10日間更新が出来ませんでしたが、
また毎日がんばって更新いたします。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………

番組も木村花さんも存じ上げなかったのですが、
お亡くなりになったとのこと。
いきさつが残念過ぎて悲し過ぎますね…。
心よりご冥福をお祈りいたします。

ここ数年の間で、韓国のタレントさんたちの
残念なニュースを知るたびに、
いつか日本でも同じようなことが起こるかも、
と思っておりました。
少し前にこの記事を書きました。
メディアとコロナと消えた唐田えりかさん
騒がれていた時、Yahooニュースの欄にズラリと、
東出さんと唐田さんの記事ばかりが並んでいて、
いくつか見てみると、匿名で、
下に書き込みが出来るようになっていて、
マナーを守って考えを書き込んでる人もいるけど、
消えろ、とか、ブスなどという、
ただの口汚い罵りを書き込んでる人もいました。
そんな意見でも何でもない罵りが
簡単に書き込まれていることにびっくりしたし
簡単に読めることにも怖くなりました。
フランス生まれの日本人の知り合いが言っていましたが、
フランスも嫉妬、悪口の書き込みはあるそうです。
ただ、フランスの比じゃないほど、
日本の批判・誹謗中傷のネット書き込みは
尋常じゃない数だそうです。
どうしてなのだろうか、
と自分なりに考えてみるのですが、
フランス人は他人のことをあまり気にしないし、
他人も口出してこない、
というのが大きいのかな、と。
とにかく自分が楽しいこと、充実してることが大事。
よくも悪くも「自分自分」なんです。
でも日本では自分らしくやっていきたくても、
いつもどこかで人に合わせることも考えなくてはならない。
日本で生まれ育っているので私も、日本で働いている時、
そして日本で結婚してる時はそうせざるを得ませんでした。
それが変わったのは、家族に反対されても渡仏を決め、
1人でどんどこ準備を進めた頃から。
そして念願叶ってフランスに来たら、
フランス人は自分がしたいことをして、
人は人、のスタンス。
フランス人の嫁になってからはさらに、
旦那や旦那の知り合い、
ご近所さんたちを目の当たりにして、
ホントにこの人たちは、自分は自分なんだ、
とわかりました。
人の噂話も日本に比べ、めちゃくちゃ少ないです。
人のことじゃなく、
とにかく自分のことを話したがる人が多いかな?
他人の批判・誹謗中傷をするために、
わざわざ自分の時間は使わないんですね。
でもフランスと日本は違う国。
それぞれの昔からの歴史と習慣、発展があって、
今に至ってるのだと思います。
なのでフランスのように、
なんてことも一概には言えないように思います。
ただ今や日本のネットの批判・誹謗中傷は、
人を死にも追いやる言葉の凶器にまでなりました。
普通、凶器を振り回したら逮捕されます。
何かしらの規制が必要なのではないでしょうか。
匿名でも情報は残っているので
調べれば必ずわかりますが、
それよりもっと前の段階で、
匿名では誹謗中傷は書き込めないようにすればいい、
なんて私はですが思ったりします。
匿名だから出来る、というのが
「マダム卑怯子」さんなのですから。
それから、ネットの一番の原因が嫉妬、
嫉妬を自分の原動力にできないのか、
と書いているジャーナリストさんがいらっしゃいました。
私も原因のほとんどが嫉妬だと思います。ただし、
気持ちのよい嫉妬に私は出会ったことがありません。
意地悪心のない嫉妬には出会ったことがありません。
嫉妬を原動力にした素敵な人、は、
果たしているかな?と過ぎります。
それが嫉妬という悲しい感情。
自分の中にある嫉妬に自分が振り回されなくなるには、
出来る限りその感情に自分で向き合い、
なんとかその感情に勝って
人の素敵なところを素直に認められるようになること。
と、日本とフランスに住んで、
おばちゃんになるまでに学んだことの1つです。
一度自分に勝ってみると、
何とも清々しくて気持ちがよく、
つまらないプライドもなくなっていきました。

ブログ右のバーツ(欄)に、ここ数年間でされた、
嫌がらせと批判コメントについて私も書いております。
もし私が未来と夢がある繊細な人間で、
傷ついて自ら命を絶っていたら、
現在のように平然とブログやSNSを
続けられていたのでしょうか。
お二方とも、自分も同じことをした、
ということを忘れないでいただきたいです。

※追記
・・・マダム卑怯子さんは、
この記事更新の5月27日の後15日間も
更新なしだったのですが、
不思議なことにランキングは常に不思議なすごい数。
前年の5月、日本へ一時帰国の際は丸々1か月、
更新なしでしたが同じことが起きる超現象。
会ったこともない私に何年もの間、
ブログ内で意地の悪いことを書いてきたり、
2度の中傷コメントもありました。
人のことをさんざんバカにしてきましたが、
自分自身を見つめ直した方がよいのでは…。
まるでクリニャンクールの露店の、
似非ブランドのひらひらスカーフみたいな人間性。
※追追記
マダム卑怯子さんは、この追記を読んだ後、
クリック数を加減し、自分の更新頻度と合わせ、
不自然に差が開かないよう、でも常に上、
を続けております。
これを読んだ後は、どうするのかな?
その嫉妬競争病は
あなたの人生を悲しくさせるだけだと感じます。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!