フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について 
このブログは何年もの間、
毎日、日本時間の午前0時頃、
フランス時間の前日17時頃(冬時間では16時)
に更新しております。
R0000084 - コピー
4年前、1人巴里の夜のセーヌ川を歩いた日。
R0000088 - コピー
人が誰もいなくて怖いので、
キョロキョロ気をつけながら撮ったのですが。
ここでロマ系スリに囲まれたり、
ひったくりに狙われたら、
間違いなくやられちゃう。
だけど夜のセーヌの煌めきが美しくて。
好奇心の大波が恐怖にかぶさり、
今度は恐怖の大波が好奇心にかぶさりの連続時間。
心臓が静かにバクバクだったのですが、
やっぱり楽しかったのも否めない。
ま、何もなかったから今話せますけどねぇ。
R0000097 - コピー
R0000100 - コピー
でも真冬だったので時間的には、
夜7時くらいでしょうか。
今の時期だったらまだまだ明るくて、
観光客やパリっ子がお散歩してる時間。
今、パリ市内は夜7時から運動が許されているので、
ジョギングする人たちがたくさんいるだろうな。
R0000110 - コピー
今年のセーヌのパリ・プラージュも
中止かもしれませんね。
まさか2020年がこんな年になるとは…。
でもこれは始まりなのかもしれません。
もしかしたらこれからは毎年毎年不定期で、
何かしらの出どころがなかなか見つからない、
新ウィルスが出てきて拡大があって。
その度に世界中で治療の研究をしなくてはならなくて。
その度に今のようにそれぞれの国で対策をして。
そして家にこもってネットの買い物が中心になって、
外での買い物がどんどんなくなっていく。
ウィルスが拡大してる間は、
その度に外出制限が出され、
地球の空気が定期的に綺麗になっていく。
人間社会にはいろいろと都合悪くても、
地球にはよい的な感じで…。
R0000112 - コピー
R0000118 - コピー
心臓にはあんまりよくはなかったけど、
十分満足して、セーヌを後にし、歩き出すと。
仕事を終え、家路に向かう人がチラホラ出てきて、
とてもほっとしたのを覚えております。
でも一度やったのでもう無理はしません。
これからはテレワークの人が増えて、
家路に向かう人の姿も少なくなるかもですしね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!