フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について 
このブログは何年もの間、
毎日、日本時間の午前0時頃、
フランス時間の前日17時頃(冬時間では16時)
に更新しております。
IMG_5628
ちょうど今、エドゥアール・フィリップ首相、
オリヴィエ・ベラン保険大臣らによる、
5月11日からの外出制限の
段階的な解除についての会見が行われおります。
次々に大臣が出てきて発表しているのですが、
今5人目?いや6人目?
はじめて見た方もたくさんです。
で、解除についてはまたたくさんの記事が
これから出てくるかと思います。
なのでそれとは違う、昨日とても興味深かった
コロナニュースについて書かせてください。
去年の10月18日から27日まで中国の武漢で、
アメリカ、ドイツ、フランス、イタリア、
ロシア、ブラジルなど、
100ヵ国近い国が参加して、
世界軍人運動会(ミリタリーワールドゲームズ)
というものが開催されたそうです。
その大会に出場したフランス人選手が
インタビューを受けていたのですが。
大会開催中にすでに多くのフランスの選手たちが、
咳をしていて体調が悪い人がかなり出ていたそう。
で、おかしいなと感じていたと話しておりました。
しかも。そのフランス人選手に広がっている現象を、
中国のフランス大使館からマクロン大統領に
すぐに伝えられていたとのこと。
その時、コロナというものはわかっていなくても、
マクロン大統領は去年の10月には
すでに知っていたということになるようです。
人から人の感染は、
去年の12月、武漢の卸売り市場で働いていた人に、
気管支炎の症状が出て、その後
増えていったとされていますが。
10月の軍人運動会で出場した世界各国の選手たちに
コロナが広がっていた、と考えると、
そして出場した国々を見てみると、
いろんなことの辻褄が合うように私は感じました。
フランスでの最初のコロナ感染者は、
今年の1月25日のボルドーとパリ近郊の
3人とされていましたが、
去年12月に体調を崩し、
その後回復した人の抗体検査で、
陽性だったことがわかっております。
でも、1月や12月の話ではなく、去年10月には、
フランス人に感染していたのかもしれません。
ということは。
私もしょっちゅうパリを歩いていたし、
マスクもしていなかったので検査したら、
抗体を持ってるかもしれませんね。
武漢の世界軍人大会については、
中国政府とアメリカ政府で
やれアメリカが運動会で持ち込んだとか、
トランプさんが中国ウィルスと言い続けたりとか、
まるで子供のようななすり合いになっておりますが。
この両国が経済大国1位と2位と考えると、
なんか世界のこれからはますます悪くなっていくのかな、
と過ぎってしまいます…。
中国政府は昔からの恐ろしい隠蔽&監視体質。
そしてアメリカのトランプ大統領は、
まるでアメリカ映画の悪者エゴイストキャラクター。
でも実際のアメリカ大統領だってんだから笑えない。
もし11月の大統領選で再選しちゃったら
アメリカの良心を持った人々、
超情けないだろうな…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!