間、
毎日、日本時間の午前0時頃、
フランス時間の前日17時頃(冬時間では16時)
に更新しております。
Foto (263)
東出昌大さんと唐田えりかさんが共演した映画、
「寝ても覚めても」=フランスでの映画タイトルは
「ASAKO」を私も地元映画館で観たことを以前書きました。
で、不倫問題で騒がれたのが今年の1月後半。
それから日本のネットを見ると毎日毎日毎日毎日、
そのニュース、というか芸能記者と一般人の
憶測話がこれでもかというくらい
しつこく取り扱われていて。
お2人のことも杏さんのことも当たり前ですが、
知り合いでも何でもないけれど。
他人にこれだけ騒がれて責められて。
不倫は残念だし、もちろん、
杏さんが何より一番悲しく辛かったと思いますが、
正直、唐田さんも気の毒と思ったのは否めません。
当時まだ無名の19歳で、
抜擢されての超人気俳優との共演。
19歳ってまだまだ子供です。
少なくとも私が19歳の時はおこちゃまでした。
たいした経験もしていなくて困難を知らなくて、
人のことを気遣うことさえも、
まったく出来ていなくて。
自分のことだから言っちゃいますが、
はっきし言って超おバカさんでした。
(それに気づけたので今は少しマシになったかな…)
自分がそんなでしたから、たくさんの人たちの、
唐田えりかさんの叩き方に、
なんか背筋がゾっとしました。
数字をとるために、ただそれだけのために煽るメディア。
そんなメディアにまんまと利用され、踊らされ、
芸能界から消えろ!とか、
芸能界から消してやる!的な書き込みをする人。
ブスのくせに、なんていう口汚い
幼稚な嫉妬の書き込みをする人。
しかもすべて匿名。
人のことをブスと言う人は、書きこむ人は、
まず自分の顔を出さなくてはと思います。
それに映画での唐田えりかさんは、
とても魅力的で可愛かったと私は思いました。
そして2月に入ってコロナ問題が発生し、
拡大してくると、ネットの話題は今度はコロナ一色。
(たぶんTVのワイドニュースも)
東出さんたちキーワードはさっさと葬り去られました。
フランスでアジア人が差別される出来事がいくつかあって
それが日本のメディアに大袈裟に取り上げられると、
今のキーワードはこれだ、集客を狙える、と、
考えたライターや一部の在住ブロガーが、
一緒になってこぞって煽り記事を出してきました。
けれど。実際に電車に乗ったり、パリを歩いても、
いつも通りで特に差別はありませんでした。
ついこの間、横を通り過ぎた車の中から、
アフリカ系の男性が何やら私に向かって罵倒したけど。
たぶんアジア人の私への何か文句だったようだけど。
へっ?と思った時はもう車は去っちまっていたので、
聞き返すことは出来ませんでした。
で、初コロナ罵倒っぽかったので、これか、と思いました。
でも、彼も差別を受けることがあるだろうに、
学べない程度の人間ということなのでね。
この小さな出来事はすぐどっかへ行っちまってて、
今日これを書いていて思い出しました。
海外に住んでみてわかったことがあるのですが、
日本のネットニュースは数字をとるために
書かれているものがとても多いです。
コロナでもパリ、フランスの実際の様子と、
日本のネットで伝えられているものとに、
隔たりがあるというか、違和感がたびたびあります。
特に大袈裟に書かれているものに感じることが多いです。
で、それが集客やお金のためで、作為的なもの、
とここ数年ではっきりとわかりました。
ただし、本物の書き手さんと感じる素晴らしい記事や、
良心が伝わる記事も私はたくさんあると感じています。
なので、今は、
タイトルにキーワードを巧みに使っているもの、
だけど内容が思いっきりキーワード負けなもの、
どこかで読んだネット情報を寄せ集めしたもの、
大袈裟に煽っているもの、などは、
なんちゃってライター記事のことが多いので飛ばします。
そう言えば去年日本に帰った時、
久しぶりに観た日本のワイドショーには、
本当にげんなりしましたっけ。
日本に住んでいていた時は普通にたまに観ていたけど、
去年帰った時は心底、
くだらないな、つまんないな、
いったい何十年こういうことやっているんだろう、
と思いました。
なので、忙しかったのもあるけど、
日本のTVはほとんど観なかったです。
あ、でも、まるちゃんとサザエさんは、
相変わらずで心に沁みました。大好きです♪
あれだけは日本で日曜日の夕方6時に
TVの前で座ってしみじみ観たいです。
それはそれとして。
メディアに数字のために死ぬほど書かれ、叩かれ、
コロナワールドになったらキーワードから
とっとと&やっとこさ外れ、今消えた唐田えりかさん。
「寝ても覚めても」は
彼女が主役と言っていいほどでした。
もったいないと、私はですが思っています。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!