10日間更新が出来ませんでしたが、
また毎日がんばって更新いたします。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………IMG_5775 - コピー
セルフカットとヘアカラーを、
ネットがつながらない間にしたことをお伝えいたしました。
10日間更新が出来なかった理由と感謝
で、前々からフランスのヘアカラーについて、
お伝えしておきたいことがあったので、
ちょうどいい機会なので書きますね。
フランスのヘアカラーは染まり方がとても強いです。
たとえば、黒色を選ぶと、恐ろしいくらい、
真っ黒に染まります。まるで墨で塗ったように!
黒に近い濃い茶色を選んでも、
メーカーによっては真っ黒になります。
なので自然な黒色に染めたい場合は、
黒に近い茶色より少しだけ明るめを選んだ方が良いです。
それだと真っ黒過ぎない自然な黒髪に染まります。
ということは本当に明るい色にしたい時は、
フランスではかな~り明るい色を選ばないと、
そうならないかも、と思います。
ただフランスでは、というか欧米人の中では、
アジア人は黒髪が自然だし、魅力的に映るようです。
私もフランスに来て、黒髪の魅力を実感しました。
日本だと、アジア色を和らげる感じで、
明るい色にすることが多かと思いますが、
欧米では、アジアの顔を引き立てる黒髪がおすすめです。
それからもし白髪があって、そんなに多くない場合は、
たぶんほとんどのフランスの普通ヘアカラーで
染まるかな、と思います。
私も普通のヘアカラーで白髪も綺麗に染まります。
なぜなら、はい、フランスのヘアカラーは強いからです~。
ただ、強いということは、やはりちょっと怖いので、
ヘアカラー選びは少しだけ気をつけていて、
私は最近このアンモニアを使っていない、
「OLIA」をチョイスしております。
臭いも気にならず今のところ問題はありません。
今回使用したのはこの4,0番。
写真で見ていただくと黒に近い茶色ではないけど、
これで自然な黒髪になりました。
本当にグレイヘアで染めたい場合は、
美容師さんに相談した方が良いかもしれません。
ちなみに旦那は、グレイヘアは美しい、
ヘアカラーは身体に悪い、
といつも私に言っております。
ほんとにそうだと私も思います…。
なのでいつかは自然色にしようかな、
なんて思っております。
でも旦那がそう言ってくれていると、
なんだかちょっと気がラクです。
ということで、
どうぞフランスでご自分でヘアカラーする時の
参考にしてくださいませ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!